さらな日記 

某水色サッカーチームを偏愛する、元気過ぎる乳がん患者。乳がんサバイバーを目指す、乳がん「備忘録」兼徒然日記 「さらな」とは、サンスクリット語の「安らぎ・癒し」と言う意味

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • TB(-) |
  • CO(-) 
  • [Edit

入院日記1(手術前日)

実は、今回の入院に際して日記帳代わりのノートを1冊持っていった。
このノートには、入院中のイロイロなコトを書き留めておくつもりで持っていったものだ。
そのノートを基に、しばらく書き綴りたい。

この「日記」はあくまでも、「私の場合」についてで、他の乳がんの方とは同じではないと考えていただきたい。
と言うのも、今回入院をし同じ病棟(外科病棟)で、抗がん剤の影響による脱毛と思われる患者さんの姿を数多くみたからだ。
その患者さんたち総てが、乳がん患者さんと言う方たちだとは思わないが、私個人の想像を上回る患者さんの多さに驚き、その現実の厳しさを感じたのだった。

もう一つご理解いただきたいと思ったのは、私の場合は相当早期のがんであったことだ。
そのため今後乳がん治療として、一般的に言われている治療法とは違う可能性が高いと言う点だ。
むしろ、「私場合」から乳がんの早期発見・早期治療の重要性をご理解いただければ・・・と、思っている。

入院1日目
この日、午前中に入院手続きをし、病室へ。
病室は4人部屋。別に言う「大部屋」と呼ばれる部屋。
病棟の看護師さんが、入院スケジュールと院内での注意などについて説明に来られる。
必要物品の中で、事前に準備できなかった「T字帯」と「胸帯(2枚)」を購入するため、院内の売店に行く。
途中エレベーターを待っていたら、「霊安室」に移動するためのベットと入れ違ってしまった。
いきなり、気分が







買い物を済ませ、病室に戻ると看護師さんから「明日の手術箇所のマーキングのために、放射線科に行ってください」と連絡がある。
放射線科に行くと、先日エコー検査を担当してくれた医師が迎えてくれた。
個人的には、これまで検査をしてくれた病院の担当医である女医さんの方が安心できるし、実は入院した病院へも週1で来られている。
スケジュールさえ合えば、これまでの担当医の先生にお願いしたかった・・・。

胸にエコー用のジェルを塗り、バーコード読み取り器のような器具を胸に当てる。
そのとき、研修医と思しき医師(男1・女1)が入室。
研修医の先生がいるなら、いると事前に言って欲しかった・・・
ところが・・・この研修医さんたちのおかげで無事マーキングできたのだった。
と言うのも、この時使っていた機械と担当医の先生とは「相性が悪い」らしく、思い通りに操作ができず先生イライラ
それをフォローしたのは、研修医の女医さんだったのだ。
しかし・・・それでコトは済まなかった。

マーキングをするためのペンが、インク切れをしていたらしく、印がつかない。
そこで担当医の先生が持ち出したのは・・・黒の油性マジック。
「お風呂やシャワーを浴びても消えないようにネ」と言いながら、油性マジックでシッカリ印つけ。

病室に戻り、看護師さんが「マーキングの確認に来ました」といわれ、油性マジックで付けられた印を見せると・・・
「え゛~、先生、油性マジックで印つけちゃったの・・・」と暫し絶句
「ハァ~、そのようです」と答えると
「それは、とってもマズイです。執刀する先生に確認してきます」と言って、病室を出て行ってしまった。
私としては、どうし様もないコト。
しばらくして執刀医=私の主治医が病室に。
「マーキング見せて」といわれ、見せると・・・「オィオィ、○(丸)書いて・(チョン)かい」と苦笑い
私も「ハァ~・・・」としか、言いようがない。

この日は、執刀してくださる先生は午前・午後と手術予定が入っていて、私のマーキングを見にきてくれたのは、その合間のチョッとした時間だったようだ。
執刀医の先生からの手術内容などの説明の前に、麻酔担当の先生や術後経過を担当する乳腺外科の先生が次々と来られ、挨拶と説明を受ける。

午後5時からの手術内容の説明と、手術同意書などのために兄が来る。
やや時間がずれ込み、ようやく5時半頃から執刀医からの手術説明(もちろん、他の患者さんたちには分らないよう「面談室」で説明を受ける)。
この時、私の乳がんの状況をあらためて知ることとなる。

一つは「乳がんの位置と状況」
乳がんの位置は、比較的リンパ節に近いトコロにあると言うコト。
ただし、「非浸潤がん」でMRIやCTの結果などから、リンパ節への転移などは認められないと考えられるため、「センチネルリンパ節生検」は実施しない。
その後、執刀医の先生からは「がん」と言うコトバを聞くコトはなく、「石灰化部分」と言われた。

もう一つは石灰化部分と摘出の大きさ
私の場合「集簇性多成形石灰化」という状態であった事は、ブログ内で何度も書いてきた。
この状態と言うのは、マンモグラフィーで見ると「砂粒よりも小さな粒が、一箇所に複数集まっている」様に見える。
この「小さな石灰化した粒が、一箇所に複数集まっている」という状態が、乳がんの典型的な状態の一つらしい。
この範囲が、直径2cm。
周囲2cmを含め摘出するため、直径6cmの摘出・乳房温存の手術になる。という説明を図に書いて示される。
私のような場合、周囲3cmまで摘出(=直径8cm)してしまえば、再発などの心配はなくなるのだが、それだけの大きさを摘出すると言うコトは、乳房温存の手術としての意味はない、という説明もされた。
イメージ的につかめないため、「どのくらいの摘出でしょうか?」と聞くと「乳房全体の1/6です」といわれ、ショックを受ける。
先生も、私がショックだったのが分かったのか?「大丈夫、キチンと成形するから」と笑顔で答える。
手術予定時間は3時間。

同意書他複数の書類についての説明があった。
中には、摘出した病巣部分について「学術的研究への利用を認める」と言った内容や「輸血」についての同意書も合った。
私場合、「最初から輸血の予定はない」と執刀医の先生に言われていたのだが、万が一のためと宗教上の問題の回避のためと言うコトだった。

その後病室に戻り、手術の同意書他幾つかの書類に兄と私のサインをする。
その中に「深部静脈血栓症防止ソックス着用について」という書類もあり、「深部静脈血栓症」って何かと思ったら、一般的に「エコノミークラス症候群」と言われているモノだと分る。
その予防ソックスを手術中~翌朝まで穿く為の同意書だった。
もちろん、このソックスは買取。
今後は、足のむくみ防止のために自宅や泊りがけの貧乏旅行先で利用するコトを考えている。

夕食後、看護師さんが「下剤・安定剤・胃薬」を就寝前に持ってきて、飲む。
よほど安定剤(=睡眠導入剤)が効いたのか?翌朝までグッスリだった。
スポンサーサイト

Comment[この記事へのコメント]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

のんチャン

Author:のんチャン
某水色サッカーチームサポで、元重度鉄欠乏性貧血患者
2010年3月乳がんの手術。現在普通に生活。
乳がん「備忘録」兼サッカーやお料理などを気ままに不定期更新。
本業は、密かに「地域密着系スポーツ・マーケティングプランナー」を目指す、売れないマーケティングプランナー
母屋ブログはこちら↓
http://blog.goo.ne.jp/happy-kernel-0297

乳がんと闘うみなさまへ
「患者力を高める5のポイント」
1.不安や疑問があった時は、再予約をしても聞くようにする
2.大切な面談(検査結果を聞くような時)は、家族や友人と一緒に聞く
  もし、一人で行く場合は、レコーダーなどに録音をする
3.聞きたいコトは、5つ程度のポイントにまとめ、メモにし診察時に見せるようにする
4.自分の希望や考えを伝える
5.医師の目を見て話す
  もし、目を背けるような担当医であれば、「○○先生」と呼びかてでも自分に向かせる
 
以前出席させていただいた「J&J・乳がんメディア&ブロガーセミナー」で、医療ジャーナリストさんがお話されたコトです。
是非、参考にしてください。
そして「がんサバイバー」を目指しましょう。

乳がんについて詳しく知りたい方へ
日本乳癌学会のサイト内に、一般向けサイトがあります。
リンクを貼りましたので、そちらからアクセスをして下さい。
乳がん?と思ったら、必ず専門医に相談をして下さいね。
そのための参考サイトです。

「質の高い乳がん検診」を受けるため、NPO法人日本乳がん検診精度管理機構認定の施設、マンモグラフィ読影医師、そしてマンモグラフィ放射線技師のいるリストを参考にしてください。
「施設・読影医師・放射線技師」の3条件が揃うことが、重要です。
それぞれのリストをリンクしました。ぜひ参考にしてください。


国立がんセンター精神腫瘍学グループでは、患者さん向け「質問促進パンフレット」等を用意しています。
下記リンクよりアクセスをお願いします。
PDFファイルですが、是非、重要な面談の時の質問などにご活用ください。

名古屋のがん拠点病院で「傾聴会」を開催している、NPO法人ミーネット。
乳がんに限らず、がんについて不安なことがあれば気軽にご相談下さい。
また、市民向け公開講座なども開催しています。
下のリンクよりスケジュール等、ご確認下さい。

乳がんと子宮体がん経験者の桃杏さんが、乳がん患者さん向けの傾聴会を東京で始められました。
Pink&Paechさんのリンク内のブログから、お問い合わせ下さい。

ブログ内検索

最近の記事

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。