さらな日記 

某水色サッカーチームを偏愛する、元気過ぎる乳がん患者。乳がんサバイバーを目指す、乳がん「備忘録」兼徒然日記 「さらな」とは、サンスクリット語の「安らぎ・癒し」と言う意味

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • TB(-) |
  • CO(-) 
  • [Edit

12年という歳月

三連休の初日だった19日、静岡の森町までお出かけ。
静岡の森町と言っても、何処?と言う方のほうが多いかな?
え~~~と・・・時代劇のお好きな方なら「森の石松」の出身地というとわかって頂けるかな?
コアなサッカーファンなら、2002年のW杯・日韓大会で日本代表がベースキャンプ地となり、毎日の様に選手インタビューが開催されたメディアセンターが開設されていた場所、と言うと覚えていらっしゃる方もいるのかな?

そうなんです、12年前W杯の日本代表のメディアセンターでボランティアをしていたんです。
多分このことは、2年ほど前の今頃拙ブログでエントリしていると思うのですが。
そのボランティアを一緒にしていたメンバーが集まって、年に1回会場となっていた「森町立体育館」の近くの「親水公園」に集まって、1日のんびり過ごす会をしているんです。

元々ゆるい会なので、都合がつく人が集まればいいや~と言う感じなのですが、それでも参加するメンバーは、スケジュールを空けて参加。
会って話をする、と言っても本当に世間話なんですけどね。
不思議と、メンバーが揃うと12年前に戻ってしまうんですよね。
「あの時の会見はこうだった、ああだった・・・」という様な、たわいも無い話。
それがとても楽しいんですよね。
もちろん、最近自分にあったコトも話したりするんですが、自然の中で利害関係が全く無い仲間と会って、たわいも無い話をする、と言うのはリフレッシュにはもってこい。

ただ・・・現実に目を向けると12年という歳月は、メンバー一人ひとりには大きな時間の流れなんですよね。
12年前は可愛らしい20代だった友人は、すっかりお母さん。
会社員でバリバリと海外出張をされていた方は、定年退職をされ現役時代の語学力を活かして「外国人相手の観光ガイド」で活躍中。
韓流が流行る前から韓国に興味のあった友人は、韓国への留学を果たしハングル語が堪能に。
皆さん、それぞれご自分の夢や目標、幸せを実現している。
それに比べ、私は・・・・。
本当に成長していないな~~~~と反省。
反省だけで終わってしまうのも、私なんですが

「親水公園」でただただ、のんびり持ち寄った食べ物と飲み物で世間話をするだけの会なのに、とてもリラックス。
幼なじみでも同僚でも無い。
W杯というイベントで繋がったメンバーで、一緒に活動していた時間は本当に短く、会うのも年に1回。
でも会えば、12年前にひとっ飛びし楽しく気兼ねなく過ごせる。
こんな仲間がいるコトに感謝!しながら、名古屋に帰ってきた連休初日でした。
ちなみに、持ち寄った食べ物で「のんチャン、お持ち帰りね~」と言って、頂いたのが↓。
しずおかラスク1
「しずおかラスク」の「由比桜エビ」です。
名前の通り静岡限定のラスク。
まだ、食べていませんがビールに合いそうなラスクです

集合場所で2002年W杯の時、日本代表のメディアセンターとなっていた「森町立体育館」は、この11月に老朽化の為に取り壊しとなるそうです
森町立体育館の玄関に飾ってあった、2002年「サムライブルーズ(メンバー)」のサイン色紙↓
2002W杯森町立体育館 記念サイン色紙
スポンサーサイト

Comment[この記事へのコメント]

No title 

こんにちはm(_ _)m
開催前に韓国に行ったのですが・・・
お土産の値段が・・・日本人むけに現地値段の10倍
・・・つまり日本用に値段設定されてました・・・
  • 夢勇(ユメイサミ) 
  • URL 
  • at 2014.07.25 20:36 
  • [編集]

それは・・・ 

こんにちは、夢勇さん。
お久しぶりです。
コメント、ありがとうございます。

> 開催前に韓国に行ったのですが・・・
> お土産の値段が・・・日本人むけに現地値段の10倍
> ・・・つまり日本用に値段設定されてました・・・

韓国に行かれたコトがあるのですね。
おそらく、韓国以外でも「日本人価格」という設定をしている
世界の観光地は、あると思います。
相当値段をふっかけていると思います。

知人で「海外旅行が趣味」と言う方は、わざわざ地元の方
がいく様な市場やスーパーマーケットへ出掛けて、お土産を買って
いらっしゃるようです。
その為、普通のお土産は頂いたコトが無く、旅行先の調味料
などを頂くコトが多い私です。
  • のんチャン 
  • URL 
  • at 2014.07.27 08:27 
  • [編集]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

のんチャン

Author:のんチャン
某水色サッカーチームサポで、元重度鉄欠乏性貧血患者
2010年3月乳がんの手術。現在普通に生活。
乳がん「備忘録」兼サッカーやお料理などを気ままに不定期更新。
本業は、密かに「地域密着系スポーツ・マーケティングプランナー」を目指す、売れないマーケティングプランナー
母屋ブログはこちら↓
http://blog.goo.ne.jp/happy-kernel-0297

乳がんと闘うみなさまへ
「患者力を高める5のポイント」
1.不安や疑問があった時は、再予約をしても聞くようにする
2.大切な面談(検査結果を聞くような時)は、家族や友人と一緒に聞く
  もし、一人で行く場合は、レコーダーなどに録音をする
3.聞きたいコトは、5つ程度のポイントにまとめ、メモにし診察時に見せるようにする
4.自分の希望や考えを伝える
5.医師の目を見て話す
  もし、目を背けるような担当医であれば、「○○先生」と呼びかてでも自分に向かせる
 
以前出席させていただいた「J&J・乳がんメディア&ブロガーセミナー」で、医療ジャーナリストさんがお話されたコトです。
是非、参考にしてください。
そして「がんサバイバー」を目指しましょう。

乳がんについて詳しく知りたい方へ
日本乳癌学会のサイト内に、一般向けサイトがあります。
リンクを貼りましたので、そちらからアクセスをして下さい。
乳がん?と思ったら、必ず専門医に相談をして下さいね。
そのための参考サイトです。

「質の高い乳がん検診」を受けるため、NPO法人日本乳がん検診精度管理機構認定の施設、マンモグラフィ読影医師、そしてマンモグラフィ放射線技師のいるリストを参考にしてください。
「施設・読影医師・放射線技師」の3条件が揃うことが、重要です。
それぞれのリストをリンクしました。ぜひ参考にしてください。


国立がんセンター精神腫瘍学グループでは、患者さん向け「質問促進パンフレット」等を用意しています。
下記リンクよりアクセスをお願いします。
PDFファイルですが、是非、重要な面談の時の質問などにご活用ください。

名古屋のがん拠点病院で「傾聴会」を開催している、NPO法人ミーネット。
乳がんに限らず、がんについて不安なことがあれば気軽にご相談下さい。
また、市民向け公開講座なども開催しています。
下のリンクよりスケジュール等、ご確認下さい。

乳がんと子宮体がん経験者の桃杏さんが、乳がん患者さん向けの傾聴会を東京で始められました。
Pink&Paechさんのリンク内のブログから、お問い合わせ下さい。

ブログ内検索

最近の記事

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。