さらな日記 

某水色サッカーチームを偏愛する、元気過ぎる乳がん患者。乳がんサバイバーを目指す、乳がん「備忘録」兼徒然日記 「さらな」とは、サンスクリット語の「安らぎ・癒し」と言う意味

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悩ましい問題

先日、新聞社のWEBサイトを見ていたら、「自己幹細胞による乳房再建」という記事があった。
鳥取大学医学部リリース「自己皮下脂肪組織由来細胞移植」臨床

多分、九州にある医科大学でも同様の研究がされていたと思う。
「皮下脂肪組織由来細胞移植」だったかどうかは覚えていないのだが、「自己脂肪幹細胞」による部分切除術後の乳房再建が対象になっていたと記憶している。
リリースを読む限りでは、「皮下脂肪組織由来の細胞移植」というのが、初めてのようだ。
「部分切除術」というのは、一般的に「乳房温存術」と呼ばれている、乳がんの手術法。
全摘手術とは違い、自分の乳房が残るので喪失感などが無いため、日本の女性乳がん患者の内6割以上が乳房温存の手術を受けている(と、思った)。
私の場合も、乳房温存。

再三拙ブログで書いているが、私と同じ「0期・非浸潤癌」であっても、乳房全体に癌が拡がっている場合は、温存ができない。
0期=命に関わる危険度は0
非浸潤癌=乳管内に癌がとどまり、リンパへの転移や他の部位への転移の可能性がほとんど無い、と考えられる状態

乳房内での癌の広がり方は、別の問題。
既に、Ⅰ期以上進んでいても抗がん剤などを手術前に投与し、癌を小さくして温存をする場合もある。

ただ、最近では「温存をしても、乳房のカタチが変わるなら、全摘をして再建をした方が良い」と考える女性も増えてきていて、欧米では、全摘後再建を希望すると言う患者さんのほうが多くなりつつある、と言われている。

で、私の場合だが・・・。
先月の経過検診の時、スパルタな主治医が「やっぱり、手術したトコロは凹んじゃったね・・・」と、言われ、私自身はそれなりに凹んだ。
お風呂で体を洗う度に「凹んだ手術痕」を見ながら「(手術)痛かったね。よく我慢したね」と、体に問いかけても、凹んでしまったトコロが元に戻る訳では無い。
それが判っていても、ショックだったコトにはかわりない。
そんな時に、このニュースが飛び込んできたのだ。
まして、臨床をするのが実家のある鳥取大学・医学部。

鳥取大学医学部は、鳥取市では無く私の実家のある米子(「よなご」と読みます)にある。
母がくも膜下出血で倒れ、救急搬送されたのも鳥取医大。
父が前立腺肥大で、入院したのも鳥取医大。
米子に有る総合病院で一番の病院=鳥取医大なんです。
リリースを読むと、術後定期的に検診に通えるコト、などの条件があるけど、私にとっては実家に帰る回数が増える程度のこと。
できれば、凹んだトコロが元に近いカタチになれば嬉しい!
と言うのは、本音としてある。

しかし、一方では私の場合切除した大きさが「左乳房全体の1/6」。
私にとっては、十分過ぎる位大きな切除だと思っていたら、先日他の乳がん患者さんと話をしていたら「1/6って、小さかったんですね」と、言われてしまった。
乳房温存の場合、患者さんの乳房の大きさにもよるが「最大1/4までが切除できる」と言われている。
もちろん、可愛らしサイズの方の1/4と大きな方の1/4とでは、温存する意味が違ってくると思うが、ガイドラインとしては、その様になっているようだ。

臨床対象者は僅か5名。
そう考えると、私の場合確かに凹んでいるが、私よりも大きく切除された方が優先されるべき臨床かも知れない、と思ったりしている。
何より、私よりも若い40代の女性に臨床参加して貰う方が、有意義かも知れない。
次回、スパルタな主治医に会うのは11月。
その頃までには、第一回目の臨床対象となる患者さんは決まっているだろう。

そんなコトを、暑い最中考えていたら・・・今日が自分の誕生日だということを忘れそうになっていた。
乳がんの再発・転移が見つかり易いのが、2~3年目なので、今年1年、乳がんが見つからなければ、一応ひとつ目のハードルは超えたコトになる。
何とか、今日まで何事もなく過ごせたコトに、感謝
昨年の様な誕生日の落ち込みが無いコトにも、自分の心と体に感謝しなくては!
もちろん、拙ブログに来て下さる方々にも、深く感謝しています。

スポンサーサイト

*Comment

No title 

こんばんは!のんチャンさん今日が誕生日だったんですね!おめでとうございます!

自分と1日違いです!
自分も完全に忘れかけてました!

今年1年だけでなく今後も再発・転移が見つからないこと祈ってます!
  • posted by 大田市観光協会 
  • URL 
  • 2012.07/30 00:06分 
  • [Edit]

ありがとうございます。そしておめでとうございます。 

> こんばんは!のんチャンさん今日が誕生日だったんですね!おめでとうございます!
ありがとうございます。

> 自分と1日違いです!
> 自分も完全に忘れかけてました!
大田市観光協会さんは、今日がお誕生日ですか?
おめでとうございます。
充実した1年となるコトを!

> 今年1年だけでなく今後も再発・転移が見つからないこと祈ってます!
ご心配頂き、ありがとうございます。
本当に、再発・転移しないコトばかりは、祈る様な気持ちですね。
手術をした側だけでは無く、反対側にも新しい乳がんができないコト。
コレが重要なんですよね。
  • posted by のんチャン 
  • URL 
  • 2012.07/30 05:30分 
  • [Edit]

おめでとうございます 

のんチャンさん、お誕生日おめでとうございます。
誕生日はいつまでたっても少し嬉しいですよね。
心も身体も元気で迎えられるというのは、一番すてきな事だと思います。
鳥取大の再建方法はセルポートクリニックと同じ方法なんでしょうかね?
私の再建方法も3年も経てば古い術式となって、「前はお腹を切っていたんだよー」なんてなるのかな?と思います。
のんチャンさんがエントリーして選ばれたら、詳しい話が聞けそうなのにな・・・。
  • posted by あめたい 
  • URL 
  • 2012.07/30 11:24分 
  • [Edit]

ありがとうございます。 

あめたいさん、コメントいつもありがとうございます。
そして、誕生日のメッセージも頂き、重ねてありがとうございます。

> 心も身体も元気で迎えられるというのは、一番すてきな事だと思います。
去年は、何故か落ち込んだ誕生日でした。
今年は、普段と全く変わらずで・・・(苦笑)。
誕生日を迎えたと言うよりも、感謝するコトが多かったコトに、重ねて感謝した次第です。

> 鳥取大の再建方法はセルポートクリニックと同じ方法なんでしょうかね?
> 私の再建方法も3年も経てば古い術式となって、「前はお腹を切っていたんだよー」なんてなるのかな?と思います。
セルポートクリニックという方法を知らないので(恥)、同じなのかは判らないのですが・・・。
リリースのある図を見ると、腹部の皮下組織細胞から培養して、移植すると言う感じの様です。
本当は、お腹や背中の脂肪を切って移植する、と言う現在の方法では無く、事前に自分の細胞を培養しておいて、それを移植すると言う方が良いと思いますね。
摘出手術と再建手術で2回も体にメスを入れると言うのは、辛いと思います、

> のんチャンさんがエントリーして選ばれたら、詳しい話が聞けそうなのにな・・・。
そこが、悩ましいトコロなんです。
私としては実家がある病院での臨床ですから、受けてみたい!と言う気持ちも有るんです。
でもスパルタな主治医にも相談すべきだと思うし、私よりも若い患者さんが優先されるべきでは?と、思うトコロもあって、いろいろ考えてしまいます。
エントリーだけなら、しておこうか!と言う気もしますけどね(笑)

  • posted by のんチャン 
  • URL 
  • 2012.07/30 19:36分 
  • [Edit]

No title 

のんチャンさんお誕生日おめでとうございます!!

近かったら ケーキでも作ってお祝いしたのに!!!!

こうして出会えたことに感謝です!!

素敵なお歳になりますように!!

笑顔あふれるお歳でありますように!!
  • posted by よっちママ 
  • URL 
  • 2012.07/31 07:50分 
  • [Edit]

おめでとうございます♪ 

お誕生日おめでとうございますv-25
ふふふ、私も自分の誕生日、忘れがちです(笑)というか私の場合は、歳をとりたくないので~v-12

お体を大切になさってくださいね、そして○○歳が楽しい一年でありますようにv-22
  • posted by ベスパ・M 
  • URL 
  • 2012.07/31 13:08分 
  • [Edit]

ご近所だったら・・・・ 

よっちママさん、コメントとお祝いメッセージ、ありがとうございます。
>
> 近かったら ケーキでも作ってお祝いしたのに!!!!
>
本当に、よっちママさんのブログを拝見する度に「おいしそう~。食べたい!」
と思ってしまいます。
本当にご近所さんだったら・・・残念ですが、お気持ちだけで十分感激です。

> こうして出会えたことに感謝です!!
母屋ブログと離れのこちらでは、違う方と出会うコトができ、実は私の方こそ、
感謝しているんです。
日々、丁寧な暮らしをしていらっしゃる方が多くって・・・尊敬と感謝ばかり。

> 素敵なお歳になりますように!!
>
> 笑顔あふれるお歳でありますように!!

ありがとうございます。
本当に、自分で素敵な年としなくては!と、思っています。
重ねて、ありがとうございました。
  • posted by のんチャン 
  • URL 
  • 2012.07/31 17:40分 
  • [Edit]

ありがとうございます。 

ベスパ・Mさん、メッセージありがとうございます。

> ふふふ、私も自分の誕生日、忘れがちです(笑)というか私の場合は、歳をとりたくないので~v-12
「歳をとりたくない」と言うのは、判ります。

> お体を大切になさってくださいね、そして○○歳が楽しい一年でありますようにv-22
ありがとうございます。
本当に、楽しい良い年に自分でしなくてはいけませんね。

ベスパ・Mさん、重ねてメッセージとコメントありがとうございました。
感謝!!
  • posted by のんチャン 
  • URL 
  • 2012.07/31 19:30分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

のんチャン

Author:のんチャン
某水色サッカーチームサポで、元重度鉄欠乏性貧血患者
2010年3月乳がんの手術。現在普通に生活。
乳がん「備忘録」兼サッカーやお料理などを気ままに不定期更新。
本業は、密かに「地域密着系スポーツ・マーケティングプランナー」を目指す、売れないマーケティングプランナー
母屋ブログはこちら↓
http://blog.goo.ne.jp/happy-kernel-0297

乳がんと闘うみなさまへ
「患者力を高める5のポイント」
1.不安や疑問があった時は、再予約をしても聞くようにする
2.大切な面談(検査結果を聞くような時)は、家族や友人と一緒に聞く
  もし、一人で行く場合は、レコーダーなどに録音をする
3.聞きたいコトは、5つ程度のポイントにまとめ、メモにし診察時に見せるようにする
4.自分の希望や考えを伝える
5.医師の目を見て話す
  もし、目を背けるような担当医であれば、「○○先生」と呼びかてでも自分に向かせる
 
以前出席させていただいた「J&J・乳がんメディア&ブロガーセミナー」で、医療ジャーナリストさんがお話されたコトです。
是非、参考にしてください。
そして「がんサバイバー」を目指しましょう。

乳がんについて詳しく知りたい方へ
日本乳癌学会のサイト内に、一般向けサイトがあります。
リンクを貼りましたので、そちらからアクセスをして下さい。
乳がん?と思ったら、必ず専門医に相談をして下さいね。
そのための参考サイトです。

「質の高い乳がん検診」を受けるため、NPO法人日本乳がん検診精度管理機構認定の施設、マンモグラフィ読影医師、そしてマンモグラフィ放射線技師のいるリストを参考にしてください。
「施設・読影医師・放射線技師」の3条件が揃うことが、重要です。
それぞれのリストをリンクしました。ぜひ参考にしてください。


国立がんセンター精神腫瘍学グループでは、患者さん向け「質問促進パンフレット」等を用意しています。
下記リンクよりアクセスをお願いします。
PDFファイルですが、是非、重要な面談の時の質問などにご活用ください。

名古屋のがん拠点病院で「傾聴会」を開催している、NPO法人ミーネット。
乳がんに限らず、がんについて不安なことがあれば気軽にご相談下さい。
また、市民向け公開講座なども開催しています。
下のリンクよりスケジュール等、ご確認下さい。

乳がんと子宮体がん経験者の桃杏さんが、乳がん患者さん向けの傾聴会を東京で始められました。
Pink&Paechさんのリンク内のブログから、お問い合わせ下さい。

ブログ内検索

最近の記事

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。