さらな日記 

某水色サッカーチームを偏愛する、元気過ぎる乳がん患者。乳がんサバイバーを目指す、乳がん「備忘録」兼徒然日記 「さらな」とは、サンスクリット語の「安らぎ・癒し」と言う意味

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • TB(-) |
  • CO(-) 
  • [Edit

先発薬と後発薬

月曜日、鼻炎と風邪の両方と耳鼻咽喉科で診断をされ、処方箋薬局でお薬を買って帰ってきた・・・というのは、先回のエントリ。

当然、家でおとなしくし、ごはんは「おかゆ三昧」。
「おかゆ三昧」と言っても、普通の「白がゆ」を食べていただけなんですけどね
耳鼻咽喉科へ行ったのは、午前中。
処方されたお薬4種類のうち、2種類は毎食後に飲まなくてはならないお薬。
もう2種類は、就寝前。

耳鼻咽喉科から帰って、昼食・夕食を食べ食後のお薬を飲んだ頃、調剤薬局から☎。
何事!と思ったら、私が「後発薬の処方でお願いします」と、意思表示カードを出していたにも拘わらず、間違って先発薬を出してしまった!という☎。
と言っても、私がもらった「お薬リスト」には、後発薬としっかり書かれていてたのです。
ところが「お薬リスト」では、後発薬で出したことになっていたのに、実は先発薬を出してしまった!
ということだったようです。

調剤薬局から☎があったのが、夜の8時頃。
きっと、閉める前のお薬管理をしたときに発覚したのでしょうね。
薬剤師さんの声が、「どうしよ~~~」という感じでした。
当然、先発薬と後発薬では「薬価」そのものが違うので、レジを閉める時にも計算が合わなかったということもあったのかもしれません。

結局、間違って処方された先発薬を飲んでいるのですが・・・やはり、先発薬のほうが効果が高いのでしょうか?
元々鼻炎持ちなので、鼻炎が酷いと耳鼻咽喉科へ行くのです。当然、風邪をひいたときは(実は、お腹の調子も悪くなるので)内科へ行くのですが、その時処方されるお薬というのは、大体同じ。
内科の先生は、どちらかというと「漢方」+抗生物質なのですが、耳鼻咽喉科の先生は抗生物質が中心。
その処方される抗生物質が、大体同じなんです。
当然、後発薬を選ぶことが多いので、効き目も同じくらい?
ところが今回は、やたらと効果があるというか、お薬としてややキツイ感じなんです。
正しくは、風邪薬などに表示されている「服用後、車の運転などは避けてください」という注意書きがあるのと、同じ理由成分が含まれているからだと思いますが、その「眠たくなる」感が強い、という感じなんです。

私が後発薬を選ぶのは「薬価が安い=お薬の値段が安い」からなんですが、それが風邪や胃腸のお薬だから、ということもあります。
抗がん剤のようなお薬であれば、おそらく先発薬を選ぶと思う。
ただ今回、先発薬と後発薬を飲み比べてみると(って、表現がおかしいのですが)、先発薬のほうが、お薬としては強いのかな?という気がしたのです。
市販の頭痛薬でも、2錠飲まなくてはいけないところを、1錠で十分効果を発揮してしまうような体質なので、強めに感じたのかもしれません。

もちろん、先発薬・後発薬(最近は「ジェネリック」と呼ばれることのほうが多いかな?)は、同じ成分を同じ量だけ処方されてつくられているお薬なので、お薬としての効果は変わらないので、安心をしてくださいね。



スポンサーサイト

Comment[この記事へのコメント]

NoTitle 

健康保険組合から定期的?ジェネリック医薬品に替えると〇〇円になりますと通知が届くので、主治医に見せたら、ジェネリック医薬品は不衛生な中で作っていたりする物もあるから通知通り全ては変えられないと言われました・・
のんチャンさんが感じられた、効果にも差があるようなことも言ってました。
同じ成分といいつつ、効き目に違いが出ちゃ患者としては納得が行かないですよねぇ。
  • ベスパ・マンダリニア 
  • URL 
  • at 2016.04.16 14:45 
  • [編集]

Re: NoTitle 

ベスパさん、お返事遅くなりましたv-421

> 健康保険組合から定期的?ジェネリック医薬品に替えると〇〇円になりますと通知が届くので、主治医に見せたら、ジェネリック医薬品は不衛生な中で作っていたりする物もあるから通知通り全ては変えられないと言われました・・
> のんチャンさんが感じられた、効果にも差があるようなことも言ってました。
> 同じ成分といいつつ、効き目に違いが出ちゃ患者としては納得が行かないですよねぇ。

市販薬でも、OTC薬品と呼ばれる「後発薬」を利用することが多いので、気にならなかったのです。
今回先発薬を飲んだら、私には効きすぎ?と思うくらいでした。
「先発薬じゃなきゃ、処方薬として効果が期待できない」という、ドクターはいらっしゃることは知っていましたが、自分が経験して「なるほど!」と、納得した次第です。
これも「貴重な経験」だったな~と、思っているところです。


  • のんチャン 
  • URL 
  • at 2016.04.24 21:13 
  • [編集]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

のんチャン

Author:のんチャン
某水色サッカーチームサポで、元重度鉄欠乏性貧血患者
2010年3月乳がんの手術。現在普通に生活。
乳がん「備忘録」兼サッカーやお料理などを気ままに不定期更新。
本業は、密かに「地域密着系スポーツ・マーケティングプランナー」を目指す、売れないマーケティングプランナー
母屋ブログはこちら↓
http://blog.goo.ne.jp/happy-kernel-0297

乳がんと闘うみなさまへ
「患者力を高める5のポイント」
1.不安や疑問があった時は、再予約をしても聞くようにする
2.大切な面談(検査結果を聞くような時)は、家族や友人と一緒に聞く
  もし、一人で行く場合は、レコーダーなどに録音をする
3.聞きたいコトは、5つ程度のポイントにまとめ、メモにし診察時に見せるようにする
4.自分の希望や考えを伝える
5.医師の目を見て話す
  もし、目を背けるような担当医であれば、「○○先生」と呼びかてでも自分に向かせる
 
以前出席させていただいた「J&J・乳がんメディア&ブロガーセミナー」で、医療ジャーナリストさんがお話されたコトです。
是非、参考にしてください。
そして「がんサバイバー」を目指しましょう。

乳がんについて詳しく知りたい方へ
日本乳癌学会のサイト内に、一般向けサイトがあります。
リンクを貼りましたので、そちらからアクセスをして下さい。
乳がん?と思ったら、必ず専門医に相談をして下さいね。
そのための参考サイトです。

「質の高い乳がん検診」を受けるため、NPO法人日本乳がん検診精度管理機構認定の施設、マンモグラフィ読影医師、そしてマンモグラフィ放射線技師のいるリストを参考にしてください。
「施設・読影医師・放射線技師」の3条件が揃うことが、重要です。
それぞれのリストをリンクしました。ぜひ参考にしてください。


国立がんセンター精神腫瘍学グループでは、患者さん向け「質問促進パンフレット」等を用意しています。
下記リンクよりアクセスをお願いします。
PDFファイルですが、是非、重要な面談の時の質問などにご活用ください。

名古屋のがん拠点病院で「傾聴会」を開催している、NPO法人ミーネット。
乳がんに限らず、がんについて不安なことがあれば気軽にご相談下さい。
また、市民向け公開講座なども開催しています。
下のリンクよりスケジュール等、ご確認下さい。

乳がんと子宮体がん経験者の桃杏さんが、乳がん患者さん向けの傾聴会を東京で始められました。
Pink&Paechさんのリンク内のブログから、お問い合わせ下さい。

ブログ内検索

最近の記事

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。