さらな日記 

某水色サッカーチームを偏愛する、元気過ぎる乳がん患者。乳がんサバイバーを目指す、乳がん「備忘録」兼徒然日記 「さらな」とは、サンスクリット語の「安らぎ・癒し」と言う意味

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • TB(-) |
  • CO(-) 
  • [Edit

経過検診25回目

実は、ここ2年ほどブログについて考えてしまうことが多い。
拙ブログに来てくださる方とは、関係のないコトなのだが、「私のブログというか書いているコトバは、キチンと伝わっているのだろうか?」とか「誰かを傷つけているのでは?」という、不安にかられるコトが多くなってきたのだ。
そのようなコトもあり、更新できずにいるコトが多くなってしまった。
来てくださる方には、大変申し訳ない

先週の月曜日(2月27日)、乳がんの経過検診へ行ってきた。
これまで通り、やや早めに病院に到着、外科の外来受付を済ませる。
昨年もらった予約票には、スパルタな主治医の検診だけだったのだが、「超音波の検査があります」と、受付で言われ焦る。
「超音波の検査がある」ということは、マンモグラフィの検査もある、ということ。
受付で確認すると、「検査担当の先生が決めますから」と、言われる。
言われるのだが、私の中では「マンモ⇒超音波⇒スパルタな主治医⇒採血」という、スケジュールを組み立てる。
10時くらいで終了のつもりだったが、最悪1時過ぎまでかかるな!と、覚悟を決める。

超音波検査室の前で待つコトしばし。
超音波技師の女性が出てきて「マンモを先にお願いします」と、やはり言われる。
そそくさと放射線科受付へ
名前が呼ばれ、マンモグラフィ―の検査室へ。

さすがに7年も経つと、手慣れたもの。
マンモグラフィーそのものが、痛いコトには変わりない。
ご存じの通り、プラスチックの板に乳房が挟まれ、約1cmの厚さに伸ばされる(というべきか?)のだ。
この1cmというのも、根拠があっての事。
マンモグラフィ―そのものは、レントゲンと同じ。
しかし、乳房は立体で脂肪も多い。
厚みがあれば、それだけ被ばく量も多くなる。
被ばく量を減らし、しっかりとした画像を取るためのギリギリの厚みが1cm、ということのようだ。
ちなみに、日本人女性(というか、アジアの女性全般らしいのだが)の乳房は、乳腺がしっかりしているため、どうしてもマンモグラフィーは痛い思いをするコトになるそうだ。
なぜなら、乳腺そのものは、鶏ナンコツくらいの硬さがあるからだ。
授乳経験のない女性なら50代でも、乳房を触ると「筋」のようなモノに触ることができるが、それが乳腺ということのようだ。
という話を、1月私の乳がんを見つけてくださった先生の講演会でお話しをされていた。

マンモグラフィ―が終わり、再び乳腺外科の受付へ。
超音波検査の順番は1番なのに、なかなか呼ばれない。
あきらめの境地・・・というか、焦っても仕方ないので持参してきた本を読む。
実は持参した本というのは、丸善で定期的に開催される「マルゼミ」が前日にあり、登壇されたのは批評家で随筆家でもある、若松英輔さん。講演会後、サインをしていただいた本。
若松さんの本を読むたびに、自分のコトバの足りなさを感じる。
一応、予約番号「1番」何ですが・・・。
20分ほど待って、ようやく名前が呼ばれ検査室へ。
滞りなく検査は終わり、「問題ないね~」と言われ、検査室を退室。

再び外来受付をし、待合所で小一時間待ち、やっと受付番号が表示され、診察室へ。
「こんにちは」
とほぼ1年ぶりのスパルタな主治医との対面のあいさつ。
「あぁぁ、1年ぶりだね。
え~とマンモもエコーも問題無しだね。
次なんだけど、CTの検査をしたいんだけど、僕の外来の診察日の予約がいっぱいなんだよね。何故か?
それで、別の日にできる?」

「では、水曜日なら休めそうなので、お願いします」
「CTって言っても、問題なさそうだけど・・・脂肪の状態を見てみる?って感じだから
「って、結局そこですか?
「今日は、採血をして終わり。CTの検査結果を聞きに3月末に来てね」
「ハイ、分かりました。
最近話題の『免疫チェックポイント阻害剤』についてですが、乳がんに対する適用はあるのでしょうか?」

「製薬企業は躍起になって、研究・開発を進めているけどね。
 アメリカの医学雑誌には、『これからのがん治療は、外科的治療ではなく薬剤治療が主流になる』といった内容が書かれていて、 外科医は騒然としたけど・・・。
 僕個人は、外科的治療は無くならないと思っている。
 わかっていると思うけど、薬剤治療でがんを消滅させるためには遺伝子レベルでの治療が必要だから。
 もし、そうなったら、人間は120歳くらいまで生きることになっちゃうんだよね。
 最も、その前に食糧問題などが起きて、難しいと思うけど」

「確かに、水と食糧に関しては、いくら高度なテクノロジーが発展したとしても、作りえないモノですからね。
 (個人的には、日本の場合社会保障制度の崩壊のほうが先だという気がしているのだが・・・)
ありがとうございました」

と言って、退室。

採血をし、帰宅。
久しぶりの経過検診で、疲れた~~~
スポンサーサイト

Comment[この記事へのコメント]

承認待ちコメント 

このコメントは管理者の承認待ちです
  •  
  •  
  • at 2017.03.26 15:55 
  • [編集]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

のんチャン

Author:のんチャン
某水色サッカーチームサポで、元重度鉄欠乏性貧血患者
2010年3月乳がんの手術。現在普通に生活。
乳がん「備忘録」兼サッカーやお料理などを気ままに不定期更新。
本業は、密かに「地域密着系スポーツ・マーケティングプランナー」を目指す、売れないマーケティングプランナー
母屋ブログはこちら↓
http://blog.goo.ne.jp/happy-kernel-0297

乳がんと闘うみなさまへ
「患者力を高める5のポイント」
1.不安や疑問があった時は、再予約をしても聞くようにする
2.大切な面談(検査結果を聞くような時)は、家族や友人と一緒に聞く
  もし、一人で行く場合は、レコーダーなどに録音をする
3.聞きたいコトは、5つ程度のポイントにまとめ、メモにし診察時に見せるようにする
4.自分の希望や考えを伝える
5.医師の目を見て話す
  もし、目を背けるような担当医であれば、「○○先生」と呼びかてでも自分に向かせる
 
以前出席させていただいた「J&J・乳がんメディア&ブロガーセミナー」で、医療ジャーナリストさんがお話されたコトです。
是非、参考にしてください。
そして「がんサバイバー」を目指しましょう。

乳がんについて詳しく知りたい方へ
日本乳癌学会のサイト内に、一般向けサイトがあります。
リンクを貼りましたので、そちらからアクセスをして下さい。
乳がん?と思ったら、必ず専門医に相談をして下さいね。
そのための参考サイトです。

「質の高い乳がん検診」を受けるため、NPO法人日本乳がん検診精度管理機構認定の施設、マンモグラフィ読影医師、そしてマンモグラフィ放射線技師のいるリストを参考にしてください。
「施設・読影医師・放射線技師」の3条件が揃うことが、重要です。
それぞれのリストをリンクしました。ぜひ参考にしてください。


国立がんセンター精神腫瘍学グループでは、患者さん向け「質問促進パンフレット」等を用意しています。
下記リンクよりアクセスをお願いします。
PDFファイルですが、是非、重要な面談の時の質問などにご活用ください。

名古屋のがん拠点病院で「傾聴会」を開催している、NPO法人ミーネット。
乳がんに限らず、がんについて不安なことがあれば気軽にご相談下さい。
また、市民向け公開講座なども開催しています。
下のリンクよりスケジュール等、ご確認下さい。

乳がんと子宮体がん経験者の桃杏さんが、乳がん患者さん向けの傾聴会を東京で始められました。
Pink&Paechさんのリンク内のブログから、お問い合わせ下さい。

ブログ内検索

最近の記事

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。