さらな日記 

某水色サッカーチームを偏愛する、元気過ぎる乳がん患者。乳がんサバイバーを目指す、乳がん「備忘録」兼徒然日記 「さらな」とは、サンスクリット語の「安らぎ・癒し」と言う意味

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • TB(-) |
  • CO(-) 
  • [Edit

乳がん1dayフォーラム

今日、私が入会をしている「ピアサポーター」の会が主催した、乳がんの講演会に行ってきた。
講演は、愛知県がんセンターの岩田広治先生の「乳がんと治療について」と乳がん患者で現在ピアサポーターとして活躍をされている方が、お話をされた。

その前に・・・「ピアサポーター」というコトバに、馴染みが無いと思う。
「ピアサポーター」というのは、ある病気に罹った患者さんがその経験・体験を基に、他の患者さんに治療以外のアドバイスをしたり、話を聞いたりする人のこと。
癌患者さんのピアサポーター組織というのは全国的にも余りなく、これから全国に拡がっていく活動。
その先駆けの一つが、私が入会している会なんです。
その会が「ピアサポーター養成講座」を開催していて、その研修も兼ねての講演会でした。

第1部の岩田広治先生のお話を中心に、Upしていきます。
今回も、岩田先生のお話の中には乳がん治療情報が満載!
これまで、私が見落としていたことや、勘違いをしていたコトもたくさんありました()。
そのおさらいも兼ねてのUpです。
1.がんができる理由
  がんは遺伝子の異常でおこる。その異常を起こさせる要因は・・・。
  肺がん⇒タバコ、咽頭がん・食道がん⇒飲酒・タバコ、肝臓がん⇒C型肝炎ウィルス、子宮頸がん⇒パピローマ-ウィルス
  要因が分かっているがんもありますが、乳がんの場合はハッキリとした要因がありません。
  いくつかの危険因子が重なりあって、異常を起こさせると考えられている。

  家族性乳がんの場合は「BRCA1もしくは2の異常」によって起きる、と言うコトが分かっている。
  しかし、両親から受け継いだ2つの遺伝子の内、一つに異常があっても乳がんを発症する訳では無く、2つの遺伝子に異常があって、初めて乳がんが発症する。
  参考資料:「乳がんと遺伝について」小冊子(ファルコバイオシステムズ社HPより 注意:PDFファイル)監修:昭和大学医学部 乳腺外科部長 中村清吾先生

2.乳がんについて
  以前言われていた様な「痛みのあるしこりは、乳がんでは無い」ということは、言えなくなってきた。
  乳がんそのものは、実に多様性があり1ヶ月で2倍にまで増殖する様なタイプもある。
  また、乳がんの分類もいろいろあるので、その点を十分理解する必要がある。
  ステージ
  ステージ=命に関わる危険度
  がんの進行状況を現すコトバとして「ステージ」というコトバが使われる。
  しかし、「ステージ0または1であっても、全摘手術をしなくてはならない場合もある」
  この場合、「命に関わる危険度は0または1だが、がんが乳房全体に拡がっている場合は、総てのがんを取り切ってしまうために全摘しなくては『がんの治療にはならない』」
 
  サブタイプ
  乳がんの持っている「性格(「顔つき」という場合もあり)」
  LuminalA、B HER2、Basal型の4つのタイプがある。
  LuminalA・・・ER(エストロゲン=女性ホルモン)+×HER2-
  LuminalB・・・ER+×HER2+
  HER2・・・・・ER-×HER2+
  Basal型・・・ER-×HER2-(一般的には『トリプルネガティブ』と呼ばれている)
  これらのタイプのことを「サブタイプ」と呼び、治療の順序や治療薬が決まってくる。
  LuminalA、Bは、エストロゲン(=女性ホルモン)に対して反応があるので、ホルモン治療が優先。
  HER2は、がんの周囲にHER2と呼ばれるタンパク質の発現があり、分子標的薬「ハーセプチン」が治療薬として使われる。
  Basal型(=「トリプルネガティブ」)は、女性ホルモンであるエストロゲンにもHER2タンパクにも反応が無いため、抗がん剤の治療となる。
  この中で一番優しい性格(?)なのはLuminalAタイプ。

男性にも乳がんに罹るのか?・・・答えは「YES!」
100人に1人の割合(今現在は300人に1人程度かも知れないが)で、乳がんに罹患する男性がいる。
男性の場合、殆どがホルモン受容性タイプ。
もちろん、男性であってもマンモグラフィの撮影は可能(何でも、愛知県がんセンターには岩田先生のマンモグラフィで撮影された乳房レントゲンがあるそうです!)

3.治療のステップ
  視・触診、マンモグラフィ、超音波、細胞診、組織診⇒質的診断
       ↓
  乳房MRI・乳房CT⇒乳がんや石灰化の広がりを診断
  
   を経て根治手術となる術式の決定がされる

チョットお話の内容が濃いので、次回へ続く

  
スポンサーサイト

Comment[この記事へのコメント]

No title 

こんにちはm(_ _)m
男性の場合胸囲とか関係有るのかとても
気になります(@3@)
男性も大きく分けて恐らく三種類あると考えられます(^^)
①平べったい人、②ムキムキな人、③力士みたいな...人
こうして並べると①はもしかしてならないのではないかと
勝手に思ってしまいます(?m?)

  • 夢勇(ユメイサミ) 
  • URL 
  • at 2012.05.27 20:36 
  • [編集]

実は、余り関係が無い様です。 

こんばんは、夢勇さん

> 男性の場合胸囲とか関係有るのかとても
> 気になります(@3@)
> 男性も大きく分けて恐らく三種類あると考えられます(^^)
> ①平べったい人、②ムキムキな人、③力士みたいな...人
> こうして並べると①はもしかしてならないのではないかと
> 勝手に思ってしまいます(?m?)

実は、余り関係が無いようです。
チョット古い記事になりますが、ロイター電で↓の様な記事がありました。
http://jp.reuters.com/article/entertainmentNews/idJPJAPAN-12073420091022
夢勇さんが生まれるズ~と前に活躍した、アメリカのヘビメタバンド「キッス」
のピーター・クリスが、乳がんになり手術をした、と言う内容です。
ピーターは、決してムキムキでも力士のような体型でも無く、どちらかというと
スリムな体型(加齢による体型変化はありますが)。
なので、胸のカタチ云々は余り関係ないようですよ。
  • のんチャン 
  • URL 
  • at 2012.05.27 21:11 
  • [編集]

No title 

こんにちはm(_ _)m
返信ありがとうございます(^0^)
なるほど!関係ないのですね(!m!)
ちなみに現在②から③にならないように維持するのが
大変です(;m;)
  • 夢勇(ユメイサミ) 
  • URL 
  • at 2012.05.28 21:39 
  • [編集]

Re: No title 

こんばんは、夢勇さん
> 返信ありがとうございます(^0^)
> なるほど!関係ないのですね(!m!)
> ちなみに現在②から③にならないように維持するのが
> 大変です(;m;)

私は、お腹の段々畑化阻止が大変です(笑)。
  • のんチャン 
  • URL 
  • at 2012.05.28 21:46 
  • [編集]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

のんチャン

Author:のんチャン
某水色サッカーチームサポで、元重度鉄欠乏性貧血患者
2010年3月乳がんの手術。現在普通に生活。
乳がん「備忘録」兼サッカーやお料理などを気ままに不定期更新。
本業は、密かに「地域密着系スポーツ・マーケティングプランナー」を目指す、売れないマーケティングプランナー
母屋ブログはこちら↓
http://blog.goo.ne.jp/happy-kernel-0297

乳がんと闘うみなさまへ
「患者力を高める5のポイント」
1.不安や疑問があった時は、再予約をしても聞くようにする
2.大切な面談(検査結果を聞くような時)は、家族や友人と一緒に聞く
  もし、一人で行く場合は、レコーダーなどに録音をする
3.聞きたいコトは、5つ程度のポイントにまとめ、メモにし診察時に見せるようにする
4.自分の希望や考えを伝える
5.医師の目を見て話す
  もし、目を背けるような担当医であれば、「○○先生」と呼びかてでも自分に向かせる
 
以前出席させていただいた「J&J・乳がんメディア&ブロガーセミナー」で、医療ジャーナリストさんがお話されたコトです。
是非、参考にしてください。
そして「がんサバイバー」を目指しましょう。

乳がんについて詳しく知りたい方へ
日本乳癌学会のサイト内に、一般向けサイトがあります。
リンクを貼りましたので、そちらからアクセスをして下さい。
乳がん?と思ったら、必ず専門医に相談をして下さいね。
そのための参考サイトです。

「質の高い乳がん検診」を受けるため、NPO法人日本乳がん検診精度管理機構認定の施設、マンモグラフィ読影医師、そしてマンモグラフィ放射線技師のいるリストを参考にしてください。
「施設・読影医師・放射線技師」の3条件が揃うことが、重要です。
それぞれのリストをリンクしました。ぜひ参考にしてください。


国立がんセンター精神腫瘍学グループでは、患者さん向け「質問促進パンフレット」等を用意しています。
下記リンクよりアクセスをお願いします。
PDFファイルですが、是非、重要な面談の時の質問などにご活用ください。

名古屋のがん拠点病院で「傾聴会」を開催している、NPO法人ミーネット。
乳がんに限らず、がんについて不安なことがあれば気軽にご相談下さい。
また、市民向け公開講座なども開催しています。
下のリンクよりスケジュール等、ご確認下さい。

乳がんと子宮体がん経験者の桃杏さんが、乳がん患者さん向けの傾聴会を東京で始められました。
Pink&Paechさんのリンク内のブログから、お問い合わせ下さい。

ブログ内検索

最近の記事

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。