さらな日記 

某水色サッカーチームを偏愛する、元気過ぎる乳がん患者。乳がんサバイバーを目指す、乳がん「備忘録」兼徒然日記 「さらな」とは、サンスクリット語の「安らぎ・癒し」と言う意味

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アカデミックなお散歩

今日は、お散歩で行ける某大学の学祭にお出かけ
目的は、市民向け公開講座とラボツアー。
公開講座の内容は「この夏の電力事情と節電について」。
電力事情と言っても、原発が動かない分老朽化した火力発電所をフル稼働させ、何とかこの夏を凌ごう!と言うコトくらいは知っているけど、本当のトコロどうなの?と言う疑問も有ったり、本当に電力需要の予測って、当たるの?と言う疑いも有ったり・・・。

現在言われている「電力不足の懸念」となっているデータは、連日猛暑・酷暑+9月末まで熱帯夜が続いた様な記憶が有る、2010年のデータから試算したものだそう。
と言うコトは・・・2010年の様な猛暑・酷暑にならなければ、電力事情も少しは変わる、と言うコト?と言う疑問が。

それよりももっと問題なのは、火力発電所で必要とされている原油などが、中東情勢で「ホルムズ海峡が封鎖」されるほうが、問題だというお話。
確かに、日本の原油は中東頼みですし、その輸送経路には「ホルムズ海峡」がありますからね。
その「ホルムズ海峡」が封鎖されたら、火力発電所で使う原油どころかガソリンも日本には来ません。
こうなると、単に「エネルギーの問題」ではなく、国際情勢と経済に関わる問題ですよね。

それだけでは無くって、今年は「オーロラの当たりの年」とも言われているコトも、今年の電力事情には大きな影響が有る、と言うお話も有りました。
オーロラって、「太陽風」と呼ばれるプラズマと地球の磁場によって引き起こされる発光現象なのですが、そのオーロラを作る素となる「太陽風」が直流で、その直流電力がどこか一つの発電所に落ちる(飛んでくる?)と、送電ができなくなってしまう様なダメージを受けるらしい(良く理解できてない
その太陽風を出している、太陽の動きが例年と違うので今年は「オーロラの当たり年」となる様です。
「オーロラ」を見るには適した年でも、その影響によって発電所などにダメージを与えるコトも考えられると言うお話でした。
と言うコトは・・・電力供給云々以外の問題が、実はたくさんあって「電力があって当然」では無い、と言うコトらしい。

このお話は、ある意味「目から鱗」でした。
「ホルムズ海峡封鎖」云々は、ニュースなどで分かるコトですが「太陽風」となると、全く知らない世界!
まさか!太陽が電力と関係しているなんて!!!という感じ。

で、肝心の「節電」についてですが・・・。
「無理をしない=賢い節電」というお話でした。
例えば、今回電力需要予測の基となっている2010年の場合、7月~9月末までの日数(91日間)の内20日~30日が、現在の停電の可能性が有る電力消費があった日数。
「毎日、無理な節電をする必要は無い」と言うコト。
同様に、1日の内でも電力をたくさん使う時間と余り使わない時間があり、その時間差を上手に使うとか、ピーク時に電力を多く使うモノの使用を控える、と言った対策で十分できる、と言うお話でした。
でもね~、夏休み・お盆休み中が一番電力を使う時期で、その時期は昼間自宅で過ごすコトが多いため、必然的に消費電力が大きいエアコンを使いがちなんですよね。
となると・・・避暑に出かけるのが一番!と言うコト?
我が家にはエアコンが無いので、余り関係ありませんが
それに、お盆の頃は実家に帰省中。
多分、名古屋よりも涼しいトコロにいるはず。

スポンサーサイト

*Comment

No title 

いつもありがとうございます!

原発ですが5月15日の会議では、原発なしで停電させないといった関電から出て、具体策や数値目標も出ていたのが、29日の会議にはどこから圧力がかかったのか(多分、野田や原子力村、経済界らしいですが)削除されて、翌日には、野田がゴーサインを出すと宣言したようですね!

といいながら、自分も冬は暖房器具ほとんど使わず、布団にくるまっているのですが、夏はエアコンなしでは生きられないので、夏の節電は努力します!としか言いようがないです・・・。

今年の夏はぜひ大田市にお立ち寄りください!(あくまで時間の都合がつけばですので、ご負担に思わないでくださいね!)
  • posted by 大田市観光協会 
  • URL 
  • 2012.06/10 23:10分 
  • [Edit]

こちらこそ、いつもありがとうございます 

こちらこそ、いつもコメントを頂きありがとうございます。

> 原発ですが5月15日の会議では、原発なしで停電させないといった関電から出て、具体策や数値目標も出ていたのが、29日の会議にはどこから圧力がかかったのか(多分、野田や原子力村、経済界らしいですが)削除されて、翌日には、野田がゴーサインを出すと宣言したようですね!
当初出てきた数字も「本当に?」という感じでしたからね。
確かに、今の生活は膨大な電力を必要とする生活ですが、個人の節電意識と産業界の偉い人の意識は随分かけ離れているような気がしますね。
産業界としては「原発稼働大賛成=生産ラインが止まらない」というコトなのでしょうけど、パナソニックを始めとする家電業界は赤字決算ですからね~。
下手に生産ラインを稼働させるほうが、大変じゃないか?と言う気もします。
家電業界の不振は、そこでは無いトコロに問題が有ると考えていますけどね(本業的には)。

> といいながら、自分も冬は暖房器具ほとんど使わず、布団にくるまっているのですが、夏はエアコンなしでは生きられないので、夏の節電は努力します!としか言いようがないです・・・。
昨日の公開講座では「賢い節電がたいせつ」と言うお話でした。
無理な節電で体調を崩すより、ピークシフトやピークカットの工夫が大切なんだそうです。

> 今年の夏はぜひ大田市にお立ち寄りください!(あくまで時間の都合がつけばですので、ご負担に思わないでくださいね!)
本当に、一度伺いたいな~と思っています。
  • posted by のんチャン 
  • URL 
  • 2012.06/11 21:10分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

のんチャン

Author:のんチャン
某水色サッカーチームサポで、元重度鉄欠乏性貧血患者
2010年3月乳がんの手術。現在普通に生活。
乳がん「備忘録」兼サッカーやお料理などを気ままに不定期更新。
本業は、密かに「地域密着系スポーツ・マーケティングプランナー」を目指す、売れないマーケティングプランナー
母屋ブログはこちら↓
http://blog.goo.ne.jp/happy-kernel-0297

乳がんと闘うみなさまへ
「患者力を高める5のポイント」
1.不安や疑問があった時は、再予約をしても聞くようにする
2.大切な面談(検査結果を聞くような時)は、家族や友人と一緒に聞く
  もし、一人で行く場合は、レコーダーなどに録音をする
3.聞きたいコトは、5つ程度のポイントにまとめ、メモにし診察時に見せるようにする
4.自分の希望や考えを伝える
5.医師の目を見て話す
  もし、目を背けるような担当医であれば、「○○先生」と呼びかてでも自分に向かせる
 
以前出席させていただいた「J&J・乳がんメディア&ブロガーセミナー」で、医療ジャーナリストさんがお話されたコトです。
是非、参考にしてください。
そして「がんサバイバー」を目指しましょう。

乳がんについて詳しく知りたい方へ
日本乳癌学会のサイト内に、一般向けサイトがあります。
リンクを貼りましたので、そちらからアクセスをして下さい。
乳がん?と思ったら、必ず専門医に相談をして下さいね。
そのための参考サイトです。

「質の高い乳がん検診」を受けるため、NPO法人日本乳がん検診精度管理機構認定の施設、マンモグラフィ読影医師、そしてマンモグラフィ放射線技師のいるリストを参考にしてください。
「施設・読影医師・放射線技師」の3条件が揃うことが、重要です。
それぞれのリストをリンクしました。ぜひ参考にしてください。


国立がんセンター精神腫瘍学グループでは、患者さん向け「質問促進パンフレット」等を用意しています。
下記リンクよりアクセスをお願いします。
PDFファイルですが、是非、重要な面談の時の質問などにご活用ください。

名古屋のがん拠点病院で「傾聴会」を開催している、NPO法人ミーネット。
乳がんに限らず、がんについて不安なことがあれば気軽にご相談下さい。
また、市民向け公開講座なども開催しています。
下のリンクよりスケジュール等、ご確認下さい。

乳がんと子宮体がん経験者の桃杏さんが、乳がん患者さん向けの傾聴会を東京で始められました。
Pink&Paechさんのリンク内のブログから、お問い合わせ下さい。

ブログ内検索

最近の記事

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。