さらな日記 

某水色サッカーチームを偏愛する、元気過ぎる乳がん患者。乳がんサバイバーを目指す、乳がん「備忘録」兼徒然日記 「さらな」とは、サンスクリット語の「安らぎ・癒し」と言う意味

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

乳がん講座二題-3-

「With You NAGOYA~あなたとブレストケアを考える会~」の後半です!
講演の第二部は、スギホールディングス(株)の佐々木美樹さんの講演。
「スギホールディングス」と言われても「???」という方もいらっしゃると思います。
愛知県安城市に本社を置く、ドラッグストアー「スギ薬局」を関東~中部~関西を中心に展開をしている会社です。

ドラッグストアーですから、化粧品の取扱もしています。
佐々木さんは、化粧品部門で社員教育などを担当されている、とても元気パワーのある方。
お話を伺っているだけでも、元気になれそうな気がしました。
お話の内容は「コスメ・セラピー」というテーマ。
「コスメ・セラピー」という言葉は、佐々木さんが考えられた「お化粧が(女性に)与える癒やしなどのこころのケア」という意味だそうです。
お話を伺っていると「希望のメイク」という言葉が、思い浮かびました。

そして・・・アラフィフの女性の皆さん!お肌の悩みありませんか?!
コンシーラーの効果的な使い方、ご存じでしたか?
チークの使い方一つで、小顔効果やリフトアップ効果がある、ってご存じでしたか?!
あくまでも、抗がん剤治療などで、顔色が悪くなった時などのメイク術のお話なのですが、アラフィフのメイク術としても、十分効果的!と感じる内容でした。
では・・・
「元気に見られるメイクの3つのポイント」
1.肌のくすみ、シミを自然にカバーをする
2.眉毛は「顔の額縁」
3.つけまつげで、目元の印象をUp

1.肌色づくり
・コンシーラーの色選び・・・肌の色よりも暗めのベージュ
・使い方・・・シミよりやや大きくコンシーラーを置き、
       周囲を指やチップなどで伸ばし肌になじませる
       シミの上にのせたコンシーラーは、いじらない! 
・ファンデ-ションは、ピンク、オレンジ、パープルなどのコントロールカラーが、入ったモノを使う
 ピンク・・・肌の血色をよく見せる
 オレンジ・・目の下のクマなどを目立たなくする
 パープル・・くすみをおさえ、透明感をだす
 イエロー・・くすみをおさえる
 などの効果があるので、目的に合わせてファンデーションの色を選ぶのもポイント
・化粧品は、最初に肌に乗せたトコロが一番濃くなる!
 頬→外に向けでファンデーションを伸ばす。
 パウダリーファンデーションも頬から外に向けて!が鉄則
 この「鉄則」を守らないと、顔と首の色違い!!というコトに
 目元のファンデは、目の下は目尻から目頭、まぶたは目頭から目尻に向かって(まぶたの骨に合わせて!)
 こうすると、目の下のクマを消す効果もアリ!だそうです。
 鼻は最後にひと伸ばし程度。
 そして、大きなスポンジ、パフで一気に伸ばす、コトも重要。
 なぜなら、チマチマと小さなスポンジやパフでお化粧をしていると「厚塗り」になりやすい!
2.眉毛
 あくまでも、抗がん剤治療などで眉毛やまつげを失った、という状況を想定してのお話です。
 自分の眉毛の「ゴールデン位置」を知る
 眉頭・・・小鼻の外側の延長線上のやや内側
 眉尻・・・小鼻と目尻を結んだ延長線
 眉山・・・正面を見た時の黒目の外側の延長線
 眉頭と眉尻の位置は水平にすると自然な印象になる
・眉の描き方
 眉頭、眉山、眉尻の位置をアイブローなどで印をつける
 眉山から眉尻に向け、アイブローで眉毛を一本一本描く様にする
 眉尻が描けたら、眉山から眉頭に向け同様に描く
 眉山から眉頭にかけては、パウダータイプのアイブローで描いても良い
3.つけまつげの付け方
 アラフィフ世代は、つけまつげとは縁遠い世代
 でも、「まつげのない顔」というのは、「しまりのない顔」にもなりやすいので、積極的に使いたいアイティム
 抗がん剤で、アイメイクに抵抗がある時もつけまつげを付けるだけで、十分アイメイクになる
 選ぶポイントは「ナチュラルタイプ」
 間違っても、若い女性が使うような「フサフサタイプ」とか「パーツタイプ」は選ばない!
 つけまつげを、容器から外し数回曲げる
 柔らかくすると、付けやすい
 一度、乗せてみて長さを確認、長い場合は切る
 鏡を下に置き、目線を下に落としてまぶたに付けと付けやすい
 まつげがある時は、まつげに乗せる感じ

読まれた方は、おわかりですね!
そうです、普段のメイクでも十二分に活用できる内容ばかり!!
当然ですが、参加者の多くは女性ですから、皆さんメモの取りまくりでした。

このセミナーの会場入り口では、医療用かつらなどの企業の展示もありました。
他には、製薬会社さんが作られている「乳がんハンドブック」などもあり、自由に貰うコトができました。
当然ですが、私は貰ってきました!
サイトが見つからないでの、紹介できないのが残念ですが・・・。
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

のんチャン

Author:のんチャン
某水色サッカーチームサポで、元重度鉄欠乏性貧血患者
2010年3月乳がんの手術。現在普通に生活。
乳がん「備忘録」兼サッカーやお料理などを気ままに不定期更新。
本業は、密かに「地域密着系スポーツ・マーケティングプランナー」を目指す、売れないマーケティングプランナー
母屋ブログはこちら↓
http://blog.goo.ne.jp/happy-kernel-0297

乳がんと闘うみなさまへ
「患者力を高める5のポイント」
1.不安や疑問があった時は、再予約をしても聞くようにする
2.大切な面談(検査結果を聞くような時)は、家族や友人と一緒に聞く
  もし、一人で行く場合は、レコーダーなどに録音をする
3.聞きたいコトは、5つ程度のポイントにまとめ、メモにし診察時に見せるようにする
4.自分の希望や考えを伝える
5.医師の目を見て話す
  もし、目を背けるような担当医であれば、「○○先生」と呼びかてでも自分に向かせる
 
以前出席させていただいた「J&J・乳がんメディア&ブロガーセミナー」で、医療ジャーナリストさんがお話されたコトです。
是非、参考にしてください。
そして「がんサバイバー」を目指しましょう。

乳がんについて詳しく知りたい方へ
日本乳癌学会のサイト内に、一般向けサイトがあります。
リンクを貼りましたので、そちらからアクセスをして下さい。
乳がん?と思ったら、必ず専門医に相談をして下さいね。
そのための参考サイトです。

「質の高い乳がん検診」を受けるため、NPO法人日本乳がん検診精度管理機構認定の施設、マンモグラフィ読影医師、そしてマンモグラフィ放射線技師のいるリストを参考にしてください。
「施設・読影医師・放射線技師」の3条件が揃うことが、重要です。
それぞれのリストをリンクしました。ぜひ参考にしてください。


国立がんセンター精神腫瘍学グループでは、患者さん向け「質問促進パンフレット」等を用意しています。
下記リンクよりアクセスをお願いします。
PDFファイルですが、是非、重要な面談の時の質問などにご活用ください。

名古屋のがん拠点病院で「傾聴会」を開催している、NPO法人ミーネット。
乳がんに限らず、がんについて不安なことがあれば気軽にご相談下さい。
また、市民向け公開講座なども開催しています。
下のリンクよりスケジュール等、ご確認下さい。

乳がんと子宮体がん経験者の桃杏さんが、乳がん患者さん向けの傾聴会を東京で始められました。
Pink&Paechさんのリンク内のブログから、お問い合わせ下さい。

ブログ内検索

最近の記事

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。