さらな日記 

某水色サッカーチームを偏愛する、元気過ぎる乳がん患者。乳がんサバイバーを目指す、乳がん「備忘録」兼徒然日記 「さらな」とは、サンスクリット語の「安らぎ・癒し」と言う意味

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • TB(-) |
  • CO(-) 
  • [Edit

私が乳がんと向き合えたわけ

昨日、国府宮神社の「なおいお茶会」に誘ってくれた友人から、「よく、冷静に自分の状況を分析して、判断できたね~」言われてしまった
自分的には結構凹んだり、動揺したりしているんですが・・・おそらく、他の人からみるとそんな感じには見えないんだろうな~と。
それで改めて「乳がんと向き合えたわけ」を考えてみた。

行き着いた理由の一つが、「彼女」の存在があったからかも知れない・・・と思ったのだった。
「彼女」とは、1979年の夏に亡くなった「ミニー・リパートン」。
彼女の大ヒット曲「loving you」は、今でも彼女のオリジナルでもよく聴く楽曲だし、イロイロな人がカバーをしたり、テレビCMで使われいたりするので、「ミニー・リパートン」を知らなくても、楽曲だけは知っていると言う方は多いと思う。

でも、彼女がこの曲を大ヒットさせた直後、乳がんの告知を受け、全摘の手術を受けていたことは余り知られていないと思う。
そして、1978年リンパ節に転移した状態で再発。
それでも、ライブ活動は止めることはせず、動かない腕にマイクをテーピングをし、ステージに立っていたし、「自分の生きた証」として2枚のアルバム製作を進めていた、と言うコトも知らない方のほうが多いだろう(1枚は、存命中に発表、もう一枚は遺作として死後、未完成部分を友人アーティストたちの協力によって発表された)。
もちろん、この2枚のアルバムは持っている(LPレコードですが、何か?)。

最初の「乳がん告知」のとき、当時としては珍しく彼女自身が「乳がんの手術のためにライブ活動を一時中止」を発表していたので、彼女の「乳がんと立ち向かう姿」を洋楽ファンの1人として見てきた私は、「凄い女性だな~。生きるコトに真摯で母親として残していく子供たち(男の子と女の子の2人のお子さんがいた)へのメッセージなど、見習うべきところがいっぱいあるな~」と思っていたし、尊敬している部分もあった。

まさか、30年後早期発見とはいえ、自分が乳がんになるとは思いも寄らなかったことだが、彼女の生き方を見ていたからこそ、「乳がんと向き合う」コトができたのかも知れない・・・と。


↑はyoutubeにあった、1974年の乳がんが見つかる前のミニーが「ソウル・トレイン」という老舗音楽番組に出演した時のもの。
↓は、同じく「ソウル・トレイン」に1978年に出演した時のもの。

この時、既にリンパ節にがんが転移し、余命宣告を受けていたと思います。
動きが不自然なのは、リンパ節にがんが転移したため、右腕が動かなかったため。
でも、コレだけの笑顔で、パワフルな歌声を聞かせていたんですね~。
やっぱり、勇気づけられます。

さあ!明日からの入院・手術は、良い結果だけを考えて臨もう!
スポンサーサイト

Comment[この記事へのコメント]

頑張って! 

たまたま、ひらいたブログで、明日から入院って知りました。
いまが一番辛い時(?)かもしれませんが…幸い初期とのこと…。明日から頑張って治療に専念して、早く元気になってくださいね!
  • ともとも 
  • URL 
  • at 2010.03.08 22:54 
  • [編集]

無事、帰って来ました 

ともともさん、コメントありがとうございました。
お返事が遅くなりましたが、手術も無事成功し帰ってきました。

私の場合、本当に早期乳がん&体力もあったので術後の経過もすこぶるよく、退院するコトができました。
これから暫く「入院日記」を綴っていきます。

また、コメントを下さいね。
  • のんチャン 
  • URL 
  • at 2010.03.19 20:36 
  • [編集]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

のんチャン

Author:のんチャン
某水色サッカーチームサポで、元重度鉄欠乏性貧血患者
2010年3月乳がんの手術。現在普通に生活。
乳がん「備忘録」兼サッカーやお料理などを気ままに不定期更新。
本業は、密かに「地域密着系スポーツ・マーケティングプランナー」を目指す、売れないマーケティングプランナー
母屋ブログはこちら↓
http://blog.goo.ne.jp/happy-kernel-0297

乳がんと闘うみなさまへ
「患者力を高める5のポイント」
1.不安や疑問があった時は、再予約をしても聞くようにする
2.大切な面談(検査結果を聞くような時)は、家族や友人と一緒に聞く
  もし、一人で行く場合は、レコーダーなどに録音をする
3.聞きたいコトは、5つ程度のポイントにまとめ、メモにし診察時に見せるようにする
4.自分の希望や考えを伝える
5.医師の目を見て話す
  もし、目を背けるような担当医であれば、「○○先生」と呼びかてでも自分に向かせる
 
以前出席させていただいた「J&J・乳がんメディア&ブロガーセミナー」で、医療ジャーナリストさんがお話されたコトです。
是非、参考にしてください。
そして「がんサバイバー」を目指しましょう。

乳がんについて詳しく知りたい方へ
日本乳癌学会のサイト内に、一般向けサイトがあります。
リンクを貼りましたので、そちらからアクセスをして下さい。
乳がん?と思ったら、必ず専門医に相談をして下さいね。
そのための参考サイトです。

「質の高い乳がん検診」を受けるため、NPO法人日本乳がん検診精度管理機構認定の施設、マンモグラフィ読影医師、そしてマンモグラフィ放射線技師のいるリストを参考にしてください。
「施設・読影医師・放射線技師」の3条件が揃うことが、重要です。
それぞれのリストをリンクしました。ぜひ参考にしてください。


国立がんセンター精神腫瘍学グループでは、患者さん向け「質問促進パンフレット」等を用意しています。
下記リンクよりアクセスをお願いします。
PDFファイルですが、是非、重要な面談の時の質問などにご活用ください。

名古屋のがん拠点病院で「傾聴会」を開催している、NPO法人ミーネット。
乳がんに限らず、がんについて不安なことがあれば気軽にご相談下さい。
また、市民向け公開講座なども開催しています。
下のリンクよりスケジュール等、ご確認下さい。

乳がんと子宮体がん経験者の桃杏さんが、乳がん患者さん向けの傾聴会を東京で始められました。
Pink&Paechさんのリンク内のブログから、お問い合わせ下さい。

ブログ内検索

最近の記事

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。