さらな日記 

某水色サッカーチームを偏愛する、元気過ぎる乳がん患者。乳がんサバイバーを目指す、乳がん「備忘録」兼徒然日記 「さらな」とは、サンスクリット語の「安らぎ・癒し」と言う意味

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • TB(-) |
  • CO(-) 
  • [Edit

再発で変わる乳がん?

昨日の朝日新聞WEBサイトに、「乳がん再発すると 3分の1はタイプが変化」と言う記事がUpされていた。
この記事を読んで、「乳がんって、タイプが変わる場合があるんだ・・・」と、知った。

以前、抗がん剤やホルモン剤を長期に渡り投与されていると、薬が効かなくなると言う話は聞いたことがあった。
そのため、薬を変えると言う場合があると・・・。
そのときは「そんなこともあるんだ・・・」程度だった。
「程度」と言っては、今治療に励んでいらっしゃる患者さんたちには大変失礼だと思うのだが、私の中では余り実感としてなかったのだ。

これが「再発」となると、意味が変わってくる。
私の場合、主治医が「注意すべきは、新しい乳がんができないコト」と言っているので、「再発」の可能性は少ないのかな?と思いつつ、一般的には手術をした側に新たに見つかる乳がんを「局部再発」と呼んでいる。
その点では、局部再発の可能性はあると思っている。
主治医の言う「新しいがん=今回の手術で取り切ってしまったので、再発の可能性は低い」というコトであって、やはり「がんができるのでは?」という、不安は常に持っている。
と言うよりも「一生付き合うべき病気」という意識。

そこで疑問に思っていたコトが、「タイプの変化があるのか?」というコトだった。
「タイプ」というのは、「乳がんの性質」のコトを指している。
一番多いタイプと言われるのが、私のタイプである「ホルモン高感度タイプ」と呼ばれるモノ。
現在の日本における乳がん患者の半数以上は、このタイプ。
そのため、ホルモン剤の投与が効果的とされている。
そのほかにあるのは「HER2タンパクに反応するタイプ」と「それらのいずれにも反応しないタイプ」に分かれる。
「HER2タンパク」というのは、乳がんが活動している周囲にはHER2と呼ばれる、特殊なタンパク質が認められるため。
そのタンパク質を取り除くコトで、乳がんの活動を抑え、場合によってはがんそのものの活動を失わせるコトができる。
そのお薬が「ハーセプチン」と呼ばれる分子標的薬。
そして今現在、難治タイプと呼ばれるのが、ホルモンやHER2タンパクに反応しない「トリプルネガティブ」と呼ばれるタイプ。
現在の治療は、抗がん剤での治療しかない状態にある。

で、その様なタイプがあると言うコトは知っていても、再発したとき以前と違うタイプに変化している場合が1/3あった、と言うのがこの記事の内容。
余り良い表現ではないが、「進行した状態で再発」する方が1/3いらっしゃる、と言うコトになる。

とすれば、再発は仕方ないかもしれないが、なるべくなら「進行していない状態で再発する」という努力も必要になってくる。
もちろん一番良いのは「再発させないコト」なのだが、最悪でも「同じタイプで再発」というコトも考えなくてはならない。

このような研究と同時に、「再発させない」「同じタイプで再発」と言う研究も進んでいてほしい・・・。
そう願わずにはいられない。

まぁ、私の場合とりあえず「閉経期以降の肥満をしないコト」と、自分の微妙な体の変化をキャッチできる感覚だけは常に磨いておこうと思っている。
スポンサーサイト

Comment[この記事へのコメント]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

のんチャン

Author:のんチャン
某水色サッカーチームサポで、元重度鉄欠乏性貧血患者
2010年3月乳がんの手術。現在普通に生活。
乳がん「備忘録」兼サッカーやお料理などを気ままに不定期更新。
本業は、密かに「地域密着系スポーツ・マーケティングプランナー」を目指す、売れないマーケティングプランナー
母屋ブログはこちら↓
http://blog.goo.ne.jp/happy-kernel-0297

乳がんと闘うみなさまへ
「患者力を高める5のポイント」
1.不安や疑問があった時は、再予約をしても聞くようにする
2.大切な面談(検査結果を聞くような時)は、家族や友人と一緒に聞く
  もし、一人で行く場合は、レコーダーなどに録音をする
3.聞きたいコトは、5つ程度のポイントにまとめ、メモにし診察時に見せるようにする
4.自分の希望や考えを伝える
5.医師の目を見て話す
  もし、目を背けるような担当医であれば、「○○先生」と呼びかてでも自分に向かせる
 
以前出席させていただいた「J&J・乳がんメディア&ブロガーセミナー」で、医療ジャーナリストさんがお話されたコトです。
是非、参考にしてください。
そして「がんサバイバー」を目指しましょう。

乳がんについて詳しく知りたい方へ
日本乳癌学会のサイト内に、一般向けサイトがあります。
リンクを貼りましたので、そちらからアクセスをして下さい。
乳がん?と思ったら、必ず専門医に相談をして下さいね。
そのための参考サイトです。

「質の高い乳がん検診」を受けるため、NPO法人日本乳がん検診精度管理機構認定の施設、マンモグラフィ読影医師、そしてマンモグラフィ放射線技師のいるリストを参考にしてください。
「施設・読影医師・放射線技師」の3条件が揃うことが、重要です。
それぞれのリストをリンクしました。ぜひ参考にしてください。


国立がんセンター精神腫瘍学グループでは、患者さん向け「質問促進パンフレット」等を用意しています。
下記リンクよりアクセスをお願いします。
PDFファイルですが、是非、重要な面談の時の質問などにご活用ください。

名古屋のがん拠点病院で「傾聴会」を開催している、NPO法人ミーネット。
乳がんに限らず、がんについて不安なことがあれば気軽にご相談下さい。
また、市民向け公開講座なども開催しています。
下のリンクよりスケジュール等、ご確認下さい。

乳がんと子宮体がん経験者の桃杏さんが、乳がん患者さん向けの傾聴会を東京で始められました。
Pink&Paechさんのリンク内のブログから、お問い合わせ下さい。

ブログ内検索

最近の記事

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。