さらな日記 

某水色サッカーチームを偏愛する、元気過ぎる乳がん患者。乳がんサバイバーを目指す、乳がん「備忘録」兼徒然日記 「さらな」とは、サンスクリット語の「安らぎ・癒し」と言う意味

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • TB(-) |
  • CO(-) 
  • [Edit

「福」を買いに行く-詳細1-

ここ数年、毎年のように京都へお出かけする。
旅行というよりお出かけ、という感覚。
東京の方にとっての鎌倉が、お出かけ感覚なのと同じだと思います。

そして今回は、久しぶりの「一人お出かけ」。
最近の京都のお出かけは友人と一緒だったのですが、20代~30代の頃は、一人お出かけがほとんど。
実は「基本行動パターン・おひとり様」なんです
使う交通手段も、高速バスや青春18切符を使った在来線往復。
そんなこともあり、余り友人を誘えるお出かけでは無いんです

今回も「青春18切符」を使ってのお出かけ。
午前10時15分ごろ京都駅に到着。
バスで北野天満宮へ。
バスの車内は、中国語や英語が飛び交う「インターナショナルな空間」。
と言っても「インターナショナルな空間」は、北野天満宮に行くときだけ。
その後乗車したバスは、普通に京都市民の足でした。
北野天満宮前で下車すると、警察官がたくさんいる。
「一体何事?」と思い、天満宮前の信号待ちの時に、婦警さんに尋ねる。
「今日は、日韓首脳会談が京都でありますから」と話してくださる目の前を、報道車両や警察車両、政府関係車両が次々と走り去っていく。

実は、北野天満宮おまいりのあと金閣寺か龍安寺に行こうかな?と思っていたのですが、余りの警備の多さに「もしや(金閣寺とか、観光で行くのかな?)」と思い、取りやめ。
帰宅してから確認すると、お昼頃龍安寺というスケジュールだったらしい。
取りやめて正解!でした、
北野天満宮にお参りをし「大福梅」と「ゆかりの梅」を購入し、近くの「上七軒」へ。
「上七軒」は、京都で一番古い花街。
「祇園」などよりも、歴史があるのにイマイチ有名ではない。
その分、変に観光化されていないのでゆっくり散策をしながら、お昼ご飯を食べるお店探し。
当然ですが、お昼ご飯の時間には舞妓さんや芸子さんが歩いている、というコトはありえません。
平日なら、練舞場帰りに遭遇することはあるかも知れませんが・・・。
お昼ごはんはふた葉さんの「てんぷらうどん」をいただきました。
やや細めの柔らかな麺においしいお出汁、七味や一味の代わりに山椒が振ってある京都らしいうどん
「ふた葉」さんをはじめ、上七軒の庶民的なお店はご近所の方がフラっと来られるようなお店が多く、昨今の観光客がメニュー撮影!ができる雰囲気は一切ありません。
そんな雰囲気も、大好き!

上七軒を通り抜け、再びバスに乗って移動。
向かった先は、同志社大学の「寒梅館」
もしかしたら、とてもキレイなクリスマスツリーがあるかも?と、期待していったのですが・・・残念、ツリーはありませんでした
でも、クリスマスにはイベントがあるようですので、お近くに行かれるときはチェックされると良いと思います。
同志社大学から相国寺へと抜け、再びバスで移動。

京都御所の南でバスを降り、寺町通りを散策。
この通りは古いお店が多く(=観光客相手ではないお店が中心)、日曜日に営業をしているお店は、ほとんど無し。
その通りの一角にあるのが「一保堂茶舗」
一保堂さんも以前は日曜休みだったのですが、お店の中に「嘉木」という喫茶室を設けてから、日曜日も営業をされるようになったよう。
お茶のおいしい淹れ方などをレクチャーしてくれながら、お茶とお菓子を楽しむティールームです。
私は「大福茶」を購入し、再び寺町通りをテクテク
一保堂さんの近くには、私の好きな「村上開新堂」さんがありますが、こちらはお休み。
「村上開新堂」さんは、京都で一番古い洋菓子屋さん。
建物も洋風レトロで、作っているお菓子もロシアケーキ(5種)と期間限定のみかんゼリー(11月頃~3月中旬頃まで)とオレンジゼリー(5月頃~10月頃まで)くらい。
昭和の文豪に愛された名店。ロシアケーキなども午前中で、ほぼ完売というコトもあるようです。

その「村上開新堂」さんの前を歩き、↓のところへ。
弥次喜多
私が行った先は、どこでしょう?
答えは、次回へ
スポンサーサイト

Comment[この記事へのコメント]

 

こんにちはm(_ _)m
京都へ一人お出かけ・・・僕も一度でいいからしてみたいです(^m^)
一人旅は、周囲を気にせず好きな事がたくさんできる事が素晴しいですよね(>ε<)
しかし・・・(`ヘ´#) せっかくの旅行なのに要人が居ると一般人は行動を制限される
のがなんとも(#-∀-)しかし、楽しそうですね(>笑<)
  • 夢勇(ユメイサミ) 
  • URL 
  • at 2011.12.20 23:10 
  • [編集]

Re: タイトルなし 

こんばんは、夢勇さん。
いつもコメント、ありがとうございます。

京都の一人お出かけは、本当に久しぶりでした。
「気を使わない」というコトもありますが、私の場合、交通費などをケチる貧乏お出かけ。
途中「お茶をする」というコトも無いので、誘われた友人にとっては、迷惑なところも有りや無しや・・・(爆)

夢勇さんは大分にお住まいですから、「チョッと京都にお出かけ」という感じではないでしょうね。
ただ、旅行となれば是非素敵な女性と一緒に!というのが、京都かな?
季節折々で、楽しむ場所がありますから。
食べ物も、B級グルメから超高級料亭まであるので、自分のお財布と相談しながら楽しめます。
お勧めです!
  • のんチャン 
  • URL 
  • at 2011.12.21 20:36 
  • [編集]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

のんチャン

Author:のんチャン
某水色サッカーチームサポで、元重度鉄欠乏性貧血患者
2010年3月乳がんの手術。現在普通に生活。
乳がん「備忘録」兼サッカーやお料理などを気ままに不定期更新。
本業は、密かに「地域密着系スポーツ・マーケティングプランナー」を目指す、売れないマーケティングプランナー
母屋ブログはこちら↓
http://blog.goo.ne.jp/happy-kernel-0297

乳がんと闘うみなさまへ
「患者力を高める5のポイント」
1.不安や疑問があった時は、再予約をしても聞くようにする
2.大切な面談(検査結果を聞くような時)は、家族や友人と一緒に聞く
  もし、一人で行く場合は、レコーダーなどに録音をする
3.聞きたいコトは、5つ程度のポイントにまとめ、メモにし診察時に見せるようにする
4.自分の希望や考えを伝える
5.医師の目を見て話す
  もし、目を背けるような担当医であれば、「○○先生」と呼びかてでも自分に向かせる
 
以前出席させていただいた「J&J・乳がんメディア&ブロガーセミナー」で、医療ジャーナリストさんがお話されたコトです。
是非、参考にしてください。
そして「がんサバイバー」を目指しましょう。

乳がんについて詳しく知りたい方へ
日本乳癌学会のサイト内に、一般向けサイトがあります。
リンクを貼りましたので、そちらからアクセスをして下さい。
乳がん?と思ったら、必ず専門医に相談をして下さいね。
そのための参考サイトです。

「質の高い乳がん検診」を受けるため、NPO法人日本乳がん検診精度管理機構認定の施設、マンモグラフィ読影医師、そしてマンモグラフィ放射線技師のいるリストを参考にしてください。
「施設・読影医師・放射線技師」の3条件が揃うことが、重要です。
それぞれのリストをリンクしました。ぜひ参考にしてください。


国立がんセンター精神腫瘍学グループでは、患者さん向け「質問促進パンフレット」等を用意しています。
下記リンクよりアクセスをお願いします。
PDFファイルですが、是非、重要な面談の時の質問などにご活用ください。

名古屋のがん拠点病院で「傾聴会」を開催している、NPO法人ミーネット。
乳がんに限らず、がんについて不安なことがあれば気軽にご相談下さい。
また、市民向け公開講座なども開催しています。
下のリンクよりスケジュール等、ご確認下さい。

乳がんと子宮体がん経験者の桃杏さんが、乳がん患者さん向けの傾聴会を東京で始められました。
Pink&Paechさんのリンク内のブログから、お問い合わせ下さい。

ブログ内検索

最近の記事

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。