さらな日記 

某水色サッカーチームを偏愛する、元気過ぎる乳がん患者。乳がんサバイバーを目指す、乳がん「備忘録」兼徒然日記 「さらな」とは、サンスクリット語の「安らぎ・癒し」と言う意味

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • TB(-) |
  • CO(-) 
  • [Edit

免疫療法と補完代替医療-3-

まだまだ続く「免疫療法と補完代替医療」の勉強会レポート。
もうしばらくお付き合い下さい

今回は「補完代替医療」について。
「補完医療」と「代替医療」って、意味が違うと言うコトを今回初めて知りました。
補完医療・・・通常の医療と一緒に行われる医療
代替医療・・・通常の医療の代わりに行われる医療
改めて説明をされると、「そうですね」と納得いくのですが、その内容となると「???
まして、この二つがくっついて「補完代替医療」となると、益々???。
通常医療+補完代替医療=総合医療 と呼ばれると言う説明で、なるほど!

補完代替医療とは
「補完代替医療」を具体的にあげると、健康食品やサプリメント、ヨガ、アーユルベーダ、アロマセラピー、温泉療法など、いわゆる「民間療法」と呼ばれるモノと漢方や鍼灸、あんまや指圧など。
漢方や鍼灸、あんまや指圧などの一部は、健康保険が適用される場合もあり。
「民間療法」というのは、いわゆる「エビデンス(=科学的根拠)」が示されていないモノ。
実は「エビデンスが示されていない」というのがポイントなんです。
今回は「民間療法」の中でも特に「健康食品やサプリメント」を中心におはなしがありました。

どんな人が「民間療法」に頼りやすいと思いますか?
個人的には意外だったのですが、高学歴の女性ほどこの様な「民間療法」に頼り易い傾向があるようです。
もちろん、がんが見つかった状況によって随分違うのですが、
①60歳以下②女性③1日の大半をベットの上で安静④高学歴⑤化学療法を受けたことがある⑤緩和ケア病棟の患者⑥肺がん・乳がん・肝胆道がん
と言う傾向が見られるそうです。
確かに①の状況で③や⑤の状態であれば、がんは相当進行しているはず。
「藁にもすがる」という気持ちは分からない訳ではありません。
そんな状況の患者さんたちが「藁にもすがる」気持ちで向かうのが、いわゆる「健康食品やサプリメント」。

日本の場合(何と!)96.2%の患者さんが、何らかの「健康食品やサプリメント」を利用しているのです!
しかも月約57,000円も、支払っているんです
市場規模:770億円/月、年間9,230億円/年という、とてつもなく大きな市場が「健康食品・サプリメント市場」。

「本当に効果があるの?」
それほど大きな市場規模がある「健康食品・サプリメント市場」なのですが、利用者側の実感は「わからない」。
ただ「副作用はない」と答える人も56%いる、と言う調査が出ているんだそうです。
もちろん、「副作用があった」と言う人も5%いて、その内容は「下痢・吐き気・便秘・湿疹・肝機能低下」などの症状。
副作用の原因の一つは、「健康食品やサプリメント」は成分を凝縮しているため、通常の食事から得られる栄養よりも高濃度である、ということだそうです。
確かに、サプリメントの広告って、「野菜○○個分の栄養をこの一粒に凝縮」と言う表現が多いですからね。
副作用として現れるリスクも通常の食品よりも高くて当然でしょう。
チョットうがった見方をすると、多くの健康食品は代替医療としては「効果はわからない。気休めのモノ」というコトになるのかな?と言う気がします。
その「気休め」に月57,000円も投資するって・・・私には、考えられないんですが!

「医療者は代替医療に興味はない?!」
がん患者の約半数は、この様な「健康食品やサプリメント」を利用しているにも関わらず、治療をする側特に医師は興味がない、と言うことも「代替医療」の問題なのだそうです。
今回講演をして下さった大野先生は、この問題に取り組んでいらっしゃる数少ない(?)医師。
さすがに「漢方」などを処方される医師は、いらっしゃるようですが「アーユルベーダ」などは、知っている医師も実践している医師もほとんどいない。
ただ最近は「アロマテラピー講座」などを開く病院もあるようです(私が現在通っている病院でも、「アロマテラピーレッスン」が患者向けにありました)。目的は「治療」ではなく「リラックス効果」のようです。

患者の気休めと医師の知識不足が、「代替医療」を悪い意味で促進させてしまっている、と言う現実がある、と言うお話でした。
ちなみに私のスパルタな主治医も「健康食品やサプリメント」には、ほとんど興味がありません。
以前、「飲んではいけないサプリメントはありますか?」と、質問した時「特にないよ」と答えてくれたのですが「カルシウムだけ、とか大量摂取しても意味ないからね。どうせ、あなたの目的は違うんでしょう?!」と、言われましたから
そうなんです、私が効きたかったのは「顔に出来たシミ消し」目的で、サプリメントを飲んでもよいのか?と本音というか意味合いがあったのです
と言うコトで現在「シミ消しに効果がある」と言われている某医薬品+ビタミンCを飲んでいるのですが・・・目に見える効果というよりも、問題のシミが薄れてきたかな?と言うわずかばかりの進捗状況。
月1,000円にも満たない投資額ですから、当然かも知れませんね

一応、次回が「免疫療法と補完代替療法」の終わりです。
スポンサーサイト

Comment[この記事へのコメント]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

のんチャン

Author:のんチャン
某水色サッカーチームサポで、元重度鉄欠乏性貧血患者
2010年3月乳がんの手術。現在普通に生活。
乳がん「備忘録」兼サッカーやお料理などを気ままに不定期更新。
本業は、密かに「地域密着系スポーツ・マーケティングプランナー」を目指す、売れないマーケティングプランナー
母屋ブログはこちら↓
http://blog.goo.ne.jp/happy-kernel-0297

乳がんと闘うみなさまへ
「患者力を高める5のポイント」
1.不安や疑問があった時は、再予約をしても聞くようにする
2.大切な面談(検査結果を聞くような時)は、家族や友人と一緒に聞く
  もし、一人で行く場合は、レコーダーなどに録音をする
3.聞きたいコトは、5つ程度のポイントにまとめ、メモにし診察時に見せるようにする
4.自分の希望や考えを伝える
5.医師の目を見て話す
  もし、目を背けるような担当医であれば、「○○先生」と呼びかてでも自分に向かせる
 
以前出席させていただいた「J&J・乳がんメディア&ブロガーセミナー」で、医療ジャーナリストさんがお話されたコトです。
是非、参考にしてください。
そして「がんサバイバー」を目指しましょう。

乳がんについて詳しく知りたい方へ
日本乳癌学会のサイト内に、一般向けサイトがあります。
リンクを貼りましたので、そちらからアクセスをして下さい。
乳がん?と思ったら、必ず専門医に相談をして下さいね。
そのための参考サイトです。

「質の高い乳がん検診」を受けるため、NPO法人日本乳がん検診精度管理機構認定の施設、マンモグラフィ読影医師、そしてマンモグラフィ放射線技師のいるリストを参考にしてください。
「施設・読影医師・放射線技師」の3条件が揃うことが、重要です。
それぞれのリストをリンクしました。ぜひ参考にしてください。


国立がんセンター精神腫瘍学グループでは、患者さん向け「質問促進パンフレット」等を用意しています。
下記リンクよりアクセスをお願いします。
PDFファイルですが、是非、重要な面談の時の質問などにご活用ください。

名古屋のがん拠点病院で「傾聴会」を開催している、NPO法人ミーネット。
乳がんに限らず、がんについて不安なことがあれば気軽にご相談下さい。
また、市民向け公開講座なども開催しています。
下のリンクよりスケジュール等、ご確認下さい。

乳がんと子宮体がん経験者の桃杏さんが、乳がん患者さん向けの傾聴会を東京で始められました。
Pink&Paechさんのリンク内のブログから、お問い合わせ下さい。

ブログ内検索

最近の記事

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。