さらな日記 

某水色サッカーチームを偏愛する、元気過ぎる乳がん患者。乳がんサバイバーを目指す、乳がん「備忘録」兼徒然日記 「さらな」とは、サンスクリット語の「安らぎ・癒し」と言う意味

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ことば」と出会う

世間ではGWと言うコトで、お出かけという方も多いと思う。
私は先月実家に帰ったりした関係上、お出かけ資金が
元々お散歩なども、自宅発・自宅着と言うお金をかけずに、楽しいことを見つける!と言うのが、私の楽しみ方。
そこで、今回は家で、ゆっくり本を読んで過ごすことに。

GW前に購入した本を3冊読了。
1冊は拙ブログでも紹介をしたジル・ボルト・テイラー博士の「脳の奇跡」
(新潮社のサイトに飛びます。ページの中程に「テイラー博士の講演会」というインデックスタグがあり、テイラー博士自身の講演がyoutubeで見るコトができます。講演の内容は、脳科学者を志したきっかけと、テイラー博士が脳卒中で倒れた時のことです。とても脳卒中で倒れた人物とは思えない程元気な姿、滑らかでユーモアのあるスピーチを是非ごらんください。当然講演は英語ですが、その雰囲気だけでも感じてください)。
ちなみに私が買った文庫本の帯には「映画化決定!」とあり、どうやら監督:ロン・ハワード、主演:ジュディ・フォスターらしい。

2冊目は、ダライラマ14世の「傷ついた日本人へ」
昨年、高野山大学での講演を基に書かれた内容。
仏教に興味の無い方こそ!読んで欲しい・・・と感じる本。
仏教という切り口ですが、とても科学的視点でお話をされている点で、興味深いと思います。
また、脳科学と仏教哲学という接点についても、おもしろい。

3冊目は全く違う傾向の「傑作!広告コピー516」
仕事上、広告などはチェックするのが当たり前。
その中でもコピーは、個人的に一番気になるトコロ。
本でも取り上げている1980年代~2000年までの日本のコピーは、今のコピーよりも「ことば力」があったと感じている私としては、読みながら「うん、そうだったよね!」と共感する部分も多く、懐かしさ+伝える空気感を楽しめる内容だった。
この中には、仲畑貴志さんとか土屋耕一さんといった、私の大好きなコピーライターさんの作品が掲載されている。
特に土屋さんのコピーは大好き!で、自分の仕事でも度々参考にさせて頂いた。
と言っても、多くの人は「仲畑さんって誰?土屋さんって何者?」という感じかも知れないけど・・・

で、この3冊を読み終えて何となく共通項的なモノを感じた部分があった。
1冊目のテイラー博士と2冊目のダライラマ14世は、「脳科学」という接点があったと言うのは、上述した通りなんですが、コピー文って結構人に勇気を与えることばが多い、と言う点で共通しているな~と、感じた次第。
決して、CMや広告に掲載される商品やサービスをPRする為だけでは無い、と言うコト。
これは仕事の話になってしまうけど、「人の心に伝わるコピーが名コピー」。
だから、脳科学の難しい話も仏教哲学の話でも、人の心に伝わる、ってコトがとても大切なんですね。

その中でもテイラー博士が左脳にダメージを受け、代わりに右脳が全面に出てくる、という経験から「心の庭を耕す」というコトの大切さに気がついた、と言う内容の文が何度か出てくる。
「心の庭」って、表現が素敵だと思いません?
もちろん、翻訳された竹内さんの表現力のすばらしさもありますが。
そして「生きる」というコトの大変さだけでは無く、楽しさというコトも教えてくれた様な気がします。

私からは・・・「命を生き切るから生命なんだ」と。



スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

のんチャン

Author:のんチャン
某水色サッカーチームサポで、元重度鉄欠乏性貧血患者
2010年3月乳がんの手術。現在普通に生活。
乳がん「備忘録」兼サッカーやお料理などを気ままに不定期更新。
本業は、密かに「地域密着系スポーツ・マーケティングプランナー」を目指す、売れないマーケティングプランナー
母屋ブログはこちら↓
http://blog.goo.ne.jp/happy-kernel-0297

乳がんと闘うみなさまへ
「患者力を高める5のポイント」
1.不安や疑問があった時は、再予約をしても聞くようにする
2.大切な面談(検査結果を聞くような時)は、家族や友人と一緒に聞く
  もし、一人で行く場合は、レコーダーなどに録音をする
3.聞きたいコトは、5つ程度のポイントにまとめ、メモにし診察時に見せるようにする
4.自分の希望や考えを伝える
5.医師の目を見て話す
  もし、目を背けるような担当医であれば、「○○先生」と呼びかてでも自分に向かせる
 
以前出席させていただいた「J&J・乳がんメディア&ブロガーセミナー」で、医療ジャーナリストさんがお話されたコトです。
是非、参考にしてください。
そして「がんサバイバー」を目指しましょう。

乳がんについて詳しく知りたい方へ
日本乳癌学会のサイト内に、一般向けサイトがあります。
リンクを貼りましたので、そちらからアクセスをして下さい。
乳がん?と思ったら、必ず専門医に相談をして下さいね。
そのための参考サイトです。

「質の高い乳がん検診」を受けるため、NPO法人日本乳がん検診精度管理機構認定の施設、マンモグラフィ読影医師、そしてマンモグラフィ放射線技師のいるリストを参考にしてください。
「施設・読影医師・放射線技師」の3条件が揃うことが、重要です。
それぞれのリストをリンクしました。ぜひ参考にしてください。


国立がんセンター精神腫瘍学グループでは、患者さん向け「質問促進パンフレット」等を用意しています。
下記リンクよりアクセスをお願いします。
PDFファイルですが、是非、重要な面談の時の質問などにご活用ください。

名古屋のがん拠点病院で「傾聴会」を開催している、NPO法人ミーネット。
乳がんに限らず、がんについて不安なことがあれば気軽にご相談下さい。
また、市民向け公開講座なども開催しています。
下のリンクよりスケジュール等、ご確認下さい。

乳がんと子宮体がん経験者の桃杏さんが、乳がん患者さん向けの傾聴会を東京で始められました。
Pink&Paechさんのリンク内のブログから、お問い合わせ下さい。

ブログ内検索

最近の記事

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。