さらな日記 

某水色サッカーチームを偏愛する、元気過ぎる乳がん患者。乳がんサバイバーを目指す、乳がん「備忘録」兼徒然日記 「さらな」とは、サンスクリット語の「安らぎ・癒し」と言う意味

経過検診-15回-

昨日、経過検診に行ってきた。
いつの間にか、15回目になっている。
これまで、何の問題もなく過ごせたことに感謝せねば

ここ1年以上は、比較的朝の早い時間帯に診察予約を入れているので、朝8時半前には病院に到着。
毎度のコトながら、再診自動受付機の前には人だかり。
寒くなってきたせいか?お年を召した方の姿が目立つ。

今回は、レントゲンなどの検査ががないので自動受付→保険証の確認→外科受付をしてしまえば、後は診察を待つばかり。
外科の診察室前の待ち合わせの椅子に座り、持参した本を読みながら時間を過ごす、と言うのも毎回のパターン。
再診受付番号が遅かった割りには、何と!乳腺・内分泌外科の受付は3番目。
持参した本をさほど読むコトもなく、診察番号が表示され診察室へ。

「おはようございます」と、入室
コートとストールを乱れかごに入れるのに手間取っていたら、スパルタな主治医が椅子を勧める。
4年の間で初めての出来事で、こちらが「え?!」と心の中で驚く。
いつもの様に、視触診。
そしていつもの様に問題無し。
この「いつもの様に問題無し」の積み重ねが、一番大切なんだな~と感じるこの頃。
「次回なんだけど・・・」と言って、過去の検査スケジュールをPC画面で確認。
「大体2月に超音波の検査なんだよね。既に2月の予定が一杯だから3月になるんだけど・・・」とスケジュール画面を一緒に確認。
「3月で構いませんよ」
「3月のいつが良い?」(一応、検査に関しては、一応私のスケジュールを優先してくれるスパルタな主治医)。
「3月の24日(月)でお願いしたいんですが」
「それじゃ、3月の24日だね」
ということで、年1回の「マンモグラフィ+超音波検査」のスケジュールが決まる。
「その前に、他の検査をやっておきたいんだけど・・・1年目の時がCT+骨シンチ、2年目がPETCTで、今年がCT+骨シンチか・・・」
「次回も骨シンチ、必要ですか?CTは必要だと思いますが・・・」
「CTは、当然だよ!骨シンチはどうしようか・・・。今回はCTと血液検査だけにしようか」
「え!今日、血液検査の予定だったと思いますが?無しですか?」
「次回の検査でやるから、今日は無し」
「で、スケジュールだけど。これは別に診察がある訳じゃないから、2月中だったら自分の予定で好きな日で良いよ。いつが良い?」

「マンモと超音波の丁度1ヶ月前の2月2日(月)でお願いします」
と言うことで、年に1度の大検査予定が決まる。

乳がんの患者さんで、ある程度の乳がん知識を持っていらっしゃる方ならおわかりだと思うのだが、今まであった「骨シンチ」の検査が今回無くなったのは、「骨への転移の可能性」が低くなったため。
元々私は「0期の非浸潤癌」なので、転移そのもののリスクはとても低く、完治が期待できる(と言うよりも、完治できる)乳がん患者。
乳がんの転移先というのは、大体決まっていて「骨・肝臓・肺・脳」と言われている。
その中でも「骨」への転移は他の臓器に比べ早く、「浸潤癌である程度進行した状態または、進行が早いタイプ」の患者さんの場合、2~3年位で転移するケースが多い、と言われている。
逆に私の様な「0期の非浸潤癌」であれば、骨転移は考え難いと言うのが、一般的な考え方。
その為、私のような超早期の患者に対しては、骨転移を調べる骨シンチの検査は必要無い、と言うのが一般的。
にも関わらず、何故やっていたのか?というと、あくまでも想像の範囲ですが「スパルタな主治医の興味・関心」があったのかな?と言う気がしている。
「主治医の興味・関心で検査」と考えると、検査代も決して安い訳ではないので、患者側としては迷惑な話なのだが、私も「安心代」として検査を受けていたので、検査を受けると言う意味での不満は無かった。
何より、私自身好奇心もあったので、検査そのものは一応「するんですか??」とゆる~~~い拒絶はするものの、了解してきたのだった。
でも「転移し易い」と言われている期間が過ぎたこともあり、「本当にやる必要がありますか?」と確認をし、次回の検査から外してもらった、と言う次第。

「主治医から言われるがままに検査を受ける」のでは無く、「何故、その検査が必要なのか?」という検査の目的、その結果から分かることの説明も、患者として受ける必要があるな~と感じるこの頃。

次回の検査内容とスケジュールが決まったところで、私の質問タイム。
「以前出席した乳がんのセミナーで、ホルモン受容体タイプは再発し易い、と言う話を聞きました。本当ですか?」
「ホルモン受容体タイプが、再発し易いと言う断片的なデータはあるよ。でも、それは断片的なデータなだけで、特別にホルモン受容体タイプだけが再発し易い、と言う訳ではない。乳がんそのものが再発し易いがんなので、どのタイプであっても再発のリスクはある、と考えるべきだね」
「わかりました」
ここで「再発リスクの軽減のために何をすれば良いのか?」という質問をすると、「太らないコト」と一言で済まされることが、わかりきっているので追加質問はナシ。

この質問をしている時、スパルタな主治医が私のお腹あたりをチラ見した様な・・・気だけかな?
夏バテ→秋疲れで全身倦怠感+仕事の忙しさにかまけて、週末のお散歩はサボり気味。
それだけではなく、最近はおやつもタップリ食べてしまう
CTの検査までに、何とかしなくては!!
スポンサーサイト

*Comment

 

こんにちはm(_ _)m
今年は都合により昨年よりコミュニケーション回数が
減ってしまいましたが、無事に来年を迎えられる健康
状態にあるという事が食欲から出ていたので、少し安
心しました。
僕も年末の忙しさで・・・太ったので・・・
来年はお互いダイエットに頑張りましょうね(^^)

良い御年を~~^^
  • posted by 夢勇(ユメイサミ) 
  • URL 
  • 2013.12/31 16:37分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2013.12/31 21:13分 
  • [Edit]

Re: タイトルなし 

夢勇さん、お返事が遅くなりました。
開けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。

> 今年は都合により昨年よりコミュニケーション回数が
> 減ってしまいましたが、無事に来年を迎えられる健康
> 状態にあるという事が食欲から出ていたので、少し安
> 心しました。
ご心配頂き、ありがとうございます。
本当に、昨年の体調不良は加齢+体力低下によるもののようで・・・。
今年は、少し自重した生活を送りたい!と思っています。

> 僕も年末の忙しさで・・・太ったので・・・
> 来年はお互いダイエットに頑張りましょうね(^^)
>
> 良い御年を~~^^
夢勇さんも、良い1年にして下さい!!
  • posted by のんチャン 
  • URL 
  • 2014.01/03 20:51分 
  • [Edit]

鍵コメさん、ありがとうございます 

鍵コメさん、ありがとうございます。
私のほうこそ、いろいろお世話になった昨年です。
今年も幅広いご活躍、楽しみにしております。
  • posted by のんチャン 
  • URL 
  • 2014.01/03 20:54分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

のんチャン

Author:のんチャン
某水色サッカーチームサポで、元重度鉄欠乏性貧血患者
2010年3月乳がんの手術。現在普通に生活。
乳がん「備忘録」兼サッカーやお料理などを気ままに不定期更新。
本業は、密かに「地域密着系スポーツ・マーケティングプランナー」を目指す、売れないマーケティングプランナー
母屋ブログはこちら↓
http://blog.goo.ne.jp/happy-kernel-0297

乳がんと闘うみなさまへ
「患者力を高める5のポイント」
1.不安や疑問があった時は、再予約をしても聞くようにする
2.大切な面談(検査結果を聞くような時)は、家族や友人と一緒に聞く
  もし、一人で行く場合は、レコーダーなどに録音をする
3.聞きたいコトは、5つ程度のポイントにまとめ、メモにし診察時に見せるようにする
4.自分の希望や考えを伝える
5.医師の目を見て話す
  もし、目を背けるような担当医であれば、「○○先生」と呼びかてでも自分に向かせる
 
以前出席させていただいた「J&J・乳がんメディア&ブロガーセミナー」で、医療ジャーナリストさんがお話されたコトです。
是非、参考にしてください。
そして「がんサバイバー」を目指しましょう。

乳がんについて詳しく知りたい方へ
日本乳癌学会のサイト内に、一般向けサイトがあります。
リンクを貼りましたので、そちらからアクセスをして下さい。
乳がん?と思ったら、必ず専門医に相談をして下さいね。
そのための参考サイトです。

「質の高い乳がん検診」を受けるため、NPO法人日本乳がん検診精度管理機構認定の施設、マンモグラフィ読影医師、そしてマンモグラフィ放射線技師のいるリストを参考にしてください。
「施設・読影医師・放射線技師」の3条件が揃うことが、重要です。
それぞれのリストをリンクしました。ぜひ参考にしてください。


国立がんセンター精神腫瘍学グループでは、患者さん向け「質問促進パンフレット」等を用意しています。
下記リンクよりアクセスをお願いします。
PDFファイルですが、是非、重要な面談の時の質問などにご活用ください。

名古屋のがん拠点病院で「傾聴会」を開催している、NPO法人ミーネット。
乳がんに限らず、がんについて不安なことがあれば気軽にご相談下さい。
また、市民向け公開講座なども開催しています。
下のリンクよりスケジュール等、ご確認下さい。

乳がんと子宮体がん経験者の桃杏さんが、乳がん患者さん向けの傾聴会を東京で始められました。
Pink&Paechさんのリンク内のブログから、お問い合わせ下さい。

ブログ内検索

最近の記事

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム