さらな日記 

某水色サッカーチームを偏愛する、元気過ぎる乳がん患者。乳がんサバイバーを目指す、乳がん「備忘録」兼徒然日記 「さらな」とは、サンスクリット語の「安らぎ・癒し」と言う意味

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • TB(-) |
  • CO(-) 
  • [Edit

早春の山陰旅行へ行きませんか!

お邪魔をさせていただく、よっちママさんのブログを読んでいたら「石見銀山 銀の町から」という、島根県大田市の観光協会の方のブログの紹介があった。
実は私、本籍「島根県・出雲市」なんです。
昨年夏、市町村合併をする前までは「島根県簸川郡斐川町」というトコロでした。
そして実家があるのは、「鳥取県米子市」。
でも、父が転勤族だったので高校しか過ごしていません
とは言うものの、このような告知を見ると一瞬でも「郷土愛」のようなモノが生まれ・・・。
全国的に地味な存在の県である「鳥取・島根」の魅力を紹介したい!と、僅かながらに思った次第。
今回は、女性3名のブロガーの方に「鳥取・島根を2泊3日の旅行にご招待+ブログでのレポート」募集というコトのよう。
というコトで、チョコットだけご案内・・・・。

鳥取県
実は、地質の世界遺産と呼ばれる「ナショナルジオパーク」の部門で、登録された美しい海岸があるんです。
「山陰海岸ジオパーク」HP
「鳥取砂丘」だけではありません。
登録エリアは「京都~兵庫~鳥取」という広い範囲。
夏などは、このエリアを電車でゴトゴトと移動しながら楽しむのも一興です。
もちろん、神話「因幡の白兎」の舞台となった「白兎海岸」や「白兎神社」などもあります。
鳥取から電車で揺られ(別にクルマで移動でもOKなんですが)向かうのは「倉吉」。
鳥取~倉吉までのエリアは、温泉が数多くあるので足湯などを楽しむながら移動するのもお勧め。
「倉吉」には、古い町並みが残る情緒のある小さなまち。
ここまで来たなら、行かなきゃ行けない!「ゲゲゲ・鬼太郎ワールド」。
JR境線(通称:鬼太郎電車)に揺られ、終着点境駅から歩いて楽しめます。
私が高校生だったころは、寂れつつある商店街だったのですが、今では観光地として復活!
「鬼太郎神社」にお参りしましょう。
そして・・・「金運Up」を願うのであれば、日野町にある「金持神社(「かもちじんじゃ」と読みます)」へ。
相当田舎の山の中にある神社なので、時間的余裕を持っていってくださいね。

島根県
島根といえば「出雲大社」というイメージでしょうか?
しかし、島根の神社は「出雲大社」だけではありません!
女性であれば、一度は訪れたい「八重垣神社(入り口近くにある大きな椿は、資生堂の「花椿」のモデルとなったモノ)」。
こちらでは、社務所で「占いの紙」を頂き、神社裏手の池で占いを楽しみましょう。
そして松江城近辺を散策。
小泉八雲旧居などを見て歩くのも良いですし、コタツに入りながらのお堀遊覧も楽しいですよ。
実は、松江は和菓子のおいしいところでもあります。
松江温泉駅から一畑電鉄(映画「RAILWAYS49歳で電車の運転手になった男の物語」の舞台となった電車)に乗り、出雲大社へ。
下車した駅のレトロな空間も十分楽しんでください。
当然「出雲大社」におまいりです。
ちなみに、「出雲大社」近くにある「旅館・竹野屋」さんは、竹内まりあさんのご実家です。
出雲まできたら、一気に石見銀山まで行きましょ。
もちろん、この時期は山陰のおいしい海産物(蟹など)も堪能して。
世界遺産に登録されて以降の「石見銀山」は、相当整備もされ歩きやすくなっていると思います。
古い町並みを散策しながら、地元ならではのおいしいものを見つけるのも良いでしょう。
他にも漫画「砂時計」の舞台となった「仁摩サンドミュージアム」で、1年計の砂時計を見るのも良いと思います。

個人的には、山陰本線は海岸沿いを通っているので、変化に富んだ海岸線を見ながら移動するのがお勧め。
ただし、時間がかかるのでレンタカーを利用するのがベストかな?
後、島根県にも温泉がたくさんあって有名なところでは「玉造温泉」。
個人的お勧めは、「三大美人の湯」といわれる「湯の川温泉」。

応募はあさって(2月3日)までのようですので、参考にしてください。
スポンサーサイト

Comment[この記事へのコメント]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  •  
  •  
  • at 2012.02.02 23:44 
  • [編集]

 

近かったら自分が応募したいです^^

ゲゲゲの鬼太郎~~~

あぁ 大好きです^^

今日までですね!!

沢山応募きますように!!

  • よっちママ 
  • URL 
  • at 2012.02.03 12:58 
  • [編集]

鍵コメさん、ありがとうございます 

鍵コメさん、ありがとうございます。
私の場合、父が転勤族だったので「ふるさと」と言う
意識は余り無いと思います。
両親がいるから、実家があるから・・・と言う感じ
でした(苦笑)。

でも、山陰は他の地方にはない「日本古来の文化」が
根強く残っているのが魅力かな?と、最近思うように
なりました。

検査結果を待つのは、まるで受験生の結果待ちのような
気分ですね。
良い結果であるコトを、信じて過ごしています。
  • のんチャン 
  • URL 
  • at 2012.02.03 20:43 
  • [編集]

山陰は遠いですね 

こんばんは、よっちママさん。
コメントありがとうございます。

よっちママさんは、北海道ですものね。
山陰は、遠いですね。
境港の「鬼太郎ロード」は、本当ににぎやか!
高校生の頃よく歩いたところなのですが、すっかり
風景が変わった感があります(笑)。

山陰は地味な地方であるがゆえに、急激な変化があるところではありません。
だから、お子さんの手が離れてからゆっくり来られても、十分楽しめると
思いますよ!
その時には、プランナーをさせてくださいね!
  • のんチャン 
  • URL 
  • at 2012.02.03 20:52 
  • [編集]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

のんチャン

Author:のんチャン
某水色サッカーチームサポで、元重度鉄欠乏性貧血患者
2010年3月乳がんの手術。現在普通に生活。
乳がん「備忘録」兼サッカーやお料理などを気ままに不定期更新。
本業は、密かに「地域密着系スポーツ・マーケティングプランナー」を目指す、売れないマーケティングプランナー
母屋ブログはこちら↓
http://blog.goo.ne.jp/happy-kernel-0297

乳がんと闘うみなさまへ
「患者力を高める5のポイント」
1.不安や疑問があった時は、再予約をしても聞くようにする
2.大切な面談(検査結果を聞くような時)は、家族や友人と一緒に聞く
  もし、一人で行く場合は、レコーダーなどに録音をする
3.聞きたいコトは、5つ程度のポイントにまとめ、メモにし診察時に見せるようにする
4.自分の希望や考えを伝える
5.医師の目を見て話す
  もし、目を背けるような担当医であれば、「○○先生」と呼びかてでも自分に向かせる
 
以前出席させていただいた「J&J・乳がんメディア&ブロガーセミナー」で、医療ジャーナリストさんがお話されたコトです。
是非、参考にしてください。
そして「がんサバイバー」を目指しましょう。

乳がんについて詳しく知りたい方へ
日本乳癌学会のサイト内に、一般向けサイトがあります。
リンクを貼りましたので、そちらからアクセスをして下さい。
乳がん?と思ったら、必ず専門医に相談をして下さいね。
そのための参考サイトです。

「質の高い乳がん検診」を受けるため、NPO法人日本乳がん検診精度管理機構認定の施設、マンモグラフィ読影医師、そしてマンモグラフィ放射線技師のいるリストを参考にしてください。
「施設・読影医師・放射線技師」の3条件が揃うことが、重要です。
それぞれのリストをリンクしました。ぜひ参考にしてください。


国立がんセンター精神腫瘍学グループでは、患者さん向け「質問促進パンフレット」等を用意しています。
下記リンクよりアクセスをお願いします。
PDFファイルですが、是非、重要な面談の時の質問などにご活用ください。

名古屋のがん拠点病院で「傾聴会」を開催している、NPO法人ミーネット。
乳がんに限らず、がんについて不安なことがあれば気軽にご相談下さい。
また、市民向け公開講座なども開催しています。
下のリンクよりスケジュール等、ご確認下さい。

乳がんと子宮体がん経験者の桃杏さんが、乳がん患者さん向けの傾聴会を東京で始められました。
Pink&Paechさんのリンク内のブログから、お問い合わせ下さい。

ブログ内検索

最近の記事

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。