FC2ブログ

さらな日記 

某水色サッカーチームを偏愛する、元気過ぎる乳がん患者。乳がんサバイバーを目指す、乳がん「備忘録」兼徒然日記 「さらな」とは、サンスクリット語の「安らぎ・癒し」と言う意味

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

免疫療法と補完代替医療-1-

今日愛知キャンサーネットワーク主催の勉強会に出掛けてきた。
テーマは「免疫療法と補完代替医療」

最近、がん治療の中で注目されているのが「免疫療法」。
GoogleやYahoo!などで「免疫療法」と検索すると、本当に多くの病院やクリニックがヒットする。
それほど注目されている治療法の一つ。
ただ、以前腫瘍外科の先生から「今言われている『免疫療法』は、ほとんど効果がありません」と、言われたことがある。
多くの専門医にとって「免疫療法」そのものは、まだまだ「標準治療」になるまでには多くの臨床試験が必要だと言うきがした。

そんなお話を聞いた後の「免疫療法と補完代替医療」の勉強会だったので、とても興味があった。
それだけではなく、講演をして下さる先生が、以前拙ブログに来て下さったことがある、大野智先生ということもあり楽しみにしていた。

まず第1部「免疫療法」について。
人間の細胞の数って、ご存じですか?
何と60兆個もあるんです。
この60兆個の細胞は、毎日新しい細胞が生まれ、入れ替わっているんです。
ただ、人にヒューマンエラーがある様に、細胞も分裂する時に「細胞のミスコピーや傷のある細胞」が誕生してしまうことがある。
そのうちのいくつかが「がん細胞」となる訳ですが、免疫を司るシステムがあり「がん細胞」を発見・排除。
その勝率は、5000勝/0負/日という驚異的な勝率
そんな驚異的な勝率を誇る免疫システムですが、それでもその免疫システムをかいくぐり生き残ってしまう「がん」がある
「免疫療法」というのは、圧倒的な勝率を誇る「免疫システム」に着目した治療の考え。

自然免疫と獲得免疫
テレビ番組などで「NK細胞」とか「キラー細胞」と呼ばれる細胞が「自然免疫」に関係する細胞。
こちらは、体中を駆け巡り「警察にパトロール」をし、がん細胞のパターンを認識するコトで、がんをやっつける。
一方「獲得免疫」というのは、がん細胞を見つけてやっつける「軍隊」のような役割。
一番の特徴は、「記憶することができる!!」細胞だということ。
言い換えると、「がんを見つける」という教育を受けた(=がん細胞を認識・記憶できる)細胞。
何故見つけられるのか?と言うと、「抗原」と呼ばれる異物が、細胞にくっついているから。
その「抗原」は、「アミノ酸」でできているんです。
ところで、「アミノ酸」って、最近よく聞きません?
「アミノ酸=タンパク質」と聞くと変な気がしますが、実は「アミノ酸」が沢山集まったモノが「タンパク質」。
「アミノ酸」が複数集まったモノが「ペプチド」。
最近いろいろなサプリメントに「○○ペプチド」と言う名前が使われていますが、要は「○○タンパク質・または○○アミノ酸」と同じ物質を指しているんです。
「抗体」というのは、その「アミノ酸」1個から違いを見分けることができる細胞。
この「抗体」には「T細胞」と「B細胞」の2つがある。

初期の免疫療法
初期の免疫療法の考え方は「自然免疫力を高めて、がんを治す」という考え方。
小学生の頃受けた「BCG」が、まさにこの「自然免疫力を高める」という考え。
何故「BCG」なのか?と言うと、「都市伝説的」に結核の患者さんには、がん患者さんが少ない」ということが言われており、ならば結核ワクチンである「BCG」を体に入れることで、一時期的な「結核状態を作ろう!」と言う考えから始まったらしい。
実際「膀胱がん」では、「BCG」が標準治療として使われているんです。
他にも「免疫力を高める」素材として、様々な食材から作られているモノがあり、「レンチナン」という胃がんに適用されている薬の素材は「椎茸の煮汁」
だからと言って「椎茸の煮汁」を飲めば、胃がんに効果的と言う訳ではありませんので、間違えないで下さい。
薬となるためには、精製し成分を取り出し、濃度を高める必要があります。
「椎茸の煮汁=レンチナン」ではありません。
この様に「自然治癒力を高める自然免疫」だけでは、思った程の成果が上がらず、「獲得免疫」に注目・研究が移ってくる。
それが「リンパ球療法」と呼ばれるモノ。

「免疫療法 第2世代 獲得免疫による治療の登場」
「免疫療法第1世代」では「生物学的応答修飾物質(BRM)」と呼ばれる、自然界にある物質から「免疫力を高める」という考えが中心で「レンチナン」や結核の予防ワクチン「BCG」を利用していた。
第2世代になると、人の「リンパ球」に着目した「リンパ球療法(LAK療法、TIL療法、CTL療法)」へと移ってくる。
これは「患者さん自身のリンパ球」を増やしがんを治療する、と言う考え。
とは言え、がん患者さんの体の中で「元気なリンパ球」をつくり出すことは難しい。
その為、患者さんから一旦「リンパ球」を取り出し、「増殖させ・活性化したリンパ球」を、患者さんの体に戻す、と言う治療法。
この「リンパ球」の中には、LAK、TIL、CTLと言う3つの活性化リンパ球があるのだが・・・そのどれもが「一長一短」。
LAK・・・採血で採取し活性化させるのだが、効果は不十分
TIL・・・・腫瘍が浸潤したリンパ球で、胸水や腹水から抗体を取り出し、活性化。リンパ球の取り出しが難しく、時にはがん細胞と反応して「寝返ってしまう」こともある
CTL・・・腫瘍抗原(攻撃目標となるシグナルを発している、生きている腫瘍細胞)を攻撃する、有効性の高い方法。正し腫瘍抗原が手に入りにくいなど、「リンパ球」そのものを得ることが難しい。効果はあるのですが・・・。

「リンパ球療法」は、それぞれが「一長一短」と言うだけではなく
①活性化したリンパ球をつくり出すのが煩雑
②すべて「手仕事」で行われるため費用が高額
③効果が不十分
と言う点があり、免疫療法は「第3世代」と呼ばれる、「樹状細胞療法」、「癌ワクチン療法(「ペプチドワクチン療法」とも呼ばれる)、「抗体療法」へと、研究の中心が移っていく。

大野先生のお話は、とても分かり易い内容だったのですが・・・。
充実した内容でもあり、現在一番注目されている「免疫療法第3世代」については、次回へ続く

スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

のんチャン

Author:のんチャン
某水色サッカーチームサポで、元重度鉄欠乏性貧血患者
2010年3月乳がんの手術。現在普通に生活。
乳がん「備忘録」兼サッカーやお料理などを気ままに不定期更新。
本業は、密かに「地域密着系スポーツ・マーケティングプランナー」を目指す、売れないマーケティングプランナー
母屋ブログはこちら↓
http://blog.goo.ne.jp/happy-kernel-0297

乳がんと闘うみなさまへ
「患者力を高める5のポイント」
1.不安や疑問があった時は、再予約をしても聞くようにする
2.大切な面談(検査結果を聞くような時)は、家族や友人と一緒に聞く
  もし、一人で行く場合は、レコーダーなどに録音をする
3.聞きたいコトは、5つ程度のポイントにまとめ、メモにし診察時に見せるようにする
4.自分の希望や考えを伝える
5.医師の目を見て話す
  もし、目を背けるような担当医であれば、「○○先生」と呼びかてでも自分に向かせる
 
以前出席させていただいた「J&J・乳がんメディア&ブロガーセミナー」で、医療ジャーナリストさんがお話されたコトです。
是非、参考にしてください。
そして「がんサバイバー」を目指しましょう。

乳がんについて詳しく知りたい方へ
日本乳癌学会のサイト内に、一般向けサイトがあります。
リンクを貼りましたので、そちらからアクセスをして下さい。
乳がん?と思ったら、必ず専門医に相談をして下さいね。
そのための参考サイトです。

「質の高い乳がん検診」を受けるため、NPO法人日本乳がん検診精度管理機構認定の施設、マンモグラフィ読影医師、そしてマンモグラフィ放射線技師のいるリストを参考にしてください。
「施設・読影医師・放射線技師」の3条件が揃うことが、重要です。
それぞれのリストをリンクしました。ぜひ参考にしてください。


国立がんセンター精神腫瘍学グループでは、患者さん向け「質問促進パンフレット」等を用意しています。
下記リンクよりアクセスをお願いします。
PDFファイルですが、是非、重要な面談の時の質問などにご活用ください。

名古屋のがん拠点病院で「傾聴会」を開催している、NPO法人ミーネット。
乳がんに限らず、がんについて不安なことがあれば気軽にご相談下さい。
また、市民向け公開講座なども開催しています。
下のリンクよりスケジュール等、ご確認下さい。

乳がんと子宮体がん経験者の桃杏さんが、乳がん患者さん向けの傾聴会を東京で始められました。
Pink&Paechさんのリンク内のブログから、お問い合わせ下さい。

ブログ内検索

最近の記事

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。