さらな日記 

某水色サッカーチームを偏愛する、元気過ぎる乳がん患者。乳がんサバイバーを目指す、乳がん「備忘録」兼徒然日記 「さらな」とは、サンスクリット語の「安らぎ・癒し」と言う意味

ピンクリボンフェスティバル シンポジウムin名古屋-2-

昨日からの引き続きです。
第二部は、タレントで乳がん経験者の泉アキさんの「トークショー」。
持ち時間は20分、と言う「ショート・トークショー」。
やはり、泉さんは話慣れていらっしゃるのでしょうね。
面白可笑しく、ユーモアを交えてご自分の生い立ちや乳がんになった時のこと、そして乳がんから学んだコトなどを上手に話して下さいました。
泉さんのユーモア溢れるお話を、私のつたない文章では伝えきれないので割愛をさせて頂きます。
ただ、泉さんは「乳がんという病気が、自分の幸せに気づかせてくれた。笑顔でいることが、人をしあわせにする」と言うコトを、何度もお話をされていました。

もう一つは、乳がん経験者だけでは無く会場にきている方は、是非お友達や親戚の方に「がん検診に行ってね」という一声運動をして欲しい、と言うお話もされていました。
確かに「検診に行ってね」という言葉をかけるコトが、受診率を上げる方法かも知れませんね。
私も、知り合いの40代の女性には「乳がん検診に行ってね!」と、声かけをする様にはしているんですが・・・行って下さる方も入れば「がんと言われるのが怖いから、行かない・・・」と言う方もいらっしゃいます。
逆に「乳がん検診を勧める=私は乳がん経験者」と言っている様なモノなので、抵抗感がある方もいらっしゃると思います。

その後、「乳がん看護認定看護師」の酒井裕美さんと岩田先生、渡辺先生、泉アキさんの4人を交えての参加者からのQ&Aコーナーへ。
「乳がん看護認定看護師」というのは、「乳がん患者さんや患者家族の悩み相談などを聞いてくれる専門の看護師」さん。
5年に1回の更新があり、酒井さんはその一期生だそうです。

質問総てをUpするコトはできませんが・・・その中からいくつかを。
「抗がん剤の副作用で嘔吐などが辛い」
以前に比べ、抗がん剤による嘔吐という辛さは減ってきているはず。
以前は、嘔吐による副作用が一番辛いと言われていたが、今は脱毛のほうが辛い、と言う方のほうが多い。
「術後のリハビリなどで、心が折れそう」
乳がん看護認定看護師の酒井さんからは・・・
「いきなり腕を伸ばす」のでは無く、「痛気持ちいい」くらいのトコロから少しずつ始める。
「痛いから」と動かさないでいると、本当に動かなくなってしまう。
「検診について」
1年に何回も検診をすれば、乳がんが早期発見できる訳では無い。
厚生労働省で定めている「40歳以上であれば2年に1回」で十分。
自己検診月に1回、自分の決めた日に行うコトで十分。
でも、自己検診ができていない人が多い(渡辺先生談)。
本当は、高校くらいで「がん教室」のような、「がん」について学ぶ授業が必要かも知れない。
特に、女性特有のがんである「子宮頸がん」と「乳がん」については。
その時にキチンと「自己検診の仕方」を学べば、正しい自己検診ができる女性が増えるのでは?
企業などで行っている「定期健康診断」の時などでも、年齢関係なく受診者を対象に行うコトでこの問題は多少解決できると思うんだけどな~。
「化学療法中、爪などがもろくなったり黒ずんだりする」
実はこの質問は、岩田先生からでした。
回答して下さったのは、酒井さん。
爪がもろくなったり、黒ずんだりした場合は「マニキュア」を使ってください
以前は「マニキュアなんて、とんでもない!」と、怒る先生もいらっしゃいましたが、今は大丈夫です。
むしろ、マニキュアなどで爪を保護すると、爪が割れたりして雑菌が入るコトを予防するコトにもなります。

この2部と1部の間に、名古屋大学医学部付属病院の小児科の先生から、お願いがありました。
それは、現在、名古屋大学医学部付属病院内に建設を予定している、「マクドナルドハウス」について。
ご存じの方もいらっしゃると思いますが、小児科に入院をしているお子さんは、名古屋市内および近郊の患者さんばかりではありません。
と言うのも、長期間に渡る治療が必要な病気が多く、治療できる病院の数も、病院内に学校(多くは近くの小学校などの分校)を持っている病院も限られている。
半年以上の入院生活を余儀なくされるお子さんも多く、ご家族の負担も大きい。
その様な問題を解決できる様に、とマクドナルドが行っている社会貢献のひとつが「マクドナルドハウス」と呼ばれる、患者家族向けの病院近くの「宿泊施設」
現在日本では8カ所に「マクドナルドハウス」があり、名古屋は9番目。
保健学科の学生を中心に、現在募金活動を展開中。
そのお願いでした。
詳細は「マクドナルドハウスなごや・おうちプロジェクト」

シンポジウムの締めの挨拶は、岩田先生。
岩田先生からは、治験のお願いがありました。
山中先生の「iPS細胞」のような基礎研究は、世界でもトップレベル。
応用についても、決して海外に遅れを取っているわけではありません。
ただ、治験になると参加者が少なく承認されるまでに、時間が掛かってしまう。
積極的に治験に参加して欲しい、と言うお願いでした。
私などは、スパルタな主治医にも「治験OKですよ~」と、話してあります(忘れているかも知れないけど)。
この前「あなたの今の状態での治験は無い」と言われたけど・・・。
治療開始の頃から、積極的に医療者側も治験参加を呼びかけたり、私のような治験OK患者のリストとデータベース化を地域単位で行えば、もっとスムーズになるんじゃないかな?

書きもらしたコトもあると思うけど・・・一応「ピンクリボンフェスティバルシンポジウムin名古屋」のレポートは終了!(とさせて頂きます)
スポンサーサイト

*Comment

まさにそのタイプでした! 

乳がん検診を勧められても「がんと言われるのが怖いから、行かないっ!」
まさに、私はそのタイプでした。
若い時に、乳腺の良性腫瘍での手術経験あり。と言う、
ハイリスクグループに属しているがために、余計に
怖さ100倍でした。

会社の健康診断のエコーで引っかかり、ドキドキしながらMRI
検査を受けたのがちょうど1年前。
今年の検診でも、無事に(?)経過観察の結果を受け取りました。

今までは「見ないで済むなら見たくない」の乳がん検診でしたが
これからは「安心して1年過ごせるための」乳がん検診でいたいな~
と思っています。
  • posted by chikoやん 
  • URL 
  • 2012.10/16 18:27分 
  • [Edit]

No title 

こんにちはm(_ _)m
>化学療法中、爪などがもろくなったり黒ずんだりする
そんな事があるんですね(!3!)
マニキュア(!3!)
色つきだと診断しにくい気がするのですが・・・?
どうなんでしょうか(?3?)
  • posted by 夢勇(ユメイサミ) 
  • URL 
  • 2012.10/16 20:04分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

のんチャン

Author:のんチャン
某水色サッカーチームサポで、元重度鉄欠乏性貧血患者
2010年3月乳がんの手術。現在普通に生活。
乳がん「備忘録」兼サッカーやお料理などを気ままに不定期更新。
本業は、密かに「地域密着系スポーツ・マーケティングプランナー」を目指す、売れないマーケティングプランナー
母屋ブログはこちら↓
http://blog.goo.ne.jp/happy-kernel-0297

乳がんと闘うみなさまへ
「患者力を高める5のポイント」
1.不安や疑問があった時は、再予約をしても聞くようにする
2.大切な面談(検査結果を聞くような時)は、家族や友人と一緒に聞く
  もし、一人で行く場合は、レコーダーなどに録音をする
3.聞きたいコトは、5つ程度のポイントにまとめ、メモにし診察時に見せるようにする
4.自分の希望や考えを伝える
5.医師の目を見て話す
  もし、目を背けるような担当医であれば、「○○先生」と呼びかてでも自分に向かせる
 
以前出席させていただいた「J&J・乳がんメディア&ブロガーセミナー」で、医療ジャーナリストさんがお話されたコトです。
是非、参考にしてください。
そして「がんサバイバー」を目指しましょう。

乳がんについて詳しく知りたい方へ
日本乳癌学会のサイト内に、一般向けサイトがあります。
リンクを貼りましたので、そちらからアクセスをして下さい。
乳がん?と思ったら、必ず専門医に相談をして下さいね。
そのための参考サイトです。

「質の高い乳がん検診」を受けるため、NPO法人日本乳がん検診精度管理機構認定の施設、マンモグラフィ読影医師、そしてマンモグラフィ放射線技師のいるリストを参考にしてください。
「施設・読影医師・放射線技師」の3条件が揃うことが、重要です。
それぞれのリストをリンクしました。ぜひ参考にしてください。


国立がんセンター精神腫瘍学グループでは、患者さん向け「質問促進パンフレット」等を用意しています。
下記リンクよりアクセスをお願いします。
PDFファイルですが、是非、重要な面談の時の質問などにご活用ください。

名古屋のがん拠点病院で「傾聴会」を開催している、NPO法人ミーネット。
乳がんに限らず、がんについて不安なことがあれば気軽にご相談下さい。
また、市民向け公開講座なども開催しています。
下のリンクよりスケジュール等、ご確認下さい。

乳がんと子宮体がん経験者の桃杏さんが、乳がん患者さん向けの傾聴会を東京で始められました。
Pink&Paechさんのリンク内のブログから、お問い合わせ下さい。

ブログ内検索

最近の記事

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム