さらな日記 

某水色サッカーチームを偏愛する、元気過ぎる乳がん患者。乳がんサバイバーを目指す、乳がん「備忘録」兼徒然日記 「さらな」とは、サンスクリット語の「安らぎ・癒し」と言う意味

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「がんワクチン」と治験

日曜日のNHKスペシャル「がんワクチン~“夢の治療薬”への格闘」をご覧になられた方はいらっしゃいますか?
セミナーの告知テーマが、「がんワクチン」だったので急いで参加申込をされた方もいらっしゃるのかな~?
残念ながら、私は番組を見ていません(ご存じの通りテレビが無いので。普段の生活では不便はないのですが・・・月に数回チェックしたい番組があるんですよね)。
そして今度の日曜日・25日にある「がんワクチンとオーダーメイド治療」についてのセミナーにも、参加できません。
実家の父から「用事があるから、帰ってこい!」の呼び出しがあり、超短期帰省です。

番組は見ていませんが、どうやら元となった内容を探してきました。
同じNHKで放送されている「あさイチ」で、2月に放送された「驚き!がんワクチン治療最前線」です。
こちらの内容は、相当詳しくUpされているので見逃した方も一度ご覧下さい。

今年9月、愛知県がんセンターで行われた市民公開講座でも、この「がんワクチン」のお話がありました。
私自身の理解力は・・・「トホホレベル」でしたが、現在「難治がん」と言われている「がん治療」に対して期待ができる治療、と言う印象。

こういう話題がテレビなどで取り上げられると、「早く実現化(=「標準治療」)して欲しい」という声が上がります。
日本では、常に「ドラッグ・ラグ」と言う問題が、取り沙汰されるのもご存じの通り。
確かに期待ができる治療ではありますが、「治験」という視点で考えるとどうなのでしょう?
以前拙ブログでも署名をお願いをした、膵臓がん患者さん向けに海外でしようが認められている、現在使われている他のがんの抗がん剤適用を求める「ドラッグ・ラグ」の問題もありますが、多くの人が感じる「ドラッグ・ラグ」は、この「がんワクチン」のような新薬のコト。
そして新薬が市場に出るためには、治験が必要。
がんの場合、「国際規模での治験」が一般的になってきているとは言え、日本では患者さんからの積極意志というよりも、担当医に勧められ・・・とか、最後の治療手段のような感覚で行われているケースが、多いのでは?
なぜなら、治験には必ずリスクが伴うから。
それも、想像できないリスクがある可能性が高いから。
そのリスクを覚悟しても、参加したい!と言う意志を患者側がどれだけ持てるのか?
治験には参加したくないけど、早く標準治療にして欲しい・・・と言うのは、どうなのでしょう?
むしろ、そこが問題なのだと思います。

今現在、ネットで検索すると出てくる「免疫療法」と呼ばれる治療法と「がんワクチン」と、どう違うのか?
そんなコトもしっかりと理解しないと、いけないと思います。

もう一つ言うなら、この様な画期的な治療が登場したから、と言って「早期発見・早期治療」がベストであるコトには変わりないこと。
夢の治療法であっても、効果が期待出来ない程進行してしまっていては、意味がないと思うから。
だからこそ、メディアは「夢」のようなコトばかりを強調して欲しくない・・・そう思うのです。

スポンサーサイト

*Comment

No title 

こんにちはm(_ _)m
そろそろTVが必要になりつつありますね(!w!)
電波が入るか不明ですが、もし近い内に電器屋さん
へ行く事があればUSBタイプのPCに差し込むだけの
ワンセグチューナーはいかがでしょうか?
値段も安いので・・・ただし、山・ビルなど
高いものに囲まれているとアウトな場合があり
ますが・・・
  • posted by 夢勇(ユメイサミ) 
  • URL 
  • 2012.11/21 21:17分 
  • [Edit]

 

いいねぇ~
  • posted by 山口孝志穂 
  • URL 
  • 2012.11/22 02:54分 
  • [Edit]

悩むトコロなんです 

こんばんは、夢勇さん。
いつもコメント、ありがとうございます。

> そろそろTVが必要になりつつありますね(!w!)
> 電波が入るか不明ですが、もし近い内に電器屋さん
> へ行く事があればUSBタイプのPCに差し込むだけの
> ワンセグチューナーはいかがでしょうか?
> 値段も安いので・・・ただし、山・ビルなど
> 高いものに囲まれているとアウトな場合があり
> ますが・・・
本当に、ワンセグのチューナーを買おうか検討中なんです。
でも、最近のテレビって物凄い勢いで値下がりをしている。
別に3Dとかスマートテレビとかが欲しい訳では無いので、
地デジが受信できればそれで問題なし。
そう考えると、悩むトコロなんです。
最近、我が家の周囲にも高いマンションなどが建つように
なってきたし・・・。
  • posted by のんチャン 
  • URL 
  • 2012.11/22 20:43分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2012.12/23 01:17分 
  • [Edit]

鍵コメさん、コメントありがとうございます 

鍵コメさん、コメントありがとうございます。
今が一番不安な時期ですね。
拙い私のブログが、参考になれば嬉しく思います。
ブログ内にメールフォームがありますので、
何か不安なコトがあればご連絡ください。
  • posted by のんチャン 
  • URL 
  • 2012.12/24 17:31分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

のんチャン

Author:のんチャン
某水色サッカーチームサポで、元重度鉄欠乏性貧血患者
2010年3月乳がんの手術。現在普通に生活。
乳がん「備忘録」兼サッカーやお料理などを気ままに不定期更新。
本業は、密かに「地域密着系スポーツ・マーケティングプランナー」を目指す、売れないマーケティングプランナー
母屋ブログはこちら↓
http://blog.goo.ne.jp/happy-kernel-0297

乳がんと闘うみなさまへ
「患者力を高める5のポイント」
1.不安や疑問があった時は、再予約をしても聞くようにする
2.大切な面談(検査結果を聞くような時)は、家族や友人と一緒に聞く
  もし、一人で行く場合は、レコーダーなどに録音をする
3.聞きたいコトは、5つ程度のポイントにまとめ、メモにし診察時に見せるようにする
4.自分の希望や考えを伝える
5.医師の目を見て話す
  もし、目を背けるような担当医であれば、「○○先生」と呼びかてでも自分に向かせる
 
以前出席させていただいた「J&J・乳がんメディア&ブロガーセミナー」で、医療ジャーナリストさんがお話されたコトです。
是非、参考にしてください。
そして「がんサバイバー」を目指しましょう。

乳がんについて詳しく知りたい方へ
日本乳癌学会のサイト内に、一般向けサイトがあります。
リンクを貼りましたので、そちらからアクセスをして下さい。
乳がん?と思ったら、必ず専門医に相談をして下さいね。
そのための参考サイトです。

「質の高い乳がん検診」を受けるため、NPO法人日本乳がん検診精度管理機構認定の施設、マンモグラフィ読影医師、そしてマンモグラフィ放射線技師のいるリストを参考にしてください。
「施設・読影医師・放射線技師」の3条件が揃うことが、重要です。
それぞれのリストをリンクしました。ぜひ参考にしてください。


国立がんセンター精神腫瘍学グループでは、患者さん向け「質問促進パンフレット」等を用意しています。
下記リンクよりアクセスをお願いします。
PDFファイルですが、是非、重要な面談の時の質問などにご活用ください。

名古屋のがん拠点病院で「傾聴会」を開催している、NPO法人ミーネット。
乳がんに限らず、がんについて不安なことがあれば気軽にご相談下さい。
また、市民向け公開講座なども開催しています。
下のリンクよりスケジュール等、ご確認下さい。

乳がんと子宮体がん経験者の桃杏さんが、乳がん患者さん向けの傾聴会を東京で始められました。
Pink&Paechさんのリンク内のブログから、お問い合わせ下さい。

ブログ内検索

最近の記事

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。