さらな日記 

某水色サッカーチームを偏愛する、元気過ぎる乳がん患者。乳がんサバイバーを目指す、乳がん「備忘録」兼徒然日記 「さらな」とは、サンスクリット語の「安らぎ・癒し」と言う意味

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これからは、買った後のコトまで考える時代なのかな?

たぶん20年以上使ってきた、羽毛の肌掛け布団がついに・・・
実は、随分前から羽毛が出るようになっていたので、「限界かな~」と思いながらも使っていた。

そう思いながら、買い替えられなかった理由は、以前「羽毛」そのものが減産されているというニュースを聞いたから。
確かに、私が子供のころなんて「ダウンコート」なんて、高嶺の花だったし、そもそもそのようなコートを着る人がいなかった。
「羽毛布団」も同じ。
高級品過ぎて、庶民が買えるような商品ではなかった。

それがいつの頃からか?高嶺の花ではなくなり、普通に買える商品になった。
ユニクロに行けば、「ダウンコート」でも1万円を切る価格。
「ダウン」そのものの素材の良し悪しはあるかもしれないけど、価格という点だけ見れば、ものすごく安くなったというのが実感。
これだけ、ダウンコートや羽毛布団が一般的になれば、当然原材料は不足するのは、想像がつく。
まして、一部では「生きているガチョウの胸の羽毛を取っている」という話もあり、動物愛護の観点から考えると、どうなの?という、気がしていた。

「リサイクル・ダウン」という、使われなくなった羽毛ふとんやダウンコートから、ダウンを取り出し→洗浄→再生利用という、動きもあるようだけど、普及までは程遠い状況。
おそらく、ユニクロとかで買ったダウン製品なんて、数年も着ずにゴミ箱に行っちゃっているような気がするので、そんなダウンこそ、リサイクルするべきだと思う。
リサイクル料金をプラスした値段でも、購入する人は多いと思うし、そこまで考えた製品づくりが必要になってきていると思う。

結局、私の羽毛の肌掛け布団はゴミとして処理することになりそうなんだけど、「もったいないな~」という気が今でもしている。
買った時の値段が高かったわけではないし、20年以上使ってきたことを考えれば減価償却は十分している。
でも、リサイクルできるならしてあげたい・・・。

これからいろいろな物を買うときは、使えなくなった時の処分のことまで考えて、買い物をする時代なんだろうな~。
スポンサーサイト

*Comment

NoTitle 

なかなかリサイクルやリペアが浸透しないですよねぇ。
どこへ問い合わせたらいいかわからないし、新品を購入した方が安いとか・・
生協で布団洗浄と打ち直し(羽毛布団も)やっているんですよ。
こういうところが増えてくれるといいのですが・・

使い古しの乾電池を捨てる場所がなく、回収ボックスのある図書館まで行ったりしてます。
これからは売っておしまいでは無く、使用後のことも考えて販売する、買う世の中になって欲しいですよね。
  • posted by ベスパ・マンダリニア 
  • URL 
  • 2015.12/28 17:57分 
  • [Edit]

Re: NoTitle 

こんばんは、ベスパさん。

> なかなかリサイクルやリペアが浸透しないですよねぇ。
> どこへ問い合わせたらいいかわからないし、新品を購入した方が安いとか・・
そうなんですよね。
今商品価格そのものが、リサイクルとかリペアするよりも、新しく買ったほうが安いという商品が多くなりましたよね。

> 生協で布団洗浄と打ち直し(羽毛布団も)やっているんですよ。
> こういうところが増えてくれるといいのですが・・
生協などのサービスが、一般的になってくれると嬉しいのですが・・・。

> 使い古しの乾電池を捨てる場所がなく、回収ボックスのある図書館まで行ったりしてます。
> これからは売っておしまいでは無く、使用後のことも考えて販売する、買う世の中になって欲しいですよね。
最近、「これって、どう処分すればいいの???」と思うことが多くなりました。
本当にこれからは、捨てることを考えて物を買う、という時代になるかもしれませんね。
  • posted by のんチャン 
  • URL 
  • 2015.12/29 18:22分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

のんチャン

Author:のんチャン
某水色サッカーチームサポで、元重度鉄欠乏性貧血患者
2010年3月乳がんの手術。現在普通に生活。
乳がん「備忘録」兼サッカーやお料理などを気ままに不定期更新。
本業は、密かに「地域密着系スポーツ・マーケティングプランナー」を目指す、売れないマーケティングプランナー
母屋ブログはこちら↓
http://blog.goo.ne.jp/happy-kernel-0297

乳がんと闘うみなさまへ
「患者力を高める5のポイント」
1.不安や疑問があった時は、再予約をしても聞くようにする
2.大切な面談(検査結果を聞くような時)は、家族や友人と一緒に聞く
  もし、一人で行く場合は、レコーダーなどに録音をする
3.聞きたいコトは、5つ程度のポイントにまとめ、メモにし診察時に見せるようにする
4.自分の希望や考えを伝える
5.医師の目を見て話す
  もし、目を背けるような担当医であれば、「○○先生」と呼びかてでも自分に向かせる
 
以前出席させていただいた「J&J・乳がんメディア&ブロガーセミナー」で、医療ジャーナリストさんがお話されたコトです。
是非、参考にしてください。
そして「がんサバイバー」を目指しましょう。

乳がんについて詳しく知りたい方へ
日本乳癌学会のサイト内に、一般向けサイトがあります。
リンクを貼りましたので、そちらからアクセスをして下さい。
乳がん?と思ったら、必ず専門医に相談をして下さいね。
そのための参考サイトです。

「質の高い乳がん検診」を受けるため、NPO法人日本乳がん検診精度管理機構認定の施設、マンモグラフィ読影医師、そしてマンモグラフィ放射線技師のいるリストを参考にしてください。
「施設・読影医師・放射線技師」の3条件が揃うことが、重要です。
それぞれのリストをリンクしました。ぜひ参考にしてください。


国立がんセンター精神腫瘍学グループでは、患者さん向け「質問促進パンフレット」等を用意しています。
下記リンクよりアクセスをお願いします。
PDFファイルですが、是非、重要な面談の時の質問などにご活用ください。

名古屋のがん拠点病院で「傾聴会」を開催している、NPO法人ミーネット。
乳がんに限らず、がんについて不安なことがあれば気軽にご相談下さい。
また、市民向け公開講座なども開催しています。
下のリンクよりスケジュール等、ご確認下さい。

乳がんと子宮体がん経験者の桃杏さんが、乳がん患者さん向けの傾聴会を東京で始められました。
Pink&Paechさんのリンク内のブログから、お問い合わせ下さい。

ブログ内検索

最近の記事

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。