さらな日記 

某水色サッカーチームを偏愛する、元気過ぎる乳がん患者。乳がんサバイバーを目指す、乳がん「備忘録」兼徒然日記 「さらな」とは、サンスクリット語の「安らぎ・癒し」と言う意味

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メメント・モリ

今日のタイトルを見て、ミスチルのファンの方は「花」を思い浮かべられたかも知れない。
残念ながら、ミスチルの話ではなく「メメント・モリ=死を想え」というラテン語のほう。

「乳がん」という病気になって、「死を想う」というコトが半ば日常になったトコロもある。
でも、先日名古屋大学での「オープンレクチャー」での、「血管再生医療の話」などを聴講すると、実は「癌という病気は、世間で言うほど悲しい病気ではないのかもしれない」、と思う部分もある。
というのも、生活習慣病の一つである「糖尿病」などに比べると、はるかに人らしさが失われにくいような気がしたからだ。
「糖尿病」というと余りにも一般的なので、深刻な病気だと思っていない方も多い。
しかし進行していくと、血液が流れないために起こる細胞の壊死による両足の切断や、失明といったことが起きてしまう。
人にとって当たり前の「歩くこと」や「モノを見ること」が、出来なくなってしまう病気なのだ。
しかも癌と違い、発症年齢は高齢者とは限らない(「子宮頸がん」や「乳がん」など女性の癌以外の平均的罹患年齢は60歳以上)。
最近問題になっている子どもの糖尿病などは、一度罹患すると一生付き合っていかなくてはならない。
毎日のようにインシュリンを計り、食生活の制限をし、場合によっては投薬もほぼ一生という可能性がある。
進行を防ぐために、キチンと守らなければならない約束ごとも多く、場合によってはそれが行動制限となる場合もあるはずだ。
にもかかわらず、「糖尿病」を軽く考えてしまうのは、「死を思う病気ではない」という社会認識があるからだろう。

それに比べ「癌」という病気は、死を思いながらも緩和ケアなどのサポートを受けながら、自分らしさを失うことが少ないといわれている。
多くの場合、自分の意思と行動が制限されるコトは少ないようだ。
であれば、なぜ「糖尿病」よりも「癌」が悲劇的な病気と受け止められるのか?と、考えるとそれはやはり「死を思う病気」だからなのだと思う。

今の日本の社会は「ノーリスク社会」と言われている。
「ノーリスク社会」とは「リスクが無い社会」ではなく、「リスクを見えにくくしている社会」という意味。
その最たるものが、「人の死」というコト。
でも「死」というコトは、それほど悪いことなのだろうか?と、考えてしまうのだ。
というのも「細胞の死」というコトは、毎日起こっていること。
一番身近なところでは「垢」というコトになるのだけれど、実は髪の毛も爪も細胞としては死んでいる状態。
逆に死ぬことが無い細胞が、癌という病気。
そうやって考えると、最近何かと話題になっている「アンチエイジング」の究極のカタチというのが、「がん細胞」というコトになる。
安易な発想の「アンチエイジング」は、単に若さの維持だったりするのだけれど、それってはとても歪な発想、というコトになる。
それに気づかずに、「アンチエイジング=若さの維持」ばかりを追い求めている、今っておかしいはずなんですよね。
大切なことは、若さの維持ではなく健全な年の取り方や健康的な死に方なのでは?

「死を想うこと=メメント・モリ」の発想とは、「如何に自分らしさを大切にした、生き方をするのか?」という実は、とても前向きな考え方のような気がするのだ。
社会生活の中で、「自分らしさ」を追及していけば、社会の中で衝突することも度々とある。
むしろ、衝突しないよう我慢をし、時には自己犠牲を払うことで、上手に社会生活と折り合いをつけている、という場合のほうが多い。
でも・・・少なくとも、思考だけは、自分らしさを忘れたくない、と思うようになったのは、やはり自分が「乳がん」という病気を得てからのこと。

「メメント・モリ」という言葉はラテン語だが、日本にも「死を思い、今日を生きる」という言葉もある。
ただ問題なのは、日本の社会が「癌=死にいたる病気」という思考で、止まってしまっていることなんだと思う。

ちなみにミスチルの「花-メメント・モリ-」は・・・↓
ミスターチルドレン「花」
この曲は、写真家・藤原新也さんの写真集「メメント・モリ」から着想されたそうです。
藤原さんの作品は、駒ヶ根高原美術館の常設展示として見られるそうなので、ご興味のある方は是非・・・。
スポンサーサイト

*Comment

No title 

こんにちはm(_ _)m
メメント・モリ(死を想え)
懐かしいですね(((((;゚Д゚)))))
昔、変なタイトルの本が雑貨屋で売られていたので
何となく購入した本がメメント・モリでした(~_~;)
内容と写真を見て驚きましたけど・・・(;0;)
(鳥葬や火葬・狼に・・・リアルな写真に●█▀█▄)

>「ノーリスク社会」とは「リスクが無い社会」
>ではなく、「リスクを見えにくくしている社会」
>という意味
これは勉強になりますね(^m^)
間違えた意味を覚えておりました(;m;)
  • posted by 夢勇(ユメイサミ) 
  • URL 
  • 2012.04/03 21:06分 
  • [Edit]

その写真集のカメラマンが・・・ 

いつもコメントありがとうございます、夢勇さん。

> メメント・モリ(死を想え)
> 懐かしいですね(((((;゚Д゚)))))
> 昔、変なタイトルの本が雑貨屋で売られていたので
> 何となく購入した本がメメント・モリでした(~_~;)
> 内容と写真を見て驚きましたけど・・・(;0;)
> (鳥葬や火葬・狼に・・・リアルな写真に●█▀█▄)
夢勇さんが購入された写真集のカメラマンが、藤原さん
のものだと思います。
私は実際に見たことは無いのですが、相当強烈な印象
が残る写真集のようですね。

> >「ノーリスク社会」とは「リスクが無い社会」
> >ではなく、「リスクを見えにくくしている社会」
> >という意味
> これは勉強になりますね(^m^)
> 間違えた意味を覚えておりました(;m;)

「ノーリスク社会」という解釈は、2つあって
「リスクが無い社会」という解釈もあるんです。
でも現実問題として「リスクが無い社会」なんて、
あるはずも無く・・・。
そのような現実を踏まえ「リスクを見えにくくしている」
または「リスクを見せなくさせている」と、解釈される
コトのほうが多いようです。
  • posted by のんチャン 
  • URL 
  • 2012.04/03 21:47分 
  • [Edit]

No title 

こんにちはm(_ _)m
>私は実際に見たことは無いのですが、相当強烈な
>印象が残る写真集のようですね。
日本の文化と比較すると(土葬未経験の世代)
本当に強烈です (;゚Д゚)
しかし、プロが撮影した美しい風景にインパクトの
強い傑作写真なので、写真に興味がある方や、
死とは何か最近考えるようになった(学生時代)
教授が絶賛しながら読んでいましたヾ(^m^)
なので、今も***理大学の教授の部屋に本が
眠っております(^3^)←置いて帰った人
  • posted by 夢勇(ユメイサミ) 
  • URL 
  • 2012.04/04 21:49分 
  • [Edit]

そういうことだったのですね 

こんにちは、夢勇さん。

> 日本の文化と比較すると(土葬未経験の世代)
> 本当に強烈です (;゚Д゚)
第二次世界大戦後、ほとんどの自治体では土葬が
禁止されたと思います。
例外的に沖縄と今回の東日本大震災で、多くの方
が亡くなったため、火葬が間に合わず土葬をした
というケースがあるくらいだと・・・。

> しかし、プロが撮影した美しい風景にインパクトの
> 強い傑作写真なので、写真に興味がある方や、
> 死とは何か最近考えるようになった(学生時代)
> 教授が絶賛しながら読んでいましたヾ(^m^)
> なので、今も***理大学の教授の部屋に本が
> 眠っております(^3^)←置いて帰った人

誰しも何度か「死生観」を考えるということですね。
私は高校生の頃、岩波新書の「日本人の死生観(上下)」
を読んだことがあります。
内容は、すっかり忘れましたが・・・(苦笑)。
ただ、その後受験した大学の現国の受験問題に使われて
いて、当時ビックリしました。
  • posted by のんチャン 
  • URL 
  • 2012.04/04 22:18分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

のんチャン

Author:のんチャン
某水色サッカーチームサポで、元重度鉄欠乏性貧血患者
2010年3月乳がんの手術。現在普通に生活。
乳がん「備忘録」兼サッカーやお料理などを気ままに不定期更新。
本業は、密かに「地域密着系スポーツ・マーケティングプランナー」を目指す、売れないマーケティングプランナー
母屋ブログはこちら↓
http://blog.goo.ne.jp/happy-kernel-0297

乳がんと闘うみなさまへ
「患者力を高める5のポイント」
1.不安や疑問があった時は、再予約をしても聞くようにする
2.大切な面談(検査結果を聞くような時)は、家族や友人と一緒に聞く
  もし、一人で行く場合は、レコーダーなどに録音をする
3.聞きたいコトは、5つ程度のポイントにまとめ、メモにし診察時に見せるようにする
4.自分の希望や考えを伝える
5.医師の目を見て話す
  もし、目を背けるような担当医であれば、「○○先生」と呼びかてでも自分に向かせる
 
以前出席させていただいた「J&J・乳がんメディア&ブロガーセミナー」で、医療ジャーナリストさんがお話されたコトです。
是非、参考にしてください。
そして「がんサバイバー」を目指しましょう。

乳がんについて詳しく知りたい方へ
日本乳癌学会のサイト内に、一般向けサイトがあります。
リンクを貼りましたので、そちらからアクセスをして下さい。
乳がん?と思ったら、必ず専門医に相談をして下さいね。
そのための参考サイトです。

「質の高い乳がん検診」を受けるため、NPO法人日本乳がん検診精度管理機構認定の施設、マンモグラフィ読影医師、そしてマンモグラフィ放射線技師のいるリストを参考にしてください。
「施設・読影医師・放射線技師」の3条件が揃うことが、重要です。
それぞれのリストをリンクしました。ぜひ参考にしてください。


国立がんセンター精神腫瘍学グループでは、患者さん向け「質問促進パンフレット」等を用意しています。
下記リンクよりアクセスをお願いします。
PDFファイルですが、是非、重要な面談の時の質問などにご活用ください。

名古屋のがん拠点病院で「傾聴会」を開催している、NPO法人ミーネット。
乳がんに限らず、がんについて不安なことがあれば気軽にご相談下さい。
また、市民向け公開講座なども開催しています。
下のリンクよりスケジュール等、ご確認下さい。

乳がんと子宮体がん経験者の桃杏さんが、乳がん患者さん向けの傾聴会を東京で始められました。
Pink&Paechさんのリンク内のブログから、お問い合わせ下さい。

ブログ内検索

最近の記事

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。