さらな日記 

某水色サッカーチームを偏愛する、元気過ぎる乳がん患者。乳がんサバイバーを目指す、乳がん「備忘録」兼徒然日記 「さらな」とは、サンスクリット語の「安らぎ・癒し」と言う意味

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • TB(-) |
  • CO(-) 
  • [Edit

春の京都へお出かけ-1-

先月末、年度末で忙しいのに何とか時間をつくって京都へ。
考えて見れば、名古屋って東京も京都も日帰りができる、便利なところ。
朝早く名古屋を出発すれば、京都なら十分楽しめる

今回の目的は「仙洞御所」。
余り知られていないかも知れませんが、京都御苑の中にある御所です。
宮内庁:仙洞御所
今回は、この「仙洞御所」を中心に桜を見て歩きました。
ただ、3月下旬では「桜満開」という訳にもいかず・・・

「仙洞御所」の管理は、宮内庁がしているため事前の予約が必要。
予約をした時は、予定日までには年度末の忙しさは解消しているはずだったのです。
予定は予定、現実は厳しく・・・ただ、予約を入れてしまうと、キャンセルなどができないため、何とかやりくりをしてのお出かけ。
参観予約を入れたからと言って、自分の好きな時間に参観できる訳ではありません。
宮内庁から指定された時間のみの参観。
今回は、午後1時半からの参観だったので、午前中はのんびりと廻ることに。

最初に向かったのは「岡崎疎水」。
「岡崎疎水」と言っても、わからない方のほうが多いかな?
「平安神宮」の朱い鳥居近くにあるお堀が「岡崎疎水」です。
3月末~GWの頃まで、この疎水で十石舟が運航され、なかなか優雅な眺めが楽しめるんです。
実は、私は今回で3回目の乗船
初めて乗船した時は、桜から新緑に向かう頃でしたが、なかなか楽しかったので、その後父と出掛けた京都旅行の時も乗船。
今回は、友人を誘っていたので、是非に!と思い、お誘い。
桜が満開だと↓の様な感じ。
「岡崎疎水十石舟写真集」
私が撮したのは↓
岡崎疎水 十石舟から眺めた疎水脇のしだれ桜

疎水からの風景を楽しんだら、次に向かったのは「真如堂」
紅葉が有名なお寺ですが、春のこの期間だけ特別公開される「涅槃図」を観るのが目的。
「涅槃図」というのは、お釈迦様があの世に旅立たれた時の様子(「入滅」と言うのが正しいようですが)を描いた絵。
「真如堂」の涅槃図は、とても大きくお釈迦様が旅立たれる時に集まった動物などの種類も多く、他のお寺の「涅槃図」とは少し趣が違う。
そして今回は、修復後初めての公開!
と言うことで、お伺いすることにしたのですが・・・実はもう一つお楽しみがあったのです。
特別公開なので参拝料を支払う(特別公開以外の時は、参拝無料)のですが、何と!お菓子が頂けるのです。
お菓子の名前は「花供曽(「はなくそ」と読みます)」。
なんでもお正月、仏様にあげたお餅を砕き、あられにしたお菓子とか?!
名前もユニークですが、その由来もユニーク!!
作っていらっしゃるのは、京都の老舗菓子店「田丸弥」さん。
↓は田丸弥さんのHPから拝借
田丸弥 花供曽

とても大きな「涅槃図」を観ていたら、観光ボランディアの方がとても熱心に「涅槃図」の説明をして下さいました。
参拝に来られていた「涅槃図マニア」?と思しき方と、熱心な「涅槃図談義」が繰り広げられ・・・中座するチャンスを逃してしまい最後までお話を伺いました。
この後、「涅槃図」ともう一つ有名?な「涅槃の庭」を拝見。
真如堂 涅槃の庭
ここでも、丁寧な説明を伺うコトができたのですが・・・時計を観たら、予定時間を大幅にオーバー
大急ぎで「真如堂」を後にし、ランチへ・・・。
ランチは、私が京都でよく利用する同志社寒梅館の学食。
しかし、焦るとろくなコトはありません
バスを乗り間違え、大回り。目的のランチも食べ損ないそうに・・・
何とか食べるコトは出来ましたが、京都御苑をダッシュした私でした。
スポンサーサイト

Comment[この記事へのコメント]

NoTitle 

予約が必要とは知らず桂離宮へ
当然入れずすごすごと退散
殆ど計画なしの行き当たりばったり
今度からはのんチャンさんのように
きっちり計画を立てないといけません(>_<)
それにしても京都イイですよね。
  • 植本多寿美 
  • URL 
  • at 2014.04.11 09:23 
  • [編集]

実は・・・・ 

はじめまして、植本さん。
DIYのブログ、手先の器用な方だな~と感心しながら
拝読させて頂いております。

> 予約が必要とは知らず桂離宮へ
> 当然入れずすごすごと退散
「桂離宮・仙洞御所・修学院離宮」と京都御所は、要予約
なんですよね。
京都御所は、春と秋の2回一般公開があるので、その時参観
するコトができますが、他の御所や離宮は非公開。
今回、確実に予約を取るため2ヶ月以上前にハガキで申請を
しましたが、今はネット予約が出来ますよ!
観光シーズンだと、アッという間に予約が埋まってしまいますが・・・。

> 殆ど計画なしの行き当たりばったり
> 今度からはのんチャンさんのように
> きっちり計画を立てないといけません(>_<)
きっちり計画を立てているように思われるかも知れませんが、
実は結構行き当たりばったりなんです(苦笑)
私が観たい!と思うのは、「その時しか見られない京都」なので
事前に、特別公開などは調べて行きますが、行きたい場所をいくつか
ピックアップをし、時間を見ながらその時の状況で変更。
今回は「仙洞御所」を軸に、場所をピックアップして廻っています(大汗)。

> それにしても京都イイですよね。
本当にそうですね。
名古屋は、在来線や高速バスを使っても2時間程度で行けるので、
フラッと出掛けるコトがあります。
その為、その場で予定変更ができるようになりました(爆)
  • のんチャン 
  • URL 
  • at 2014.04.11 10:34 
  • [編集]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

のんチャン

Author:のんチャン
某水色サッカーチームサポで、元重度鉄欠乏性貧血患者
2010年3月乳がんの手術。現在普通に生活。
乳がん「備忘録」兼サッカーやお料理などを気ままに不定期更新。
本業は、密かに「地域密着系スポーツ・マーケティングプランナー」を目指す、売れないマーケティングプランナー
母屋ブログはこちら↓
http://blog.goo.ne.jp/happy-kernel-0297

乳がんと闘うみなさまへ
「患者力を高める5のポイント」
1.不安や疑問があった時は、再予約をしても聞くようにする
2.大切な面談(検査結果を聞くような時)は、家族や友人と一緒に聞く
  もし、一人で行く場合は、レコーダーなどに録音をする
3.聞きたいコトは、5つ程度のポイントにまとめ、メモにし診察時に見せるようにする
4.自分の希望や考えを伝える
5.医師の目を見て話す
  もし、目を背けるような担当医であれば、「○○先生」と呼びかてでも自分に向かせる
 
以前出席させていただいた「J&J・乳がんメディア&ブロガーセミナー」で、医療ジャーナリストさんがお話されたコトです。
是非、参考にしてください。
そして「がんサバイバー」を目指しましょう。

乳がんについて詳しく知りたい方へ
日本乳癌学会のサイト内に、一般向けサイトがあります。
リンクを貼りましたので、そちらからアクセスをして下さい。
乳がん?と思ったら、必ず専門医に相談をして下さいね。
そのための参考サイトです。

「質の高い乳がん検診」を受けるため、NPO法人日本乳がん検診精度管理機構認定の施設、マンモグラフィ読影医師、そしてマンモグラフィ放射線技師のいるリストを参考にしてください。
「施設・読影医師・放射線技師」の3条件が揃うことが、重要です。
それぞれのリストをリンクしました。ぜひ参考にしてください。


国立がんセンター精神腫瘍学グループでは、患者さん向け「質問促進パンフレット」等を用意しています。
下記リンクよりアクセスをお願いします。
PDFファイルですが、是非、重要な面談の時の質問などにご活用ください。

名古屋のがん拠点病院で「傾聴会」を開催している、NPO法人ミーネット。
乳がんに限らず、がんについて不安なことがあれば気軽にご相談下さい。
また、市民向け公開講座なども開催しています。
下のリンクよりスケジュール等、ご確認下さい。

乳がんと子宮体がん経験者の桃杏さんが、乳がん患者さん向けの傾聴会を東京で始められました。
Pink&Paechさんのリンク内のブログから、お問い合わせ下さい。

ブログ内検索

最近の記事

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。