さらな日記 

某水色サッカーチームを偏愛する、元気過ぎる乳がん患者。乳がんサバイバーを目指す、乳がん「備忘録」兼徒然日記 「さらな」とは、サンスクリット語の「安らぎ・癒し」と言う意味

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • TB(-) |
  • CO(-) 
  • [Edit

熱田神宮「大祓」神事

今日で、今年の半分が終わり。
前半を振り返ると、父の心筋梗塞による緊急入院に始まり、「どうしちゃったの?」と思うほどの「難続き」だったような気がする。
もちろん、仕事も順調とは言えず・・・
気持ちを切り替える、というか・・・お祓いをしたほうが良いのでは!ということで、今日熱田神宮へお出かけ。

私も知らなかったのですが、熱田神宮では半年に1度「大祓」という、半年分の穢れを落とす神事が行われているんです。
半年に1度というのは、6月30日と12月31日の2回ということのよう。
とにかく、今年前半の「難続き」打開!のために、熱田神宮へと参拝に行きました。

勢い込んでお出かけをしましたが、午前中の所用を片付けてからの参拝。
まずは、お昼を食べなくては!!と思い、熱田神宮内にある「茶屋・宮きしめん」さんへ。
宮きしめん
おつゆの色が濃いのですが、実は「赤」と「白」の2種類のおつゆが選べるようになっていて、名古屋では定番の「赤」を選択。
久しぶりというより、20年以上きしめんを食べていなかったような記憶が・・・???という私には「きしめんって、こんなお味でしたか?」状態
美味しくいただきました。

腹ごしらえをしたので、「大祓」が行われる本殿へ。
既に参拝れされる方の列・・・当然のことながら、並びます。
とはいっても、このような神事は初めてのこと。
お祓い料とか不安になります。
私だけが不安だったわけではないようで、前に並んでいる方が巫女さんにお祓い料について、聞いてきてくださいました。
あくまでも「志」程度で大丈夫、とのこと。
この「志程度」というのが、実は迷うというか悩ましい額なんですよね
とりあえず「千円」を目安に、他の方の様子を見ることに。

受付が始まり、白い和紙で作られた「人形(ひとがた)」に、名前を書く。1家族1枚ということなので、私と父の名前を書き、他の方も大体千円位を出していらっしゃるようなので、私も千円出すことに。
「人形(ひとがた)」というのは、映画「陰陽師」をご覧になられた方はよくお分かりだと思いますが、人の形にした白い和紙のこと。
名前を書いた人の穢れなどをお祓いしてくださる、ということです。

「大祓」の神事が始まるまで、1時間位あるのでその間に本殿へお参り。
もちろん、この半年にあった様々な「難」のお祓いと、明日からの半年分のことをしっかり祈願。
「大祓」の会場となるのは、本殿前に設けられた場所。
熱田神宮大祓
写真にある「緑色の植物」は、「祓芦(はらえよし)」と呼ばれる、神事で使うお祓いの芦。

神事が始まる前には、この「祓芦」が、神職さんだけではなく参列者全員に配られました。
おごそかな雰囲気の中、神職の「大祓詞」が読み上げられます。
と言っても、理解できるような部分はほとんどなく、「瑞穂の・・・」位しか、わかりませんでした

「大祓詞」の後は、神職さんの声に従い参列者全員そろって「祓芦」を、左右に振って「お祓い」。
その「祓芦」を神職さんたちが集め、再び祭壇に。
最期は、若い神職さんが木綿と絹の白い布を引き裂き、つづらの様な箱に納め、「祓芦」や受付で書いた「人形」を同じようにおさめて、「大祓」の神事は終了。

神事の始まりを待っていたら、どこかで見覚えのある方が・・・元トヨタ自動車の社長→会長を歴任された奥田碩さんでした。
もちろん、おひとりではなく秘書のような男性とご一緒でしたが、米国人取締役の事件直後なだけに、いろいろなことを想像してしまいました(苦笑)。
スポンサーサイト

Comment[この記事へのコメント]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

のんチャン

Author:のんチャン
某水色サッカーチームサポで、元重度鉄欠乏性貧血患者
2010年3月乳がんの手術。現在普通に生活。
乳がん「備忘録」兼サッカーやお料理などを気ままに不定期更新。
本業は、密かに「地域密着系スポーツ・マーケティングプランナー」を目指す、売れないマーケティングプランナー
母屋ブログはこちら↓
http://blog.goo.ne.jp/happy-kernel-0297

乳がんと闘うみなさまへ
「患者力を高める5のポイント」
1.不安や疑問があった時は、再予約をしても聞くようにする
2.大切な面談(検査結果を聞くような時)は、家族や友人と一緒に聞く
  もし、一人で行く場合は、レコーダーなどに録音をする
3.聞きたいコトは、5つ程度のポイントにまとめ、メモにし診察時に見せるようにする
4.自分の希望や考えを伝える
5.医師の目を見て話す
  もし、目を背けるような担当医であれば、「○○先生」と呼びかてでも自分に向かせる
 
以前出席させていただいた「J&J・乳がんメディア&ブロガーセミナー」で、医療ジャーナリストさんがお話されたコトです。
是非、参考にしてください。
そして「がんサバイバー」を目指しましょう。

乳がんについて詳しく知りたい方へ
日本乳癌学会のサイト内に、一般向けサイトがあります。
リンクを貼りましたので、そちらからアクセスをして下さい。
乳がん?と思ったら、必ず専門医に相談をして下さいね。
そのための参考サイトです。

「質の高い乳がん検診」を受けるため、NPO法人日本乳がん検診精度管理機構認定の施設、マンモグラフィ読影医師、そしてマンモグラフィ放射線技師のいるリストを参考にしてください。
「施設・読影医師・放射線技師」の3条件が揃うことが、重要です。
それぞれのリストをリンクしました。ぜひ参考にしてください。


国立がんセンター精神腫瘍学グループでは、患者さん向け「質問促進パンフレット」等を用意しています。
下記リンクよりアクセスをお願いします。
PDFファイルですが、是非、重要な面談の時の質問などにご活用ください。

名古屋のがん拠点病院で「傾聴会」を開催している、NPO法人ミーネット。
乳がんに限らず、がんについて不安なことがあれば気軽にご相談下さい。
また、市民向け公開講座なども開催しています。
下のリンクよりスケジュール等、ご確認下さい。

乳がんと子宮体がん経験者の桃杏さんが、乳がん患者さん向けの傾聴会を東京で始められました。
Pink&Paechさんのリンク内のブログから、お問い合わせ下さい。

ブログ内検索

最近の記事

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。