さらな日記 

某水色サッカーチームを偏愛する、元気過ぎる乳がん患者。乳がんサバイバーを目指す、乳がん「備忘録」兼徒然日記 「さらな」とは、サンスクリット語の「安らぎ・癒し」と言う意味

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • TB(-) |
  • CO(-) 
  • [Edit

アピタル乳がん夜間学校 -7時限目・ホルモン療法-

昨夜の「アピタル乳がん夜間学校」は、ホルモン療法について。

私がホルモン療法を受けていないこともあり、知らないことばかり。
勉強になった、というよりも衝撃の連続。
そして思ったことは「ホルモン療法をせずに経過検診だけでよかった」ということ。
現在ホルモン療法中の患者さんには、大変申し訳ないのだが本音。

一般的に「ホルモン療法は、抗がん剤治療と比べると、体のダメージが少ない」と言われている。
でも講義を聴いて「言われているだけで、本当は抗がん剤治療と変わらないほど、辛い症状がある治療」という気がしている。
もうひとつは「ホルモン療法」による副作用やリスクなどの説明の重要さ。

「アピタル乳がん夜間学校」はライブ放送と同時にツイッターでの参加ができるのだが、そのツイッターで参加された方々の内容が、とても厳しいモノばかり。
ホルモン療法による不眠、倦怠感、気分的落ち込み・・・など。
確かに、ホルモン療法の目的のひとつは、エストロゲンなどの女性ホルモンをコントロール、場合によっては阻害することなので、いわゆる「更年期障害」のような症状が起きるというコトはわかる。
わかるし、更年期障害そのものも個人差があるのと同じ様に、ホルモン療法による副作用も個人差が大きい。
それをどう克服するのか?という点も考えなくては、「QOL(質の高い治療生活)」ができない。
難しい問題だと感じましたね。
また、「ホルモン療法を必要としない状態で、治療を始めること」の重要さ、ということを考えてしまったのでした。

もう一番衝撃的だったことは・・・「乳がんリスク」について。
閉経後の肥満というのは「乳がんリスクを高める」ということは、以前から言われている。
だからこそ、スパルタな主治医から「痩せな~いかん」といわれ続け、実際、痩せる努力もし、ある程度の成果もでている。
しかし、何と!!それ以前に乳がんリスクとなるモノが私にはあった!!!!という事実を知ったのだった。
それは10代後半~20代前半の頃の体格。
最近の調査結果から、この10代後半~20代前半の痩せ型体型の女性に、乳がんの発症が高い ということがわかってきたらしい。

実はこの年(50歳)になるまで、「ダイエット」という言葉とはまったく無関係だった。
生まれた時が未熟児だったこともあり、幼稚園~小学校低学年の頃は「欠食児童」並みの体重しかなかった。
加えて、「偏食+食が細い+食べるのが遅い」という学校などの集団生活にはまったく不向きな、食事傾向があり、小学校~中学校までは給食時間が苦痛で、一種の摂食障害数歩手前までのような状態にもなったことがあった。それが重度の鉄欠乏製貧血体質の要因ともなったのだった。
結果、10代~20代の頃の体重は42,3kg(身長162cm)という、痩せ型体型(当時は、やや貧血気味という程度だった)。
自分でも信じられないけど、スカートのサイズが5号でも大きかった頃もあった。

私の場合は、結果論でしかないのだけれどこのことが事実だとすれば、今ダイエットに励んでいる標準体型の女の子たちは、自分で乳がんリスクを高めているということになる。
もちろんその後、出産→授乳という経験をすることで乳がんのリスクは低くなるが、それにしてもこれが事実だとしたら、本当に衝撃的だと思う。
とすれば、ティーン向けの雑誌などで「ダイエット特集」を組む前に、「10代から始める乳がんリスク対策」を特集したほうが、良いのでは?と考えてしまった。

そしてもう一つ衝撃的だったことは、「ホルモン療法」でも触れた「女性ホルモン」の作用。
「乳がんリスク」というのではなく、「女性ホルモン」が及ぼす人への影響という点。
ホルモン療法のリスクの一つに、物忘れとか視力低下感のようなことがあるようだ。
その「物忘れ」とか「視力低下感(本当は「白内障」の発症らしい)」を引き起こすのが、ホルモン療法における女性ホルモンの阻害などが原因だという。
女性の一生で作られる女性ホルモンは、わずかティースプーン1杯分なのに、神経細胞や成長細胞などに及ぼす影響はとても大きいというコト。
「ホルモン療法で若年期から白内障が発症する」というコトも衝撃的だったが、女性ホルモンそのものが人の体に対して及ぼす影響の大きさにも驚いたのだった。

「乳がん」という視点だけではなく、「女性ホルモン」そのものについて中高校生の頃から教える必要があるのでは?と、感じた「アピタル乳がん夜間学校・7時限目」だった。

アーカイブは、来週の金曜日ごろから見られるようになるそうです。
スポンサーサイト

Comment[この記事へのコメント]

No title 

え?10代後半~20代前半やせ気味がガンのリスク高いんですか?
私 そうなんですよ!って高校の時56キロでしたが社会人になったら42キロ自然にやせたんですけどこういう場合はどうなんでしょうね?www
  • さっちゃん1260 
  • URL 
  • at 2011.10.20 22:34 
  • [編集]

Re: No title 

さっちゃん1260さん、コメントありがとうございます。

さっちゃん1260さんの場合、高校時代はそれなりの体重があったようですから、大丈夫だと思いますよ。
このデータそのものも、新しい考えから出されたデータのようなのでこれから臨床的見地から、日本における傾向を見る調査が始まるかも知れませんね。

ただここでいう「痩せ気味」というのは、単に体重のことを言っているのではなく「BMI値(別名「肥満指数」)」で判断されています。
一度、自分のBMI値を調べてみると良いかも知れませんね。
http://www.trimpark.co.jp/tool/bmi.html
私の場合、10代~30代前半まで、一度もBMI値が標準に達したことがありませんでした。
  • のんチャン 
  • URL 
  • at 2011.10.21 15:05 
  • [編集]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

のんチャン

Author:のんチャン
某水色サッカーチームサポで、元重度鉄欠乏性貧血患者
2010年3月乳がんの手術。現在普通に生活。
乳がん「備忘録」兼サッカーやお料理などを気ままに不定期更新。
本業は、密かに「地域密着系スポーツ・マーケティングプランナー」を目指す、売れないマーケティングプランナー
母屋ブログはこちら↓
http://blog.goo.ne.jp/happy-kernel-0297

乳がんと闘うみなさまへ
「患者力を高める5のポイント」
1.不安や疑問があった時は、再予約をしても聞くようにする
2.大切な面談(検査結果を聞くような時)は、家族や友人と一緒に聞く
  もし、一人で行く場合は、レコーダーなどに録音をする
3.聞きたいコトは、5つ程度のポイントにまとめ、メモにし診察時に見せるようにする
4.自分の希望や考えを伝える
5.医師の目を見て話す
  もし、目を背けるような担当医であれば、「○○先生」と呼びかてでも自分に向かせる
 
以前出席させていただいた「J&J・乳がんメディア&ブロガーセミナー」で、医療ジャーナリストさんがお話されたコトです。
是非、参考にしてください。
そして「がんサバイバー」を目指しましょう。

乳がんについて詳しく知りたい方へ
日本乳癌学会のサイト内に、一般向けサイトがあります。
リンクを貼りましたので、そちらからアクセスをして下さい。
乳がん?と思ったら、必ず専門医に相談をして下さいね。
そのための参考サイトです。

「質の高い乳がん検診」を受けるため、NPO法人日本乳がん検診精度管理機構認定の施設、マンモグラフィ読影医師、そしてマンモグラフィ放射線技師のいるリストを参考にしてください。
「施設・読影医師・放射線技師」の3条件が揃うことが、重要です。
それぞれのリストをリンクしました。ぜひ参考にしてください。


国立がんセンター精神腫瘍学グループでは、患者さん向け「質問促進パンフレット」等を用意しています。
下記リンクよりアクセスをお願いします。
PDFファイルですが、是非、重要な面談の時の質問などにご活用ください。

名古屋のがん拠点病院で「傾聴会」を開催している、NPO法人ミーネット。
乳がんに限らず、がんについて不安なことがあれば気軽にご相談下さい。
また、市民向け公開講座なども開催しています。
下のリンクよりスケジュール等、ご確認下さい。

乳がんと子宮体がん経験者の桃杏さんが、乳がん患者さん向けの傾聴会を東京で始められました。
Pink&Paechさんのリンク内のブログから、お問い合わせ下さい。

ブログ内検索

最近の記事

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。