さらな日記 

某水色サッカーチームを偏愛する、元気過ぎる乳がん患者。乳がんサバイバーを目指す、乳がん「備忘録」兼徒然日記 「さらな」とは、サンスクリット語の「安らぎ・癒し」と言う意味

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • TB(-) |
  • CO(-) 
  • [Edit

ふるさとの食材でお正月準備

昨日、注文をしていた食材が届いた
届いた食材とは・・・↓
とんばら餅と一福のお蕎麦
一人暮らしなので、おせち料理などを作るコトはしないのですが、一応年越し蕎麦とお正月のお餅だけは用意。
その食材の注文だったのです

購入したのは、先月実家に帰った時に立ち寄った「島根観光物産館」に置いてあった、お取り寄せカタログを持ち帰り注文をしたお餅とお蕎麦。
お餅もお蕎麦も産地は、島根県飯石郡飯南町の頓原(「とんばら」と読みます)。
平均標高450mと言う、広島県との県境にある小さな山間の町。
そんな小さな山間の町のお米は、父曰く「昔から美味しい」と言われているらしい。
ただお米などの産出量が少ないので、なかなか他の地域では買うコトができないらしい。
ならば!と思い、お取り寄せカタログで注文。
半生そばは、実家に帰った時父と一緒に食べたお蕎麦屋さんのもの。
とても美味しかったので、「年越し蕎麦用」にと注文。

例年、この様なお正月の食材を購入するコトはしないのですが・・・今年は、何なく「同じ値段を出すなら美味しい物」が食べたくなったんです
だって・・・カタログを見ていたら、名古屋で買う「お餅やさんの杵つき餅」と余り値段が変わらないんですもの。

今から、年越し蕎麦とお雑煮が楽しみ!
ちなみに、全国各地にはいろいろなお雑煮がありますよね。
実家のお雑煮は、元旦にはお清まし仕立てのお雑煮で、二日は「小豆雑煮」と呼ばれる「ぜんざい」のようなお雑煮。でも「ぜんざい」ほど甘くありません。三日は再びお清まし仕立て。
この「お清まし仕立てのお雑煮」は、鰹節と生海苔だけという、シンプルなモノ。
使われる生海苔は、「かもじのり」と呼ばれる物で、名古屋では見かけません。
名古屋のお雑煮と言えば、鶏肉と「餅菜」と呼ばれる青菜の入ったお清まし仕立て。
人生の半分以上を名古屋で過ごしているのに、未だに「名古屋のお雑煮」を食べたことが無い。
子どもの頃から、慣れ親しんだモノが一番なんでしょうね
スポンサーサイト

Comment[この記事へのコメント]

No title 

こんにちはm(_ _)m
年越しソバ美味しそうですね(^3^)
雑煮って本当に地域性がありますね(>3<)
場合によっては隣の家ともまったく違う場合もあります(@3@)
我が家の雑煮は豚汁みたいなものです(笑)
  • 夢勇(ユメイサミ) 
  • URL 
  • at 2012.12.21 22:08 
  • [編集]

豚汁風ですか?! 

こんばんは、夢勇さん。
コメントありがとうございます。

> 雑煮って本当に地域性がありますね(>3<)
> 場合によっては隣の家ともまったく違う場合もあります(@3@)
> 我が家の雑煮は豚汁みたいなものです(笑)
夢勇さんの地方では「豚汁風」なんですか?!
具だくさんの、美味しそうなお雑煮ですね。

地方・地方でお雑煮っていろいろありますよね。
写真で見ると、どれも美味しそう~。
食べてみたいな~と思うのですが、結局子どもの頃から慣れ親しんだ
味が一番なんですけどね(笑)
  • のんチャン 
  • URL 
  • at 2012.12.22 19:07 
  • [編集]

No title 

こんにちはm(_ _)m
>結局子どもの頃から慣れ親しんだ味が一番なんですけどね(笑)
ですね(^w^)
自分の住んでいる地域の味が最終的には一番ですよね(^w^)

県外にも美味しいものは山ほどあるのですが、
薄味の県だと美味しさがわかるまで半年かかった経験
を持っており、美味しいものの判断に時間のかかるもの
なども存在する事に気が付きました(笑)
  • 夢勇(ユメイサミ) 
  • URL 
  • at 2012.12.22 20:26 
  • [編集]

No title 

おいしそうなお餅とお蕎麦v-10
運動部の学生のようには、ガッツリ食べられないので、同じ食べるならおいしいものをとなりますよね~v-10

地域によってお雑煮に違いがあるんですよねv-271
お餅、好物なのでどんなお雑煮でもいいな~v-10
  • ベスパ・M 
  • URL 
  • at 2012.12.23 18:21 
  • [編集]

慣れ親しんだ味 

お返事遅くなりました。
夢勇さん、こんにちは。コメントありがとうございます。

> >結局子どもの頃から慣れ親しんだ味が一番なんですけどね(笑)
> ですね(^w^)
> 自分の住んでいる地域の味が最終的には一番ですよね(^w^)
だから「おふくろの味」が、一番なんでしょうね。

> 県外にも美味しいものは山ほどあるのですが、
> 薄味の県だと美味しさがわかるまで半年かかった経験
> を持っており、美味しいものの判断に時間のかかるもの
> なども存在する事に気が付きました(笑)
私は「食いしん坊」なので、関西風の薄味でも関東風の
力強い味でも、いつも美味しい~と感じるタイプなんです(笑)
ただ・・・名古屋での生活が長くなってきたため、お味噌汁だけ
は「赤だし」じゃないとダメかな?
京風の白味噌では、甘くってチョットごめんなさい!です。
  • のんチャン 
  • URL 
  • at 2012.12.24 17:21 
  • [編集]

量より質ですよね! 

お返事遅くなりました。
ベスパ・Mさん、コメントありがとうございます。

> 運動部の学生のようには、ガッツリ食べられないので、同じ食べるならおいしいものをとなりますよね~v-10
年齢とともに「量より質」に変わりましたね。
逆に美味しそうなモノを見ると、食べたくなってしまう(苦笑)

> 地域によってお雑煮に違いがあるんですよねv-271
> お餅、好物なのでどんなお雑煮でもいいな~v-10
関東~東海は、切り餅が主流なんですよね。
関西以西は、丸餅が主流。
たかがお餅、されどお餅・・・お雑煮って、お正月というハレの
食事だからこそ、地方色豊かなのかも知れませんね。
ペスパ・Mさんのお宅のお雑煮は、どんなお雑煮ですか?
  • のんチャン 
  • URL 
  • at 2012.12.24 17:37 
  • [編集]

 

こんにちは~
年末いよいよ押し迫ってきましたね。
大掃除等ぼちぼちと思うのですが、今年はいつもにまして億劫で何も手がつきません。いかんなあ。

お蕎麦、おいしそうですね!
うちは母が蕎麦アレルギーなんで、年越し蕎麦は父が亡くなってから食べていません。

ご実家のお雑煮は日にちによって違うのですか。珍しいですね。
名古屋は鰹だしの澄ましに餅菜という名古屋でしか売ってない小松菜の一種を入れ、鶏肉も入れませんよ~。(^^)
食べる時に鰹節削ったものをさらにかけます。
しかも餅も焼かないので、主婦の味方です。
でも澄ましに青海苔だけとは名古屋同様シンプルですね!
やはりお味噌とお雑煮はずっと故郷の味が良いですね。
東京に行った友人は、餅菜が手に入らないとぶつくさ言ってたのを思い出します。
  • ジルちん 
  • URL 
  • at 2012.12.26 17:46 
  • [編集]

私も・・・ 

こんばんは、ジルちんさん。
お久しぶりのコメント、ありがとうございます。

> 年末いよいよ押し迫ってきましたね。
> 大掃除等ぼちぼちと思うのですが、今年はいつもにまして億劫で何も手がつきません。いかんなあ。
私も、片付けが・・・いかんですね(反省)

> お蕎麦、おいしそうですね!
> うちは母が蕎麦アレルギーなんで、年越し蕎麦は父が亡くなってから食べていません。
アレルギーなら仕方ないですね。
ここのお蕎麦は、帰省した時母のお墓参りの帰りに父と一緒に食べたお蕎麦屋さんの物。
とても美味しかったので、「島根観光物産館」の通販で買い求めました。

> ご実家のお雑煮は日にちによって違うのですか。珍しいですね。
多分、我が家の風習?なだけかも??
以前、出雲地方はその様風習がある、と聞いた記憶もうっすらとあります。

> 名古屋は鰹だしの澄ましに餅菜という名古屋でしか売ってない小松菜の一種を入れ、鶏肉も入れませんよ~。(^^)
鶏肉って入れなかったんですね?!
私の記憶違いですね(恥)

> 食べる時に鰹節削ったものをさらにかけます。
> しかも餅も焼かないので、主婦の味方です。
> でも澄ましに青海苔だけとは名古屋同様シンプルですね!
青海苔ではなく出雲大社にほど近い「十六島(「うっぷるい」と読みます)」で採れた、生の岩のりで頂くんです。
何でも、海苔の超高級品だとか?!
僅か30gで1600円くらいします。
なので、お正月限定なんです。

> やはりお味噌とお雑煮はずっと故郷の味が良いですね。
> 東京に行った友人は、餅菜が手に入らないとぶつくさ言ってたのを思い出します。
不思議ですよね。子どもの頃から慣れ親しんできた味、と言うのは味覚の基本、と言う気がします。
  • のんチャン 
  • URL 
  • at 2012.12.27 18:16 
  • [編集]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

のんチャン

Author:のんチャン
某水色サッカーチームサポで、元重度鉄欠乏性貧血患者
2010年3月乳がんの手術。現在普通に生活。
乳がん「備忘録」兼サッカーやお料理などを気ままに不定期更新。
本業は、密かに「地域密着系スポーツ・マーケティングプランナー」を目指す、売れないマーケティングプランナー
母屋ブログはこちら↓
http://blog.goo.ne.jp/happy-kernel-0297

乳がんと闘うみなさまへ
「患者力を高める5のポイント」
1.不安や疑問があった時は、再予約をしても聞くようにする
2.大切な面談(検査結果を聞くような時)は、家族や友人と一緒に聞く
  もし、一人で行く場合は、レコーダーなどに録音をする
3.聞きたいコトは、5つ程度のポイントにまとめ、メモにし診察時に見せるようにする
4.自分の希望や考えを伝える
5.医師の目を見て話す
  もし、目を背けるような担当医であれば、「○○先生」と呼びかてでも自分に向かせる
 
以前出席させていただいた「J&J・乳がんメディア&ブロガーセミナー」で、医療ジャーナリストさんがお話されたコトです。
是非、参考にしてください。
そして「がんサバイバー」を目指しましょう。

乳がんについて詳しく知りたい方へ
日本乳癌学会のサイト内に、一般向けサイトがあります。
リンクを貼りましたので、そちらからアクセスをして下さい。
乳がん?と思ったら、必ず専門医に相談をして下さいね。
そのための参考サイトです。

「質の高い乳がん検診」を受けるため、NPO法人日本乳がん検診精度管理機構認定の施設、マンモグラフィ読影医師、そしてマンモグラフィ放射線技師のいるリストを参考にしてください。
「施設・読影医師・放射線技師」の3条件が揃うことが、重要です。
それぞれのリストをリンクしました。ぜひ参考にしてください。


国立がんセンター精神腫瘍学グループでは、患者さん向け「質問促進パンフレット」等を用意しています。
下記リンクよりアクセスをお願いします。
PDFファイルですが、是非、重要な面談の時の質問などにご活用ください。

名古屋のがん拠点病院で「傾聴会」を開催している、NPO法人ミーネット。
乳がんに限らず、がんについて不安なことがあれば気軽にご相談下さい。
また、市民向け公開講座なども開催しています。
下のリンクよりスケジュール等、ご確認下さい。

乳がんと子宮体がん経験者の桃杏さんが、乳がん患者さん向けの傾聴会を東京で始められました。
Pink&Paechさんのリンク内のブログから、お問い合わせ下さい。

ブログ内検索

最近の記事

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。