さらな日記 

某水色サッカーチームを偏愛する、元気過ぎる乳がん患者。乳がんサバイバーを目指す、乳がん「備忘録」兼徒然日記 「さらな」とは、サンスクリット語の「安らぎ・癒し」と言う意味

夜ヨーグルト

スパルタな主治医から「5年、卒業」のお言葉をいただいてから、1週間。
実は、病院から帰ったら安心しきったのか?「ボ~~~~~」としてしまいました。
寂しいという気持ちもあったのですが、気が抜けたというのか?
やはり「乳がん患者である」という事実は、心のどこかでプレッシャーだったのかな?という気がしました。
ただ、無事5年元気で過ごせたといっても、私のタイプは「のんびり、ゆっくり」さんタイプなので、あと5年は気が抜けません。
「乳がん」のホルモン治療の期間が、3年ほど前に変わりそれまで「5年投与」だったのが「10年投与」に変わったからです。
ということは、私のタイプである「ホルモン受容体タイプ(または「ホルモン高感度タイプ」)」の、再発リスク期間は10年と考える必要がある、ということですから。

そんな「ボ~~~~~~」とした日だったからでしょうか?
とても変で妙にリアリティのある夢を、翌日の明け方見てしまいました。
おかげで、先週1週間は絶不調。
朝はよいのですが、午後になると胃が痛くなる毎日。
確かに「胃が痛くなる」ような、状況はいつもなのですが、実際に「胃が痛くなる」というのは久しぶり。
寝床で七転八倒することも・・・

こらえきれず、今日近所の胃腸内科へ行きお薬を処方していただきました。
そこで判明したこと!
何と昨年も今頃、胃腸の調子が悪く病院へ行っていたのです
どうやら、この季節「胃腸の調子が悪くなる」のは、定番だったようです
さすがに処方していただいたお薬は、効果絶大。
胃の痛みは、治まりました。
ただ、季節もの?とはいえ、しっかり「胃がん・大腸がん」の検査はしないといない!と、実感した次第。
次回、病院に行くときには大腸がんと胃がんの検査の予約を入れなくては!!

ところで、先日FMを聞いていたら「夜ヨーグルト」という話がありました。
ご存じですか?「夜ヨーグルト」。
ヨーグルトといえば、朝食メニューの定番ですが、実は夜食べたほうが、良いらしい。
「お肌のゴールデンタイム」である、夜の10時~深夜2時ごろは体もメンテナンスタイムらしいのです。
そして夜ヨーグルトを食べることで、最近話題となっている「腸内フローラル」を育成(?)させることになるらしい。
「腸内フローラル」については、2月にNHKが「NHKスペシャル」で放送したので、ご覧になられた方も多いと思います。
なんでも、認知症予防、生活習慣病予防だけではなく、がんの予防にもなる?とか、美肌や若返りにも効果があるらしい。
その「腸内フローラル」を、しっかり育てる?ことが、今注目なんだとか?!

胃の痛みとは関係ないので、夜、ヨーグルトを食べるようになったら、本当に腸の調子がよくって・・・問題の「皮下脂肪を減らす」ことにはなりませんが、とりあえず「腸内環境」と整え、代謝を上げることで、皮下脂肪を減らしやすい体質にしなくては!と、考えているこの頃。
スポンサーサイト

*Comment

No title 

夜ヨーグルトやってみま~すv-10
大腸内視鏡検査をやったのですが、病院で飲んだ下剤が強力て貧血を起こしましたよぉv-12
胃カメラの方が私には楽な検査でしたv-218
お大事にしてくださいねv-238
  • posted by ベスパ・マンダリニア 
  • URL 
  • 2015.04/28 12:07分 
  • [Edit]

Re: No title 

こんばんは、ベスパさん。

> 夜ヨーグルトやってみま~すv-10
ぜひ!ここ2,3年健康系の本で「頭(=脳)より、腸のほうが賢い」みたいなタイトルの本が、話題になっていたので、気にはなっていたのです。
さすがにNHKスペシャルで特集されると「本当か?!」という気になりますよね。
そんな時、FM番組で「夜ヨーグルト」の話題が出て・・・やっています(笑)

> 大腸内視鏡検査をやったのですが、病院で飲んだ下剤が強力て貧血を起こしましたよぉv-12
> 胃カメラの方が私には楽な検査でしたv-218
「大腸がん」の検査は、「潜血便検査」で済まそうと思っています。
検査費も安い(名古屋の場合500円でOKなんです)し、内視鏡の検査だと2,3日前からその準備が大変だと聞いているので、「要精密検査」になった時でいいかな?と、思っています。
「胃がん」のほうは、実はバリウムが苦手で・・・途中で気分が悪くなるので、費用が掛かっても「胃カメラ」で検査を受けよう!と検討中です。
近所の胃腸内科は、「大腸がん」は「潜血便」のみですが、「胃がん」は「胃カメラ(鼻から入れるタイプ)」のみなので、便利かな?と思っています。

> お大事にしてくださいねv-238
ありがとうございます。
おかげ様で、クリニックから処方されたお薬は、絶大な効果を発揮してくれています。
  • posted by のんチャン 
  • URL 
  • 2015.04/28 22:37分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

のんチャン

Author:のんチャン
某水色サッカーチームサポで、元重度鉄欠乏性貧血患者
2010年3月乳がんの手術。現在普通に生活。
乳がん「備忘録」兼サッカーやお料理などを気ままに不定期更新。
本業は、密かに「地域密着系スポーツ・マーケティングプランナー」を目指す、売れないマーケティングプランナー
母屋ブログはこちら↓
http://blog.goo.ne.jp/happy-kernel-0297

乳がんと闘うみなさまへ
「患者力を高める5のポイント」
1.不安や疑問があった時は、再予約をしても聞くようにする
2.大切な面談(検査結果を聞くような時)は、家族や友人と一緒に聞く
  もし、一人で行く場合は、レコーダーなどに録音をする
3.聞きたいコトは、5つ程度のポイントにまとめ、メモにし診察時に見せるようにする
4.自分の希望や考えを伝える
5.医師の目を見て話す
  もし、目を背けるような担当医であれば、「○○先生」と呼びかてでも自分に向かせる
 
以前出席させていただいた「J&J・乳がんメディア&ブロガーセミナー」で、医療ジャーナリストさんがお話されたコトです。
是非、参考にしてください。
そして「がんサバイバー」を目指しましょう。

乳がんについて詳しく知りたい方へ
日本乳癌学会のサイト内に、一般向けサイトがあります。
リンクを貼りましたので、そちらからアクセスをして下さい。
乳がん?と思ったら、必ず専門医に相談をして下さいね。
そのための参考サイトです。

「質の高い乳がん検診」を受けるため、NPO法人日本乳がん検診精度管理機構認定の施設、マンモグラフィ読影医師、そしてマンモグラフィ放射線技師のいるリストを参考にしてください。
「施設・読影医師・放射線技師」の3条件が揃うことが、重要です。
それぞれのリストをリンクしました。ぜひ参考にしてください。


国立がんセンター精神腫瘍学グループでは、患者さん向け「質問促進パンフレット」等を用意しています。
下記リンクよりアクセスをお願いします。
PDFファイルですが、是非、重要な面談の時の質問などにご活用ください。

名古屋のがん拠点病院で「傾聴会」を開催している、NPO法人ミーネット。
乳がんに限らず、がんについて不安なことがあれば気軽にご相談下さい。
また、市民向け公開講座なども開催しています。
下のリンクよりスケジュール等、ご確認下さい。

乳がんと子宮体がん経験者の桃杏さんが、乳がん患者さん向けの傾聴会を東京で始められました。
Pink&Paechさんのリンク内のブログから、お問い合わせ下さい。

ブログ内検索

最近の記事

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム