さらな日記 

某水色サッカーチームを偏愛する、元気過ぎる乳がん患者。乳がんサバイバーを目指す、乳がん「備忘録」兼徒然日記 「さらな」とは、サンスクリット語の「安らぎ・癒し」と言う意味

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

がんの薬と対費用効果

長いかな~と思っていたGWも、あっという間でしたね。
と言っても、私は「カレンダー通り」なので、10連休というような休みにはなりませんでしたが・・・

GW前に、話題になった「がんの薬」があります。
「がんの薬」と、わざわざ書くのには理由があります。
これまでの「抗がん剤」や「分子標的薬」とは、まったく考え方が違う「がんの薬」だからです。
薬の名前は「オプジーボ(一般名:ニボルマブ)」。
「抗がん剤」や「分子標的薬」というのは、がん細胞やがん細胞を成長させる細胞に直接働きかけ、がん細胞をなくす薬でした。
ところがこの「オプジーボ」という薬は、「免疫細胞」に働きかけることで、がん細胞を失くすという薬です。
これまでネットなどで検索してヒットしていた「免疫細胞療法」とは、まったく違うモノです。
ネットなどで検索をしてヒットしていた「免疫療法」の効果が、疑問であると言われる理由はそこにあったのです。

何故この薬が話題になったのか?と言うと、その「薬価」がとても高額であるということ。
朝日新聞:がんの治療薬「オプジーボ」など費用対効果検証
新聞の記事にある通り、年間の治療費として試算されている額は3,500万円。
名古屋でも、マンションが買えそうな治療費です。
もちろん、保険対象の薬なので「高額医療制度」により、患者さんが負担する額は違います。
問題になっているのは、薬価が高いために負担する健康保険組合側や「国民健康保険」が、破たんするのでは?という懸念なのです。

確かに、この額を見ると高額すぎて使えない・・・という気がします。
それでも、この薬そのものは普及させる意味があるのでは?という気がしています。
理由は
1.これまでとは全く違う考えで創られた新薬である。
  上述した通り、これまでの「抗がん剤」や「分子標的薬」とは、まったく違う考えで創られた薬なので、「薬としての汎用性が高いのでは?」という、期待が高いのです。
  もともと「オプジーボ」という薬は、皮膚がんの中でも予後が悪いと言われる「メラノーマ」の薬として、開発されました。
  その後の、臨床試験などを通して、他のがん治療への利用の期待ができる、という結果が出た薬なのです。
  リンク記事にある通り、現在検討されているのは「肺がん」の患者さんへの治療です。
2.治療を受ける人が増えるコトで、薬価は下がる可能性がある。
  「メラノーマ」という皮膚がんに罹患される患者さんは、日本ではあまりというか、ほとんどいない、というのが現状です。
  製薬メーカー側も、相当額の研究費を投資しているのですから、薬の価格に反映させるのは仕方のないコトでしょう。
  そのため、対象となる患者さんが少なければ「薬価」そのものの設定は、高くなってしまいます。
  だからこそ、治療対象となるがん患者さんが増えるコトで「薬価」そのものを下げる必要があると思うのです。
  その苦肉の策?として考えられたのが「肺がん」への治療だったのでは?と、思うのです。
  「肺がん患者」さんそのものは、年々増える傾向にあります。
  おそらく「大腸がん」に続いて罹患者が増えているがんが、「肺がん」だったように思います。
  「メラノーマ」のように、患者数が少なければ「薬価」は今のままでしょう。
  でも患者数の多い「肺がん」になれば、「薬価」そのものは下がる可能性があると思うのです。
  ここ数年の間で、「肺がん」は次々と「新薬」が誕生しています。
  反面、これまでの「抗がん剤」に対して、耐性ができている患者さんにとっては「命をつなぐ薬」になると、期待されている部分もあるのです。

確かに、記事にある通り「対費用効果」ということは、十分に検討される必要があると思います。
ただ、国の政策として「医療分野」を成長戦略として考えているのであれば、ある程度考える必要があると思うのです。
なぜなら、この「オプジーボ」を開発したのは、日本の製薬メーカーでも比較的小さな小野薬品工業さんが、主導的に開発をした全く発想の違う薬だから。

今回は、とても硬いエントリーになってしまいましたが、「年間3,500万円の治療費」という部分だけに、フォーカスしてこの話を考えてほしくないのです。

ステロイド剤って、すごい!

首にできた湿疹(痕)は、病院で処方された飲み薬と塗り薬で、なんとかなりつつあります。
ドクターの診断が「刺激性皮膚炎」で、原因はおそらく「アレルギー」ということで処方されたお薬だったので、とにかく「真面目」に服用+塗っています。

飲み薬のほうは、すでに飲み切ってしまったので、その後・・・と言われても、効果のほどはよくわからない
飲み薬が終わった直後に、酷い「鼻炎症状」が出たので、おそらく効果はあったのでしょう。

今現在は、塗り薬だけを使っているのですが、ステロイド剤ってすごいですね。
塗り始めた頃は、首元にも発疹があり、ところどころが赤かったのですが、塗り始めて2日目くらいでほぼ痒みが収まり、4日目には赤い部分が無くなりました
そして5日くらいからは、一番酷かった首の親指大の赤味が随分無くなってきたのです。
もちろん、痒みは無し。
ドクターは、「このまま放っておくと、シミになりますよ」と言われたので、現在も処方通り使用中。
もう一息かな?というくらいまで、赤味が無くなってきました。

処方された塗り薬は、ステロイド剤の中でも2番目に強いタイプだったようですが、本当にすごい効果です。
心配なのは、その後の副作用。
一応、ネットで薬剤名で副作用を調べてみると、「ステロイド剤」としては、強い割に副作用が少ない「新薬」だったよう。
お薬って、日進月歩なんですね。

▽CommentList

「口福」な頂きもの

知人から、とても素敵なお菓子を頂いた

金沢へ旅行に行かれたお土産として頂いたのだが・・・↓可愛らしいパッケージに、薄桃色の落雁が入っていた。
金沢のお菓子
金沢に昔から伝わる玩具「起き上がり小法師」を模したお菓子です。
落雁のお菓子は、食べるときにザラつくことがあるのですが、このお菓子は口の中でス~~と溶け、落雁というよりもお薄の時にいただくお干菓子のような感じ。
「口福」を感じた、ひとときでした。

知人に感謝

ストレスかな~~?

どうやら今月は「病院と仲良し月間」のようだ。
今月鼻炎+風邪というWパンチをくらい、耳鼻咽喉科へ。
丁度、風邪の症状が治まり始めたかな~~?という頃から、首に湿疹らしきモノができたようで、痒い、痒い
かゆみ止めの市販軟膏を塗り、何とか痒みを抑えるものの、次第に赤いところが目立つように・・・
触ると、表面はツルンとしているのだが、皮膚が盛り上がっているような感じ。
そのうち、周囲も痒くなり、一応1週間様子見をしたけど、改善が見られないため、皮膚科へ。

皮膚科の先生は、若い女性医師で患部を見るなり
「相当、皮膚の内部にまで進んでいるようですね。
 皮膚の表面に、縦状の皮膚の乱れが見えますから。
 ネックレスなどは、していましたか?
 暑かった日に、汗をかいたということは、ありましたか?」
など、矢継ぎ早に質問をされるのだが、まったく心当たりがない。
しいて上げると、昨年も5月半ばに皮膚炎を起こして違う皮膚科へ行ったことくらい。
「おそらく、アレルギーというか刺激性の皮膚炎だと思われます。
 ステロイド剤を出しておきますから、きちんと塗ってくださいね。
 ひどくなると、赤いところはシミになりますからね。
 内服薬も出しておきますから、体のうちと外から治療をしましょう」
と言われる。

鼻炎+風邪の頃から、背中~右脇が痛く、知り合いの鍼灸院へ先週行ったばかり。
その時、
「体のバランスが悪いですよ~
 体のコリもありますけど、鼻炎などは免疫力が低下しているというか、体が硬くなっているのも、原因の一つと鍼灸では考えますから。
 体調が悪いだけではなくって、ストレスとか抱えていません?
 その影響が大きいですよ。たぶん」
と言われたばかり。
鼻炎+風邪の原因の一つは、アレルギーだけではない、というのが鍼灸の先生の見解。

この時期、スキントラブルが多いのも事実。
10年以上前には、顔に湿疹らしきモノができ、化粧水をつけるとヒリヒリと真っ赤になるので、化粧水も付けることもできず2年くらい過ごしたことがあった。
当然、日焼け止めクリームをつけることも、洗顔料で顔を洗うこともできず・・・洗顔は水で洗うだけ(実は今でも水で洗うだけなんです)という、状態だった。
ということは、ホルモンのバランスが崩れているのか?
鍼灸の先生が指摘したように、ストレスなのか?

今日の皮膚科の先生も「ストレスも一因ですからね。」とは言ったけど・・・。
ストレスフルなことが、いろいろ重なってはいるけれど・・・やはりストレスが原因なのかな?
10代の頃は、ニキビができない自慢のお肌だったのに・・・
▽CommentList

先発薬と後発薬

月曜日、鼻炎と風邪の両方と耳鼻咽喉科で診断をされ、処方箋薬局でお薬を買って帰ってきた・・・というのは、先回のエントリ。

当然、家でおとなしくし、ごはんは「おかゆ三昧」。
「おかゆ三昧」と言っても、普通の「白がゆ」を食べていただけなんですけどね
耳鼻咽喉科へ行ったのは、午前中。
処方されたお薬4種類のうち、2種類は毎食後に飲まなくてはならないお薬。
もう2種類は、就寝前。

耳鼻咽喉科から帰って、昼食・夕食を食べ食後のお薬を飲んだ頃、調剤薬局から☎。
何事!と思ったら、私が「後発薬の処方でお願いします」と、意思表示カードを出していたにも拘わらず、間違って先発薬を出してしまった!という☎。
と言っても、私がもらった「お薬リスト」には、後発薬としっかり書かれていてたのです。
ところが「お薬リスト」では、後発薬で出したことになっていたのに、実は先発薬を出してしまった!
ということだったようです。

調剤薬局から☎があったのが、夜の8時頃。
きっと、閉める前のお薬管理をしたときに発覚したのでしょうね。
薬剤師さんの声が、「どうしよ~~~」という感じでした。
当然、先発薬と後発薬では「薬価」そのものが違うので、レジを閉める時にも計算が合わなかったということもあったのかもしれません。

結局、間違って処方された先発薬を飲んでいるのですが・・・やはり、先発薬のほうが効果が高いのでしょうか?
元々鼻炎持ちなので、鼻炎が酷いと耳鼻咽喉科へ行くのです。当然、風邪をひいたときは(実は、お腹の調子も悪くなるので)内科へ行くのですが、その時処方されるお薬というのは、大体同じ。
内科の先生は、どちらかというと「漢方」+抗生物質なのですが、耳鼻咽喉科の先生は抗生物質が中心。
その処方される抗生物質が、大体同じなんです。
当然、後発薬を選ぶことが多いので、効き目も同じくらい?
ところが今回は、やたらと効果があるというか、お薬としてややキツイ感じなんです。
正しくは、風邪薬などに表示されている「服用後、車の運転などは避けてください」という注意書きがあるのと、同じ理由成分が含まれているからだと思いますが、その「眠たくなる」感が強い、という感じなんです。

私が後発薬を選ぶのは「薬価が安い=お薬の値段が安い」からなんですが、それが風邪や胃腸のお薬だから、ということもあります。
抗がん剤のようなお薬であれば、おそらく先発薬を選ぶと思う。
ただ今回、先発薬と後発薬を飲み比べてみると(って、表現がおかしいのですが)、先発薬のほうが、お薬としては強いのかな?という気がしたのです。
市販の頭痛薬でも、2錠飲まなくてはいけないところを、1錠で十分効果を発揮してしまうような体質なので、強めに感じたのかもしれません。

もちろん、先発薬・後発薬(最近は「ジェネリック」と呼ばれることのほうが多いかな?)は、同じ成分を同じ量だけ処方されてつくられているお薬なので、お薬としての効果は変わらないので、安心をしてくださいね。



▽CommentList

Menu

プロフィール

のんチャン

Author:のんチャン
某水色サッカーチームサポで、元重度鉄欠乏性貧血患者
2010年3月乳がんの手術。現在普通に生活。
乳がん「備忘録」兼サッカーやお料理などを気ままに不定期更新。
本業は、密かに「地域密着系スポーツ・マーケティングプランナー」を目指す、売れないマーケティングプランナー
母屋ブログはこちら↓
http://blog.goo.ne.jp/happy-kernel-0297

乳がんと闘うみなさまへ
「患者力を高める5のポイント」
1.不安や疑問があった時は、再予約をしても聞くようにする
2.大切な面談(検査結果を聞くような時)は、家族や友人と一緒に聞く
  もし、一人で行く場合は、レコーダーなどに録音をする
3.聞きたいコトは、5つ程度のポイントにまとめ、メモにし診察時に見せるようにする
4.自分の希望や考えを伝える
5.医師の目を見て話す
  もし、目を背けるような担当医であれば、「○○先生」と呼びかてでも自分に向かせる
 
以前出席させていただいた「J&J・乳がんメディア&ブロガーセミナー」で、医療ジャーナリストさんがお話されたコトです。
是非、参考にしてください。
そして「がんサバイバー」を目指しましょう。

乳がんについて詳しく知りたい方へ
日本乳癌学会のサイト内に、一般向けサイトがあります。
リンクを貼りましたので、そちらからアクセスをして下さい。
乳がん?と思ったら、必ず専門医に相談をして下さいね。
そのための参考サイトです。

「質の高い乳がん検診」を受けるため、NPO法人日本乳がん検診精度管理機構認定の施設、マンモグラフィ読影医師、そしてマンモグラフィ放射線技師のいるリストを参考にしてください。
「施設・読影医師・放射線技師」の3条件が揃うことが、重要です。
それぞれのリストをリンクしました。ぜひ参考にしてください。


国立がんセンター精神腫瘍学グループでは、患者さん向け「質問促進パンフレット」等を用意しています。
下記リンクよりアクセスをお願いします。
PDFファイルですが、是非、重要な面談の時の質問などにご活用ください。

名古屋のがん拠点病院で「傾聴会」を開催している、NPO法人ミーネット。
乳がんに限らず、がんについて不安なことがあれば気軽にご相談下さい。
また、市民向け公開講座なども開催しています。
下のリンクよりスケジュール等、ご確認下さい。

乳がんと子宮体がん経験者の桃杏さんが、乳がん患者さん向けの傾聴会を東京で始められました。
Pink&Paechさんのリンク内のブログから、お問い合わせ下さい。

ブログ内検索

最近の記事

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。