さらな日記 

某水色サッカーチームを偏愛する、元気過ぎる乳がん患者。乳がんサバイバーを目指す、乳がん「備忘録」兼徒然日記 「さらな」とは、サンスクリット語の「安らぎ・癒し」と言う意味

Entries

検診計画も作って

明日は、1日病院
乳がんの経過検診があるから。

経過検診は別に良いんだけど、昨年秋から3ヶ月に1回という予定の経過検診のスケジュールが随分と変わってしまっている。
理由のは、「乳腺外科が混んでいる」からなんだけど。
それでも「エ、そんな検査するんですか??」と、驚くことも多い。

「乳がん」の告知から手術までは、目の前のコトで手一杯。
そして退院後は、「アァァ~これからは経過検診だけだ」という安心感で、どんな経過検診をするのか?なんて、考えてもいない。
強いてあげると「マンモグラフィとエコーは定期的に1回/年」ということぐらい。
だから、明日予定されている「骨シンチグラフィ」と「頚部~下腹部の単純CT」の検査を言われた時には、ビックリした。

私の場合、遠隔転移の可能性の低い0期・非浸潤がんだったから、尚更。
「骨シンチグラフィ」も「頚部~下腹部の単純CT」も、「転移の有無」を検査するためだからだ。
「転移の可能性を検査する」と言う意味では、重要な検査だと言うことは充分理解している。
でもね・・・退院後の1回目の「経過検診」のときに、「今後の経過検診予定」を下されば、良かったのに・・・と、今更ながらに思う

もう一つは、病気を見つける検診などの情報は沢山あるのに、完治(あるいは緩和)に向けての情報が少ない。
個人的には「完治(あるいは緩和)への情報の少なさ」が、訳の分らない代替治療へと走らせる要因にもなっているのでは?と、感じている。
代替治療全体を否定しているのではなく、効果が期待できない眉唾モノの「私は○○で完治しました」的な代替治療が問題だと言っているだけ。
不安があるから、自分に都合の良い眉唾情報に、飛びついてしまうのだから。 
それを、医療関係の方々は理解して欲しい。
と言っても、そんなコトを言う患者さん自体少ないのかも知れないけど・・・。
でもね、患者だからこそ不安なことは主治医に言わなくっちゃ!
だって当事者の不安なんて、当事者以外分らないコトだから

その意味で、比較的罹患年齢の低い女性のがんは、完治(あるいは緩和)に向けてのオープンな情報が必要な気がする。

アァァ~、それにしても明日の「骨シンチグラフィ」って、どのくらいかかるの?
福沢さんが羽を生やして飛んで行く覚悟は出来ているけど・・・
スポンサーサイト

Comment[この記事へのコメント]

私もDCIS 0期で術後1年です! 

私も先日1年目の検診をしました。マンモグラフィーとエコーのみのorderでしたので、主治医にお願いして採血を追加していただきました。肝臓が弱いので、ホルモン療法(タモキシフェン)による影響を調べておきたかったので。マンモとエコーは問題ありませんでしたが、肝機能が少しだけ低下していました。「まー、この程度ならホルモン療法を続けましょう」ということでした。
主治医からは、骨シンチやCT検査の話は全くありませんでした。DCISでもその検査をされているという情報があると、私はしなくて良かったのかしらとちょっと不安になります。
でも、理論上は遠隔転移はないと信じてよいのですよね? 次回の診察時に主治医に確認してみます。
明日の検査、がんばって下さいね。

Re: 私もDCIS 0期で術後1年です! 

kirakiraさん、コメントありがとうございます。
無事、術後1年の検査を終え帰ってきました。

kirakiraさんも、私と同じ0期・非浸潤がんなんですね。
でも、その後の治療が、担当主治医の考え方の違いが随分あるようですね。
私のように、放射線治療もホルモン療法も無いという患者は、とても稀だと思っています。
代わりに「骨シンチ+頚部~下腹部単純CT」という検査がある・・・。
このコトについては、今日(スパルタな)主治医に確認をしてきました。
担当主治医の考え方次第と言えば、そうなんですが・・・転移に対しての考え方の違いのようです。
エントリさせていただきますので、詳細はそちらを読んでください。
コメントありがとうございました。
  • のんチャン 
  • URL 
  • at 2011.02.28 19:20 
  • [編集]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Trackback[この記事へのトラックバック]

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Menu

プロフィール

のんチャン

Author:のんチャン
某水色サッカーチームサポで、元重度鉄欠乏性貧血患者
2010年3月乳がんの手術。現在普通に生活。
乳がん「備忘録」兼サッカーやお料理などを気ままに不定期更新。
本業は、密かに「地域密着系スポーツ・マーケティングプランナー」を目指す、売れないマーケティングプランナー
母屋ブログはこちら↓
http://blog.goo.ne.jp/happy-kernel-0297

乳がんと闘うみなさまへ
「患者力を高める5のポイント」
1.不安や疑問があった時は、再予約をしても聞くようにする
2.大切な面談(検査結果を聞くような時)は、家族や友人と一緒に聞く
  もし、一人で行く場合は、レコーダーなどに録音をする
3.聞きたいコトは、5つ程度のポイントにまとめ、メモにし診察時に見せるようにする
4.自分の希望や考えを伝える
5.医師の目を見て話す
  もし、目を背けるような担当医であれば、「○○先生」と呼びかてでも自分に向かせる
 
以前出席させていただいた「J&J・乳がんメディア&ブロガーセミナー」で、医療ジャーナリストさんがお話されたコトです。
是非、参考にしてください。
そして「がんサバイバー」を目指しましょう。

乳がんについて詳しく知りたい方へ
日本乳癌学会のサイト内に、一般向けサイトがあります。
リンクを貼りましたので、そちらからアクセスをして下さい。
乳がん?と思ったら、必ず専門医に相談をして下さいね。
そのための参考サイトです。

「質の高い乳がん検診」を受けるため、NPO法人日本乳がん検診精度管理機構認定の施設、マンモグラフィ読影医師、そしてマンモグラフィ放射線技師のいるリストを参考にしてください。
「施設・読影医師・放射線技師」の3条件が揃うことが、重要です。
それぞれのリストをリンクしました。ぜひ参考にしてください。


国立がんセンター精神腫瘍学グループでは、患者さん向け「質問促進パンフレット」等を用意しています。
下記リンクよりアクセスをお願いします。
PDFファイルですが、是非、重要な面談の時の質問などにご活用ください。

名古屋のがん拠点病院で「傾聴会」を開催している、NPO法人ミーネット。
乳がんに限らず、がんについて不安なことがあれば気軽にご相談下さい。
また、市民向け公開講座なども開催しています。
下のリンクよりスケジュール等、ご確認下さい。

乳がんと子宮体がん経験者の桃杏さんが、乳がん患者さん向けの傾聴会を東京で始められました。
Pink&Paechさんのリンク内のブログから、お問い合わせ下さい。

ブログ内検索

最近の記事

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム