さらな日記 

某水色サッカーチームを偏愛する、元気過ぎる乳がん患者。乳がんサバイバーを目指す、乳がん「備忘録」兼徒然日記 「さらな」とは、サンスクリット語の「安らぎ・癒し」と言う意味

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

甘酒ミルク

実は、昨日からお腹の調子が悪い
疲れ+脂っこい食事で、お腹にきてしまったよう。
一応、胃腸薬を飲んで安静状態

昨日は動くことができなかったけど、今日は近所への買い物程度はできるようになったので、とりあえず「胃腸の調子を整えるもの」を買いに出かけた。
買ってきたものは・・・うどんと甘酒。
うどんは、名古屋らしく「味噌煮込み(風)」でいただく。
「(風)」なのは、名古屋の味噌煮込みうどんというのは、日本の麺類の中で超アルデンテでいただくのが、基本だから。
自宅では、スーパーで売られている「ゆでうどん」を使うので、アルデンテには程遠く・・・「柔らかうどんの味噌味鍋焼きうどん」になってしまうのです
体が温まって、腹痛も落ち着く。

続いて取り掛かったのは、甘酒。
「アルコールは含まれていません」と、表示してあるものを購入。
酒屋さんが作る「甘酒」は、酒かすから作られることが多いのでアルコールを含んでいるんですが、味噌や醤油を作るメーカーさんのものは、アルコールを含んでいないことが多い。
お腹の調子が悪いときには、アルコールを含んでいない方がベストかな?と、思い「アルコールなし」を選ぶ。
その甘酒を、すり鉢ですりつぶして滑らかにし、牛乳(できれば豆乳がベスト)で割って、暖める。
本当に、コレがお腹の調子が悪いときには、効果抜群。
(写真はありません白いカップに白い飲み物では、「・・・」だったので)
体が温まるだけではなく、麹の働きでお腹の調子も整えてくれる。
なぜなら、「甘酒は、日本のヨーグルト」とか「お米のヨーグルト」などと呼ばれ、江戸時代の頃は夏の暑気払いとして、売られていたほど。
ちなみに今でも「甘酒」は、夏の季語。
甘酒だけで十分甘いので、お砂糖や蜂蜜を加えなくても大丈夫。
牛乳や豆乳が苦手という方も、この方法なら大丈夫だと思いますよ。

私は、甘酒のお米の粒々感が苦手なのですり潰しましたが、別にすり潰す必要はありません。

ちなみに夕飯は、たまご粥。
お粥って、あまり好きな人はいないようですが、遅い夕飯のときなどはお粥で済ませることも多い私。
お粥の味付けに「昆布茶」を使うと、味気ないお粥が食べやすくなるのもポイントかな?


スポンサーサイト

*Comment

No title 

こんにちはm(_ _)m
「甘酒は、日本のヨーグルト」(゚ロ゚ノ)ノ
甘酒ってそんな効果があるものだったんですね(゜_゜)
僕は甘酒のにおいが駄目で飲めないのですが、
いい事を知りました(・∀・)ノ

ゆっくり養生してくださいね(^m^)
おだいじに\(゜ロ\)(/ロ゜)/
  • posted by 夢勇(ユメイサミ) 
  • URL 
  • 2011.12/15 20:55分 
  • [Edit]

ご心配頂き、ありがとうございます 

ご心配頂きありがとうございます、夢勇さん。

お料理の世界では、最近「麹」ブームなんですよ。
今年のヒットは「塩麹」で、ブームの火付け役は大分の老舗麹店の女将さん。
レシピ本もヒットしています(実は、私も購入を検討中)。

「甘酒のにおいが苦手」というコトですが、甘酒にレモンを入れると、独特のにおいが飛びますよ。
私が牛乳とか豆乳で割る理由は、甘酒には含まれていないカルシュウムなどを摂りやすくするため。
あと、においもあまり気にならなくような気がします。
私は、お米のつぶつぶ感が苦手なので、よ~くすり潰して飲んでます(笑)。
後、酒屋さんが作る「甘酒」と麹屋さんが作る「甘酒」は、チョッと香りも味も違うので、いろいろ試してみてください。

「日本のヨーグルト」というだけではなく、「飲む点滴」とも言われていて、甘酒の栄養素は点滴薬と同じくらいあるそうです。
そのため、ダイエット中の栄養補給にもなるらしいです。


  • posted by のんチャン 
  • URL 
  • 2011.12/15 21:58分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

のんチャン

Author:のんチャン
某水色サッカーチームサポで、元重度鉄欠乏性貧血患者
2010年3月乳がんの手術。現在普通に生活。
乳がん「備忘録」兼サッカーやお料理などを気ままに不定期更新。
本業は、密かに「地域密着系スポーツ・マーケティングプランナー」を目指す、売れないマーケティングプランナー
母屋ブログはこちら↓
http://blog.goo.ne.jp/happy-kernel-0297

乳がんと闘うみなさまへ
「患者力を高める5のポイント」
1.不安や疑問があった時は、再予約をしても聞くようにする
2.大切な面談(検査結果を聞くような時)は、家族や友人と一緒に聞く
  もし、一人で行く場合は、レコーダーなどに録音をする
3.聞きたいコトは、5つ程度のポイントにまとめ、メモにし診察時に見せるようにする
4.自分の希望や考えを伝える
5.医師の目を見て話す
  もし、目を背けるような担当医であれば、「○○先生」と呼びかてでも自分に向かせる
 
以前出席させていただいた「J&J・乳がんメディア&ブロガーセミナー」で、医療ジャーナリストさんがお話されたコトです。
是非、参考にしてください。
そして「がんサバイバー」を目指しましょう。

乳がんについて詳しく知りたい方へ
日本乳癌学会のサイト内に、一般向けサイトがあります。
リンクを貼りましたので、そちらからアクセスをして下さい。
乳がん?と思ったら、必ず専門医に相談をして下さいね。
そのための参考サイトです。

「質の高い乳がん検診」を受けるため、NPO法人日本乳がん検診精度管理機構認定の施設、マンモグラフィ読影医師、そしてマンモグラフィ放射線技師のいるリストを参考にしてください。
「施設・読影医師・放射線技師」の3条件が揃うことが、重要です。
それぞれのリストをリンクしました。ぜひ参考にしてください。


国立がんセンター精神腫瘍学グループでは、患者さん向け「質問促進パンフレット」等を用意しています。
下記リンクよりアクセスをお願いします。
PDFファイルですが、是非、重要な面談の時の質問などにご活用ください。

名古屋のがん拠点病院で「傾聴会」を開催している、NPO法人ミーネット。
乳がんに限らず、がんについて不安なことがあれば気軽にご相談下さい。
また、市民向け公開講座なども開催しています。
下のリンクよりスケジュール等、ご確認下さい。

乳がんと子宮体がん経験者の桃杏さんが、乳がん患者さん向けの傾聴会を東京で始められました。
Pink&Paechさんのリンク内のブログから、お問い合わせ下さい。

ブログ内検索

最近の記事

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。