さらな日記 

某水色サッカーチームを偏愛する、元気過ぎる乳がん患者。乳がんサバイバーを目指す、乳がん「備忘録」兼徒然日記 「さらな」とは、サンスクリット語の「安らぎ・癒し」と言う意味

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

乳がん検診は、受けるだけじゃダメ!大切なことは「検査の質」

ご無沙汰しております。
2月は、母の命日のため実家へ帰省。
昨年は、父が心筋梗塞で入院するなど、母の墓参りどころではありませんでしたが、今年はゆっくり過ごすコトができた墓参りでした

そして今日から3月。
区役所で「乳がん予防」をテーマにした、公開講座がありお出かけ。
「乳がん」の市民向け講座は、過去何度も出席しているのですが、出席するたびに知るコトが多い。
やはり、新しい情報・知識を知り、バージョンアップを図らなくてはいけませんね。
何より今回の講師は、私の乳がんを見つけてくださった先生。
当然、行かなくては!と思い、出かけてきました。

冒頭、昨年乳がんの告知をされた北斗晶さんのお話しから、スタート。
北斗さんの場合、毎年のように乳がん検診を受けていたのに、乳房全摘、抗がん剤治療、その後ホルモン療法の予定もある、という発表でした。
そこで先生が呈した疑問は「毎年検診を受けていたのにも関わらず、全摘・抗がん剤という強い治療を必要となってしまったのか?」という点。
おそらく、多くの人にとってもこの「毎年検診を受けていたのに、なぜ?」という、疑問を持たれていた方は、多かったのでは?
実際、北斗さんの状況を検査時から見ていたわけではないにしても、大がかりで強い治療を行う必要があったのは、「検査の質」に問題があったのでは?というのが、先生のご指摘でした。
決して、北斗さんの検診を担当していた医療施設や医療者を批判しているわけではありません。
ただ、「検査の質」の重要性という点で、私たち生活者も知る必要がある、という趣旨のお話しでした。

今の「乳がん検診」の基本は、40歳~50歳までは「マンモグラフィ」2方向撮影を2年に1回。
50歳以上であれば「マンモグラフィ」1方向撮影を毎年、という内容が推奨されている。
日本の検診率はいまだに30%に届くか届かないか?という状況。
加えて、市民健康診断などでおこなわれている「乳がん検診」の施設の中には、検診を十分できるのかな?というレベルの施設も含まれている、というお話でした。
「え~~~ウソ!」という気がしますが、実は「乳がん検診」については、検査をする医療施設や医療者側に対して、ある一定基準の資格を設けいている。
その基準を設定しているのが、NPO法人「精中機構(日本乳がん検診精度管理機構)」。
この「精中機構」が設定している、「認定技師」さんや「認定医師」、それだけではなく「技師や医師を配置し、マンモグラフィなどの設備でも、基準を満たしている医療施設」という3拍子がそろった医療施設で、検診を受けなくては意味がない!ということでした。

「技師」さんというのは、いかに左右対称のマンモグラフィを撮影できるのか?などの技術レベルの高さを持った技師であるか?ということ。
「医師」は、そのマンモグラフィの写真から「乳がん・乳腺腫など乳房内の病気を読み解く力」を有しているのか?という点。
「施設」は、技師さんや医師だけではなく撮影機材などが適切に設置されているのか?という点が、認定施設の判定基準となるようです。
これら3つがそれって、はじめて「正しい診断」ができる、という「三種の神器」ならぬ、「三種の基準」。
ただ残念ながら、今の健康診断で「乳がん検診」を実施している病院などの施設の中には、これらの「三種の基準」が備わっていない医療施設も数多く含まれている。というお話でした。

幸いなことに、私は最初の乳がん検診の時から、これらの3点において、問題なし!!という施設で、検診を受け・手術をすることができました。
私の場合は、様々な部分でラッキーが重なった部分も多く、その偶然には感謝している。
では、どのような病院であれば問題がないのか?
精中機構: マンモグラフィ検診施設画像認定施設
精中機構:検診マンモグラフィ読影認定医師リスト
精中機構:検診マンモグラフィ撮影認定診療技師・医師リスト
この3つのリストに掲載されている、医師や撮影技師、マンモグラフィ設備がある病院が、「最低限の検診の質を持つ施設」ということになるという、説明だった。
病院の設備だけでも✖、医師だけでも✖、技師さんだけでも✖・・・3つの条件が備わっているコトが、大切なのだという。

私の場合、乳がん検診の時点でこの3つの条件が整っていたこと。がん拠点病院との連携がスムーズであったコトなどから、最初の検診から治療(と言っても、手術だけでしたが)が早かった、ということだと改めて知った。

ちなみに、マンモグラフィで「痛い」思いをされて方は、多いと思います。
私も毎年受診するのですが、毎回痛い
その理由は、胸を引っ張ってプラスチックの板に挟むからなのですが、胸を引っ張るのは「撮影面積を大きくするため」、プラスチック板でギュ~~~ッと挟むのは、X線(放射線)被ばくを少なくし、鮮明な画像を撮影するため、だそうです。
また、マンモグラフィが苦手な部分をフォローするのが「超音波」による検診。
本当はマンモグラフィ+超音波の検診を受けてください、ということでした。

今回参加されていた方は、小さなお子さんを連れた若いママさんとご高齢の方が多く、実際の「乳がん世代」の方が少なかったことが残念だった。
「乳がん世代」=30代後半~50代前半の女性こそ、本当はこのようなお話しを聞く必要があると思うのですが、なかなか難しいのでしょう。
本当は、この世代こそ家計支出が増える時期だからこそ、積極的に「質の高い乳がん検診」を受ける必要があるのです。
なぜなら、私のような早期で乳がんを見つけ・治療をすると、家計負担が軽いから。
実際、私の場合、10日間の入院で10万円程度の出費。
前の検査代を含めても、20万もありませんでした。
術後の経過検診でも、ホルモン療法や抗がん剤治療をしていないので、検査代のみ。
ホルモン療法のためのお薬代も安くはありませんし、抗がん剤での治療となると・・・「高額医療制度」を活用する必要があります。
その点での理解も、深めてほしいところです。

若いママさんたちは、「授乳期や卒乳と乳がんの関係や検診について」など、積極的に質問されていたのが印象的でした。
スポンサーサイト

*Comment

NoTitle 

お父様のご自分のことはご自分でなさってご立派ですよねv-22
ゆっくりお墓参りが出来てよかったですねv-290

北斗さんのこと、運がわるかった・・としか言いようがないのが歯がゆいです。
人間がやることだから完璧ではないにしても、3点が揃わないと発見が遅れるというのでは、何のために検査を受けているのか?納得行かないですよね。
同じ検査をするのに、著しく技量などの差があっては困りますよね。
北斗さん早くお元気になられるといいですよねv-22
  • posted by ベスパ・マンダリニア 
  • URL 
  • 2016.03/03 22:16分 
  • [Edit]

Re: NoTitle 

ベスパさん、コメントありがとうございます。

> お父様のご自分のことはご自分でなさってご立派ですよねv-22
> ゆっくりお墓参りが出来てよかったですねv-290
一人で、なんでもできるので、ボケ防止のためにも極力一人で!と、思っています。
ただ帰省した時くらいは、ゆっくり父の話を聞くようにしているだけです。
話すことで、普段の生活がわかりますし、兄たちには話難いことも話せるようです。

> 北斗さんのこと、運がわるかった・・としか言いようがないのが歯がゆいです。
> 人間がやることだから完璧ではないにしても、3点が揃わないと発見が遅れるというのでは、何のために検査を受けているのか?納得行かないですよね。
> 同じ検査をするのに、著しく技量などの差があっては困りますよね。
> 北斗さん早くお元気になられるといいですよねv-22
実は、技量などについては、病院やクリニックのHPで「マンモグラフィ診断認定医」などの記載の有無で、確認ができるんですよ。
余りチェックされる方が多くないのかもしれませんが、この「認定医」資格を持っていればまず安心をして大丈夫だと思います。
当然、認定医のいる病院は、技師さんにもそれなりの技量を求めていますし、それなりの設備も備えていると思います。
あと・・・テレビの健康番組などに登場する「有名医師」の中には、乳腺専門医と言っても「豊胸手術」などを中心にやっていらっしゃる方もいらっしゃるので、注意する必要があるかもしれません。
北斗さんの場合は、様々な要因が重なってしまったのかもしれませんね。
いつまでも元気に、活躍されてほしいモノです。
  • posted by のんチャン 
  • URL 
  • 2016.03/06 19:23分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

のんチャン

Author:のんチャン
某水色サッカーチームサポで、元重度鉄欠乏性貧血患者
2010年3月乳がんの手術。現在普通に生活。
乳がん「備忘録」兼サッカーやお料理などを気ままに不定期更新。
本業は、密かに「地域密着系スポーツ・マーケティングプランナー」を目指す、売れないマーケティングプランナー
母屋ブログはこちら↓
http://blog.goo.ne.jp/happy-kernel-0297

乳がんと闘うみなさまへ
「患者力を高める5のポイント」
1.不安や疑問があった時は、再予約をしても聞くようにする
2.大切な面談(検査結果を聞くような時)は、家族や友人と一緒に聞く
  もし、一人で行く場合は、レコーダーなどに録音をする
3.聞きたいコトは、5つ程度のポイントにまとめ、メモにし診察時に見せるようにする
4.自分の希望や考えを伝える
5.医師の目を見て話す
  もし、目を背けるような担当医であれば、「○○先生」と呼びかてでも自分に向かせる
 
以前出席させていただいた「J&J・乳がんメディア&ブロガーセミナー」で、医療ジャーナリストさんがお話されたコトです。
是非、参考にしてください。
そして「がんサバイバー」を目指しましょう。

乳がんについて詳しく知りたい方へ
日本乳癌学会のサイト内に、一般向けサイトがあります。
リンクを貼りましたので、そちらからアクセスをして下さい。
乳がん?と思ったら、必ず専門医に相談をして下さいね。
そのための参考サイトです。

「質の高い乳がん検診」を受けるため、NPO法人日本乳がん検診精度管理機構認定の施設、マンモグラフィ読影医師、そしてマンモグラフィ放射線技師のいるリストを参考にしてください。
「施設・読影医師・放射線技師」の3条件が揃うことが、重要です。
それぞれのリストをリンクしました。ぜひ参考にしてください。


国立がんセンター精神腫瘍学グループでは、患者さん向け「質問促進パンフレット」等を用意しています。
下記リンクよりアクセスをお願いします。
PDFファイルですが、是非、重要な面談の時の質問などにご活用ください。

名古屋のがん拠点病院で「傾聴会」を開催している、NPO法人ミーネット。
乳がんに限らず、がんについて不安なことがあれば気軽にご相談下さい。
また、市民向け公開講座なども開催しています。
下のリンクよりスケジュール等、ご確認下さい。

乳がんと子宮体がん経験者の桃杏さんが、乳がん患者さん向けの傾聴会を東京で始められました。
Pink&Paechさんのリンク内のブログから、お問い合わせ下さい。

ブログ内検索

最近の記事

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。