さらな日記 

某水色サッカーチームを偏愛する、元気過ぎる乳がん患者。乳がんサバイバーを目指す、乳がん「備忘録」兼徒然日記 「さらな」とは、サンスクリット語の「安らぎ・癒し」と言う意味

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • TB(-) |
  • CO(-) 
  • [Edit

「福」を買い、「青」を観に京都へお出かけ

今年の風邪は、ずいぶんしつこい。
ここ2週間近く、発熱はないものの鼻がグズグズ、くしゃみが絶えず、頭がボ~~~という状態が続いている。
にも関わらず、昨日京都へ出かけた。
実は、前日から風邪の症状が強くなり「やはり、止めようか・・・」と思っていたのだが、青蓮院門跡の青不動の公開が間もなく終了するので、無理やり出かけることにした。
もちろん、期日前投票を済ませて。

そこまでして、青蓮院門跡の青不動が観たかったのか?というと、実は5年前の今頃も青不動を観に出掛けている。
その頃「乳がんかもしれない(結果は、乳がんだったのですが)」という状況で、精密検査を受けている真っ最中。
青不動を観たとき、なぜか安心をした気がしたのでした。
安心というより、覚悟を決めたと言ったほうがよいかもしれませんが・・・。
その青不動が、修復をされ特別公開中。
来週の23日には、終了しその後の公開予定は無し。
青不動さんへごあいさつ(というのも変ですが)に、行きたかったのです。

もう一つは、北野天満宮の「大福梅(おおぶくうめ)」を買うこと。
以前、拙ブログでもUpした「北野天満宮」の梅園で採られた梅を、カラカラの梅干しにしたもの。
こちらは、お正月の朝、結び昆布(だし昆布を細く切って、柔らかくし結んだもの)と一緒にほうじ茶でいただき「無病息災」を願うため。
大福梅中身以前、ブログで紹介した「北野天満宮の大福梅」
私にとっては「福を買い、青不動にお礼をするお出かけ」だったのです。

とはいうものの、風邪が前日よりもひどくなっいる
いつもは「青春18きっぷ」を使って行くのですが、今回は「高速バス」を利用。
名古屋から京都まで往復4,100円という値段の安さと、バスに乗ってしまえば京都まで乗り換えなしで行けるので、ゆっくり休むことができるから。

やはり風邪薬のせいでしょうか?バスに乗り込むとうつらうつら
フッと気が付き車窓を見ると、一面の雪景色!
2014.12.14 京都行高速バスからの車窓
大垣あたりから、雪がちらつき始め伊吹山あたりでは雪が積もっていました。
今年は暖冬という話ですが、本当に?と思うような冷たさがバスの窓ガラスからも感じられるほどの寒さ。
ところが、岐阜県を過ぎ滋賀県にはいると、一変雪景色から晴れのお天気。

予定より20分ほど遅れ、京都駅に到着。
降りると速攻で、「北野天満宮」方面行きのバスに乗り込む。
ここ数年、毎年のように京都へ出かけていると、バス乗り場が大体わかる
車内で「1日乗車券」を購入し、「北野天満宮」へ。
以前、来たときよりもずいぶんすいているように感じたのは、投票日と重なったせいだろうか?
お参りをし、「大福梅」を購入。
私は、知人などに差し上げる分を含め5つ。
私の前にいらっしゃった方や後ろの方は、10、16と大量購入。
きっと、受験生をおもちの親御さんたちが、塾などのお友達分と合わせて買われるのでしょうね。
この「大福梅」は、12月13日から拝受が始まりクリスマスの頃には無くなってしまうので、本当に「この時」しか買えない「福」。

「大福梅」を買ったら、上七軒をのんびり歩きながらお昼ご飯を食べるところを探す。
以前も寄ったことがある「ふた葉」さんへ。
ここの「けいらん」とい、うおうどんを頂ました。
「けいらん」というのは、卵とじのあんかけが真っ白いやや細めの柔らかいうどんにかかっているうどん。
生姜がたっぷりとのっていて、風邪ひきの私にはもってこい!の一品。
すっかり体が温まったところで、再びバスに乗りいつものお漬物店へ。
京都に出かけたときには、必ず寄る「我が家のお漬物屋」さん(と、勝手に思っている)。
「樽出し限定!」という小かぶの漬物が目に入り、漬物好きの知人用に購入。
自分用に定番中の定番「しば漬け」。
漬物店から、歩いて20分ほどで「青蓮院門跡」に到着。
青蓮院門跡HP

「青蓮院門跡」に到着したら、ちょうど「将軍塚」行きのシャトルバスが待っていた。
今回の「青不動」の特別開帳は、「将軍塚」に新しくできた「青龍殿」の落慶記念公開と併せての特別公開。
当然、「将軍塚」にも行きたかったので、シャトルバス料金と「将軍塚青龍殿・青不動特別開帳」の拝観チケットを購入。
「将軍塚」というのは、京都の方ならご存知だとは思いますが・・・京都市内でも一番高い場所にある「青蓮院門跡」の飛び地の敷地。
京都市内が一望できる場所としても、有名な場所だそうです。

シャトルバスが「青龍殿」に到着したとき、丁度、門主さんが「護摩焚き」をされていて、お経を聞きながら静かに手を合わさせていただきました。
「青不動」は、5年前に見ているはずなのにずいぶん印象が違っていて、力強さを感じる絵にパワーをいただいたきがしました。
その後「将軍塚」と「青龍殿」に造られた「清水の舞台」よりも広い舞台から、京都市内を・・・。
青蓮院門跡舞台から望む、京都御所
こんもりとした森のように見えるのが、「京都御苑」
見えにくいかもしれませんが、その中に一際大きな建物が「京都御所」

今回は、「北野天満宮」と「青蓮院門跡」が目的だったので、夕方の高速バスで帰宅。
昼食後も帰りのバスで食べた軽食後も、風邪薬を飲んでいたせいか?乗り物に乗るとうつらうつら・・・。
風邪薬の効果か?「青不動」さんと「将軍塚」のパワーか?風邪はずいぶん良くなった気が・・・結局、気だけでしたが

自分のためにこんな時間も大切にしたい!と思える1日でした。
風邪は治っていませんが・・・
スポンサーサイト

Comment[この記事へのコメント]

 

素適ですね!京都!!
梅のおかげさま なるほどです!!
いつもお心くばりが素晴らしいのんちゃんさんくれぐれもお身体お大事になさってくださいね!!風邪早くよくなりますように!!
  • よっちママ 
  • URL 
  • at 2014.12.17 07:39 
  • [編集]

よっちママさん、ありがとうございます。 

よっちママさん、ありがとうございます。

> 素適ですね!京都!!
名古屋から京都は比較的近いので、思い立ったら出かけられる、という感じです。
おかげさまで、季節折々の京都を楽しむようになりました(笑)

> 梅のおかげさま なるほどです!!
実は、この「梅」食べてもあまりおいしくはないんです。
カリカリに干してあるので、「梅干し」として食べるところがほとんどない。
ただ、「京都で疫病が大流行したとき、時の天皇がお茶に梅干しを入れ庶民にふるまったら、疫病が収まった」という言い伝えがあるそうです。
どうやら、その言い伝えからきているのがこの「大福梅」のようです。

> いつもお心くばりが素晴らしいのんちゃんさんくれぐれもお身体お大事になさってくださいね!!風邪早くよくなりますように!!
お恥ずかしい限りです。
「心配り」というほどではないと・・・。
ただ、今回の「大福梅」も「漬物」もそうなんですが、その物を見た瞬間に思い浮かぶ知人や友人がいて(当然、毎回違う人物が思い浮かぶ)、「買って帰ろ~」と思ってしまうだけなんです。
これは本当に不思議な現象(?)なんですけどね(笑)

風邪は、おかげさまでずいぶん良くなりました。
北海道は、大雪で大変なことになっているようですね。
くれぐれもお気を付けください、よっちママさん。
  • のんチャン 
  • URL 
  • at 2014.12.18 20:40 
  • [編集]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

のんチャン

Author:のんチャン
某水色サッカーチームサポで、元重度鉄欠乏性貧血患者
2010年3月乳がんの手術。現在普通に生活。
乳がん「備忘録」兼サッカーやお料理などを気ままに不定期更新。
本業は、密かに「地域密着系スポーツ・マーケティングプランナー」を目指す、売れないマーケティングプランナー
母屋ブログはこちら↓
http://blog.goo.ne.jp/happy-kernel-0297

乳がんと闘うみなさまへ
「患者力を高める5のポイント」
1.不安や疑問があった時は、再予約をしても聞くようにする
2.大切な面談(検査結果を聞くような時)は、家族や友人と一緒に聞く
  もし、一人で行く場合は、レコーダーなどに録音をする
3.聞きたいコトは、5つ程度のポイントにまとめ、メモにし診察時に見せるようにする
4.自分の希望や考えを伝える
5.医師の目を見て話す
  もし、目を背けるような担当医であれば、「○○先生」と呼びかてでも自分に向かせる
 
以前出席させていただいた「J&J・乳がんメディア&ブロガーセミナー」で、医療ジャーナリストさんがお話されたコトです。
是非、参考にしてください。
そして「がんサバイバー」を目指しましょう。

乳がんについて詳しく知りたい方へ
日本乳癌学会のサイト内に、一般向けサイトがあります。
リンクを貼りましたので、そちらからアクセスをして下さい。
乳がん?と思ったら、必ず専門医に相談をして下さいね。
そのための参考サイトです。

「質の高い乳がん検診」を受けるため、NPO法人日本乳がん検診精度管理機構認定の施設、マンモグラフィ読影医師、そしてマンモグラフィ放射線技師のいるリストを参考にしてください。
「施設・読影医師・放射線技師」の3条件が揃うことが、重要です。
それぞれのリストをリンクしました。ぜひ参考にしてください。


国立がんセンター精神腫瘍学グループでは、患者さん向け「質問促進パンフレット」等を用意しています。
下記リンクよりアクセスをお願いします。
PDFファイルですが、是非、重要な面談の時の質問などにご活用ください。

名古屋のがん拠点病院で「傾聴会」を開催している、NPO法人ミーネット。
乳がんに限らず、がんについて不安なことがあれば気軽にご相談下さい。
また、市民向け公開講座なども開催しています。
下のリンクよりスケジュール等、ご確認下さい。

乳がんと子宮体がん経験者の桃杏さんが、乳がん患者さん向けの傾聴会を東京で始められました。
Pink&Paechさんのリンク内のブログから、お問い合わせ下さい。

ブログ内検索

最近の記事

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。