さらな日記 

某水色サッカーチームを偏愛する、元気過ぎる乳がん患者。乳がんサバイバーを目指す、乳がん「備忘録」兼徒然日記 「さらな」とは、サンスクリット語の「安らぎ・癒し」と言う意味

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

乳房再建

本題に入る前に、先日亡くなられたappleのスティーブ・ジョブズ氏の自伝的インタビュー本発売の前に、インタビュアーが米国のトーク番組に出演し「すい臓がんの手術を9ヶ月遅らせたことを、悔やんでいた」という内容の記事が、新聞各社のWEBサイトに掲載されている。

ジョブズ氏は、スタンフォード大学の卒業式の祝辞の中で「自分の直感を大切にすることの重要性」を話していたが、どうやら「すい臓がん治療」に関しては、そうではなかったようだ。
「がん告知」をされた患者さんの多くが、最初に考えるのは「手術をせずに、完治したい」ことだと聞いたことがある。
私などは、食事療法などで完治させるというコトすら思い浮かばず、選択肢として手術しか考えられなかった。
単純な発想しかなかったんだ・・・私
結局、精密検査開始からお正月休みを挟んで3ヶ月ほどで手術をしたわけですが、今は「ベストチョイス」だったと思っている。

さて、本日の本題である「乳房再建」について。
朝日新聞に連載されている「患者を生きる」に、現在「乳房再建」について書かれている。
私も告知を受けたとき、検査を担当した先生からは「扇状に石灰化が広がっているので、手術を担当する先生によっては全摘を検討される場合もあります」といわれ、ショックを受けた。
結局、「何としても全摘はしたくないです。どうしても全摘をしなくてはいけない状況なのでしょうか?先生(が私の立場)だったらどうされますか?」と、食い下がり(?)結局「温存手術の技術が高い先生にお願いしましょう」といわれ、現在のスパルタな主治医にお願いすることになった。
手術前の説明でも、「(温存は)ギリギリだね」的発言が、主治医からあり不安になったコトだけは、よく覚えている。
それくらい、女性が乳房を失うということは肉体的にも精神的にも、及ぼす影響が大きいというコトだと思う。

「全摘」というと、相当進行した状態だと思われがちだが、進行状態というよりも乳がんの広がり方で、温存なのか全摘が決まる。
私と同じ「0期・非浸潤がん」の状態であっても、石灰化の状態によっては全摘になってしまう場合もある。
そして、全摘された患者さんが直面する問題が「乳房を失った」という喪失感や女性としてのアイデンティティという心の損傷。
肉体的にも大きな傷が残るため、お風呂などで自分の胸を見るたびにショックを受ける方も多いと聞く。
当然、スーパー銭湯や温泉などにも行かなくる方も多いし、旅行そのものにも行かなくなる方もいると聞く(私の場合、術後3ヶ月で旅行の計画を立て、5ヵ月後には日帰りですが友人と旅行に行ってしまった・爆)。
そのような内容の記事に「穿通枝皮弁法」という、乳房再建があった。
一般的には、お腹や背中の脂肪+筋肉の一部を移植する「筋皮弁法」(保険適用)か、シリコンなどの人工物を入れる方法(自費)が一般的。
先月の「アピタル乳がん夜間学校・乳房再建」での講義も、担当された先生が人工物による乳房再建が専門の先生だったので、その内容ばかりだった。

この「穿通枝皮弁法」は元々は、乳がんではなく胃がんなどの患者さんのために開発(?)された、日本発の手術法らしいのだが、それが欧米で乳がん患者さんたちへの再建法として確立し、逆輸入されたカタチとなったようだ。
日本って、いろいろな面で高い技術があるのに、それを使い切れていないというのは、本当にもったいない。
なぜなら、この「穿通枝皮弁法」という再建法ができる整形外科の先生が、とても少ないらしいからだ。
1年待ち、2年待ちという患者さんも多いという。
この「穿通枝皮弁法」の大きな特徴は、「自分のお腹などの脂肪と血管を移植する」というコト。
これまでの自分の乳房に一番近い感触での再建が可能となるらしい。

そのようなことを知ると、本当に日本の技術がもったいない!!!と、思う。
この技術がもっと一般的になれば、「乳がん=おっぱいが無くなる」という不安が減るのでは?
患者自身も、いろいろな情報を集め主治医の先生に積極的に質問をし、自分の希望を言う必要があると思う。
私の場合は、すでにそんな感じなんですけどね
スポンサーサイト

*Comment

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2011.10/23 23:44分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

のんチャン

Author:のんチャン
某水色サッカーチームサポで、元重度鉄欠乏性貧血患者
2010年3月乳がんの手術。現在普通に生活。
乳がん「備忘録」兼サッカーやお料理などを気ままに不定期更新。
本業は、密かに「地域密着系スポーツ・マーケティングプランナー」を目指す、売れないマーケティングプランナー
母屋ブログはこちら↓
http://blog.goo.ne.jp/happy-kernel-0297

乳がんと闘うみなさまへ
「患者力を高める5のポイント」
1.不安や疑問があった時は、再予約をしても聞くようにする
2.大切な面談(検査結果を聞くような時)は、家族や友人と一緒に聞く
  もし、一人で行く場合は、レコーダーなどに録音をする
3.聞きたいコトは、5つ程度のポイントにまとめ、メモにし診察時に見せるようにする
4.自分の希望や考えを伝える
5.医師の目を見て話す
  もし、目を背けるような担当医であれば、「○○先生」と呼びかてでも自分に向かせる
 
以前出席させていただいた「J&J・乳がんメディア&ブロガーセミナー」で、医療ジャーナリストさんがお話されたコトです。
是非、参考にしてください。
そして「がんサバイバー」を目指しましょう。

乳がんについて詳しく知りたい方へ
日本乳癌学会のサイト内に、一般向けサイトがあります。
リンクを貼りましたので、そちらからアクセスをして下さい。
乳がん?と思ったら、必ず専門医に相談をして下さいね。
そのための参考サイトです。

「質の高い乳がん検診」を受けるため、NPO法人日本乳がん検診精度管理機構認定の施設、マンモグラフィ読影医師、そしてマンモグラフィ放射線技師のいるリストを参考にしてください。
「施設・読影医師・放射線技師」の3条件が揃うことが、重要です。
それぞれのリストをリンクしました。ぜひ参考にしてください。


国立がんセンター精神腫瘍学グループでは、患者さん向け「質問促進パンフレット」等を用意しています。
下記リンクよりアクセスをお願いします。
PDFファイルですが、是非、重要な面談の時の質問などにご活用ください。

名古屋のがん拠点病院で「傾聴会」を開催している、NPO法人ミーネット。
乳がんに限らず、がんについて不安なことがあれば気軽にご相談下さい。
また、市民向け公開講座なども開催しています。
下のリンクよりスケジュール等、ご確認下さい。

乳がんと子宮体がん経験者の桃杏さんが、乳がん患者さん向けの傾聴会を東京で始められました。
Pink&Paechさんのリンク内のブログから、お問い合わせ下さい。

ブログ内検索

最近の記事

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。