さらな日記 

某水色サッカーチームを偏愛する、元気過ぎる乳がん患者。乳がんサバイバーを目指す、乳がん「備忘録」兼徒然日記 「さらな」とは、サンスクリット語の「安らぎ・癒し」と言う意味

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • TB(-) |
  • CO(-) 
  • [Edit

「がんは怖い病気」というイメージを変えたい

先週、俳優の今井雅之さんと漫才師今いくよさんが、相次いでがんで亡くなられた。
「ご冥福・・・」という言葉よりも、残念な思いのほうが強い。
特に今井さんの場合、「もしかしたら・・・・」という気がするからだ。

今井さんと今いくよさんは、違うがん種だった。
今井さんの大腸がんは、先日発表された「日本人が一番罹患しているがん」として挙げられた「大腸がん」。
今いくよさんは、それまで一番罹患者が多いとされていた「胃がん」だった。
どちらも「罹患者数」としては、とても多いがんであることには変わりない。
ちなみに亡くなる方が一番多いがんは、「肺がん」である。

今井さんの場合、なぜ「もしかしたら・・・」という気がしたのか?というと、「大腸がん」と診断される前に体調不良で2回病院で診察を受けているからだ。
おそらくこの時点で「血便」があったのでは?しかも「下痢」をされていたのでは?と、思うからだ。
実は「大腸がん」の症状の一つとして、「血便」がある。それだけではなく「下痢と便秘を繰り返す」という症状もあげられることがある。
その両方の症状が出ていたとすれば、誤診だったのかな?という気がしてくるのだ。
確かに「胃腸性の風邪」でも、「血便と下痢」という症状はある。
実際私も、カキフライを食べ、ひどい嘔吐と下痢、血便という経験をした。
その時、丁度風邪もひいていて、胃腸内科へ行ったとき「風邪で体力が低下しているときにカキを食べて、下痢をしたのでは?血便はその下痢がひどかったために腸壁を傷つけたと思われます」といわれたことがある。
もちろん、その時にはお薬を処方され2日ほど安静にしていたら、どちらも治まった。

それに対して今井さんの場合、2回病院を受診しているということは、1回目の治療で症状が好転していなかった、ということだと思う。
「腸炎を伴う風邪」だとしても、血便が続くようであれば何故大腸がんを疑わなかったのだろう?と、素人考えとして思うのだ。

今いくよさんの場合は、1年以上にわたる闘病。
辛いことも多かったと、想像します。
何より、好きなモノを好きなだけお腹いっぱいになるまで食べる、ということができなかったのでは?
「好きなものを好きなだけ、お腹いっぱいになるまで」というのは、普段でもできることではないにしても「治療で頑張っている自分へのご褒美」としての「食事」ができなかったのでは?と、想像します。

その一方で「大腸がん」や「胃がん」であっても、治療を受け「がんとともに生きている」という方は、世間には多い。
今や「日本人の2人に1人が、なんらかのがんに罹患する」という、時代なのだ。
それほど「がん」という病気は、特別な病気ではなく、むしろ「身近な病気」になっている。
にも拘わらず「がんは、死ぬ病気で怖い」というイメージでとらえられている。
そのイメージの元となっているのは、「愛と死を見つめて」という、今から50年位前の大ベストセラーのためではないか?という気がしている。
確かに若年期のがんは、進行が早く再発のリスクが高い場合が多い。
何より、「将来性ある若者が死と向き合う」ことになるのだ。
同世代の若者が、輝く自分の未来に向かっているときに、真逆のことを考え、判断をしていく、というのはとても残酷なことだと思う。
そして、一般的ながんよりも罹患者数の比較的少ない「希少がん」か、もしくは「家族性がん」と呼ばれる「遺伝子に関係するがん」であることが多い。
そのため治療も難しい、という現実もある。
上述した「愛と死を見つめて」のヒロインは「軟骨肉腫」という、「希少がん」の患者さんだった。

現実には、若年期のがん患者さんよりも高齢者のがん罹患者のほうが遥かに多い。
その理由は、拙ブログでも何度か書いている「細胞の病気」だからだ。
がんそのものは、「細胞分裂」をしたときに起きた「ミスコピー」のような出来事。
毎日その「ミスコピー」は発生し、そのたびに免疫細胞が駆逐しているのだ。
その「ミスコピー」である、細胞が際限なく増え続ける病気が「がん」なのだ。
高齢者になればなるほど、その「ミスコピー」が起きる頻度は高くなり、本来であれば「ミスコピー」であるがん細胞をやっつけてしまう免疫細胞の働きも低下してしまうことで、「がん」という病気になりやすくなってしまうのだ。

そのような「基本的ながん知識」を、健康診断などの時に説明をしてほしい、と思っている。
「がんは決して怖い病気ではなく、がんについて知らないことが怖い」ということ。
体調不良で診察した病院で「おかしいな」と思ったら、迷わず違う病院で診察してもらう勇気。
「ドクターズショッピング」は困りますが、一定期間の治療を受けても好転しないのであれば、病院を変えることも大切だと思います。
スポンサーサイト

Comment[この記事へのコメント]

No title 

そうなんですよねミスコピーなんですよね
細胞分裂を間違っただけでこんなにもおおきな病になるんですよね
祖父は肺がん 私は子宮がんときていて
母に肺だけは気を付けてと注意されてます。
早めの信頼できる病院での健康診断きちんとしようと思います。
  • よっちママ 
  • URL 
  • at 2015.06.04 08:03 
  • [編集]

よっちママさん、コメントありがとうございます。 

こんばんは、よっちママさん。
コメントありがとうございます。

> そうなんですよねミスコピーなんですよね
> 細胞分裂を間違っただけでこんなにもおおきな病になるんですよね
毎日起きている「細胞分裂」。
当然、毎日ほんのわずかな「ミスコピー」が起きている。
それが、治療が難しい病気になってしまうんですよね。

> 祖父は肺がん 私は子宮がんときていて
> 母に肺だけは気を付けてと注意されてます。
我が家の親戚では、元ヘビースモーカーであった叔父が肺がん患者です。
幸いなことに、5年目で転移・再発がないようです。
本人が「治った!」と言っていることが、一番心配です。

> 早めの信頼できる病院での健康診断きちんとしようと思います。
検診のポイントは、信頼できる病院かもしれませんね。
設備が良くても、見つけることができず進行した状態でわかっても意味ありませんからね。
私も消化器系のがん検診に行かなくては!と思っています。
  • のんチャン 
  • URL 
  • at 2015.06.07 20:32 
  • [編集]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

のんチャン

Author:のんチャン
某水色サッカーチームサポで、元重度鉄欠乏性貧血患者
2010年3月乳がんの手術。現在普通に生活。
乳がん「備忘録」兼サッカーやお料理などを気ままに不定期更新。
本業は、密かに「地域密着系スポーツ・マーケティングプランナー」を目指す、売れないマーケティングプランナー
母屋ブログはこちら↓
http://blog.goo.ne.jp/happy-kernel-0297

乳がんと闘うみなさまへ
「患者力を高める5のポイント」
1.不安や疑問があった時は、再予約をしても聞くようにする
2.大切な面談(検査結果を聞くような時)は、家族や友人と一緒に聞く
  もし、一人で行く場合は、レコーダーなどに録音をする
3.聞きたいコトは、5つ程度のポイントにまとめ、メモにし診察時に見せるようにする
4.自分の希望や考えを伝える
5.医師の目を見て話す
  もし、目を背けるような担当医であれば、「○○先生」と呼びかてでも自分に向かせる
 
以前出席させていただいた「J&J・乳がんメディア&ブロガーセミナー」で、医療ジャーナリストさんがお話されたコトです。
是非、参考にしてください。
そして「がんサバイバー」を目指しましょう。

乳がんについて詳しく知りたい方へ
日本乳癌学会のサイト内に、一般向けサイトがあります。
リンクを貼りましたので、そちらからアクセスをして下さい。
乳がん?と思ったら、必ず専門医に相談をして下さいね。
そのための参考サイトです。

「質の高い乳がん検診」を受けるため、NPO法人日本乳がん検診精度管理機構認定の施設、マンモグラフィ読影医師、そしてマンモグラフィ放射線技師のいるリストを参考にしてください。
「施設・読影医師・放射線技師」の3条件が揃うことが、重要です。
それぞれのリストをリンクしました。ぜひ参考にしてください。


国立がんセンター精神腫瘍学グループでは、患者さん向け「質問促進パンフレット」等を用意しています。
下記リンクよりアクセスをお願いします。
PDFファイルですが、是非、重要な面談の時の質問などにご活用ください。

名古屋のがん拠点病院で「傾聴会」を開催している、NPO法人ミーネット。
乳がんに限らず、がんについて不安なことがあれば気軽にご相談下さい。
また、市民向け公開講座なども開催しています。
下のリンクよりスケジュール等、ご確認下さい。

乳がんと子宮体がん経験者の桃杏さんが、乳がん患者さん向けの傾聴会を東京で始められました。
Pink&Paechさんのリンク内のブログから、お問い合わせ下さい。

ブログ内検索

最近の記事

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。