さらな日記 

某水色サッカーチームを偏愛する、元気過ぎる乳がん患者。乳がんサバイバーを目指す、乳がん「備忘録」兼徒然日記 「さらな」とは、サンスクリット語の「安らぎ・癒し」と言う意味

がん治療の情報収集法と副作用があっても美味しく食べるコト-1-

今日、「県民公開シンポジウム」に出かけてきた。
昨年も同じ頃開催されたのですが、残念なコトに満席で出席するコトが出来ず
今年のテーマが、今日のお題です。

第一部が、国立がん研究センターがん対策情報センター長の若尾文彦先生の講演。
講演の最初に「がん検診」のキャラクターが紹介されました↓。
がん検診イメージキャラクター
何とも可愛らしいイメージキャラクターですが、モデルは「上杉謙信」。
手に乗っている鳥は「雁」。
そうです「雁(と)謙信」で「がん検診」。
のぼりの50%と言うのは、「がん検診の目標受診率」。
実は、日本の「がん検診率」というのは30%以下。
一番受診率が高い「胃がん」でも30%にとどくかとどかないか?と言う微妙なトコロ。
乳がんや子宮頸がんなどは、20%台。
先日の経過検診の時、超音波検査を担当して下さった先生も、受診率の低さを嘆いていました。

若尾先生の講演の内容は「がん情報を活用しよう」。
拙ブログでも、何度か「情報源」についてはUpしていますが、精密検査などを受けている時こそ、確かな情報を収集する必要があるのですが、何となく「闘病記」のような親しみのあるような、自分と似た状況の情報を集めやすいんですよね。
私もそんな時期がありましから、気持ち的には判るんです。
ただ、それでは必要な情報が得られないのも事実。

ネット等で得る情報のポイント
①公的機関のサイトやHP
②サイトの目的=健康食品などの販売目的記事ではないか?
③発信者がわかるか
④情報源が明記されているか 信頼度=論文>学会>専門家意見・口コミ
⑤成功例ばかりが書かれていないか
 または、誇張された内容になっていないか(標準治療以外の「○○で治った」は、疑うべき内容)
⑥新聞や雑誌、テレビの報道を鵜呑みにしない
 特に注意すべきは「マウス」や「シャーレ」の実験内容を、臨床試験の様に書いていないか?と言う点

情報を見極めるABCDEとは?
A(vailable)・・・利用できる
B(est)・・・・・・最善の
C(linical)・・・・臨床
(up)D(ate)・・・最新・現在
E(xternal)・・・・外部評価・外的証拠
の5つの内容があるのか?と言う点
「外部評価がされている最新の臨床で、その内容が利用できる最善のものなのか?」という、意味だそうです。
そして判断に困った時には、担当医師や看護師に相談するのが良いのですが・・・私の主治医の様にスパルタな担当医だと、チョッと話難いですよね。
実際私も、質問を「今日は、忙しいから」と断られた経験がありますモノ。
その時は「次回、しっかり質問がしたいので最後にして下さい」と、予約を入れた私。
そのような場合は、がん拠点病院内にある「相談支援センター」を利用する、と良いそうです。
がん拠点病院内にある「相談支援センター」は、自分が利用している病院でなくても相談を受け付けてくれますし、駐在している方は専門知識を持った病院のスタッフ。
上手に利用するコトが大切!と言うお話でした。

スポンサーサイト

*Comment

NoTitle 

こんにちはm(_ _)m
ここにも!ゆるキャラが!!!
ゴッツイやつよりも可愛らしいほうが
イロイロ軟らかいイメージが有り、
入りやすそうですね(!3!)
検査する人増えそうですね(><)
  • posted by 夢勇(ユメイサミ) 
  • URL 
  • 2013.03/03 21:29分 
  • [Edit]

検診率が上がると良いのですが・・・ 

こんばんは、夢勇さん。

> ここにも!ゆるキャラが!!!
> ゴッツイやつよりも可愛らしいほうが
> イロイロ軟らかいイメージが有り、
> 入りやすそうですね(!3!)
> 検査する人増えそうですね(><)
実は初めて見たんです、この「がん検診」くん。
とっても可愛らしいゆるキャラですよね。
もっと積極的に使って欲しいですね。
それで検診率が上がれば、良いのですから。
  • posted by のんチャン 
  • URL 
  • 2013.03/04 18:49分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

のんチャン

Author:のんチャン
某水色サッカーチームサポで、元重度鉄欠乏性貧血患者
2010年3月乳がんの手術。現在普通に生活。
乳がん「備忘録」兼サッカーやお料理などを気ままに不定期更新。
本業は、密かに「地域密着系スポーツ・マーケティングプランナー」を目指す、売れないマーケティングプランナー
母屋ブログはこちら↓
http://blog.goo.ne.jp/happy-kernel-0297

乳がんと闘うみなさまへ
「患者力を高める5のポイント」
1.不安や疑問があった時は、再予約をしても聞くようにする
2.大切な面談(検査結果を聞くような時)は、家族や友人と一緒に聞く
  もし、一人で行く場合は、レコーダーなどに録音をする
3.聞きたいコトは、5つ程度のポイントにまとめ、メモにし診察時に見せるようにする
4.自分の希望や考えを伝える
5.医師の目を見て話す
  もし、目を背けるような担当医であれば、「○○先生」と呼びかてでも自分に向かせる
 
以前出席させていただいた「J&J・乳がんメディア&ブロガーセミナー」で、医療ジャーナリストさんがお話されたコトです。
是非、参考にしてください。
そして「がんサバイバー」を目指しましょう。

乳がんについて詳しく知りたい方へ
日本乳癌学会のサイト内に、一般向けサイトがあります。
リンクを貼りましたので、そちらからアクセスをして下さい。
乳がん?と思ったら、必ず専門医に相談をして下さいね。
そのための参考サイトです。

「質の高い乳がん検診」を受けるため、NPO法人日本乳がん検診精度管理機構認定の施設、マンモグラフィ読影医師、そしてマンモグラフィ放射線技師のいるリストを参考にしてください。
「施設・読影医師・放射線技師」の3条件が揃うことが、重要です。
それぞれのリストをリンクしました。ぜひ参考にしてください。


国立がんセンター精神腫瘍学グループでは、患者さん向け「質問促進パンフレット」等を用意しています。
下記リンクよりアクセスをお願いします。
PDFファイルですが、是非、重要な面談の時の質問などにご活用ください。

名古屋のがん拠点病院で「傾聴会」を開催している、NPO法人ミーネット。
乳がんに限らず、がんについて不安なことがあれば気軽にご相談下さい。
また、市民向け公開講座なども開催しています。
下のリンクよりスケジュール等、ご確認下さい。

乳がんと子宮体がん経験者の桃杏さんが、乳がん患者さん向けの傾聴会を東京で始められました。
Pink&Paechさんのリンク内のブログから、お問い合わせ下さい。

ブログ内検索

最近の記事

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム