さらな日記 

某水色サッカーチームを偏愛する、元気過ぎる乳がん患者。乳がんサバイバーを目指す、乳がん「備忘録」兼徒然日記 「さらな」とは、サンスクリット語の「安らぎ・癒し」と言う意味

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • TB(-) |
  • CO(-) 
  • [Edit

「至福のサッカー」-名波の引退試合-

昨日、名波の引退試合へ行って来た。
エコパは寒かったさむっ…!
一応、足先カイロと座布団、ひざ掛けを用意し、当然ダウンコートにジーンズの下にはタイツ+スパッツという「完全防寒」で行ったんだけど・・・さむっ…!

先月京都へ遊びに行った時に使った「青春18きっぷ」の残りを使って、名古屋から愛野までJRで。
いつもはそれほど込まない、豊橋から物凄く込んでいる。
電車に乗っている人の姿を見ると、皆さん何気に「水色」だったり「プーマ」を着ていたりする。
当然ですが、この人たちは「名波引退試合」に行く人たち、と考えて間違いない!
で、たまたま隣に立っていたお嬢さんが、デジカメに電池を入れようとした時「ツルリ」と乾電池が落ち、私のカバンのポケットへ・・・。
このカバン、別名「サッカー観戦バッグ」。
で、13年ほど前に自分で作ったモノ。
このカバンを持って、磐田に通い、代表の試合を観戦しに横浜や国立に行った。
そのため、カバンの中にはジュビロが優勝した時の記念ステッカーなんかが、入ったままになっていたりして・・・。
丁度、乾電池が落ちた私のカバンのポケットにステッカーが入っていて、「アラ!懐かしいモノが!!!」と。
そこから、私の周囲に人たちと一緒に「サッカー談義」が始まり。
こういう時間が自然発生するのも、サッカーの楽しさ。

観戦者数43077人。
「さすが名波!」と言うべきなのか?、「コレだけの面子が揃えば当然」というべきなのか?
日本が初めてW杯に出場した時のメンバー+ジュビロに所属していなかった代表歴のある選手+(ひな壇芸人?)土田晃之+やべっちが「AZZURRI GIAPPONE」。
もちろん、「Jリーグ史上最強」といわれた(おそらく、未だに超えたチームは無いと思うけどにやり)2002年のジュビロ+ワッキー+ミスチルの桜井君という「STELLE JUBILO」メンバー構成ですもの、人が集まらないはずが無い!
そんなコトもあって、どうしても欲しかったプログラムが・・・私の10人ほど前で「完売」
ココでクラブに文句アリ!怒り
名波がイタリアに行った時とか、何かあった時の試合のプログラムはいつも「早期完売」だったはず!
どうして、多く印刷しておかないかな~。
試合当日じゃなくても、この試合のプログラムなら「欲しい!!!」という人は、後が絶たないんだから。
こういうトコロが、商売下手なんだよね。
年末送られてきた「サポマガ」についても、チョッと言いたいコトがあるので、メールをしておくかため息

私の座った席は、メイン・アゥエー側の最前列。
フッと右側をみると、放送ブースがセットしてある。
よくよく見ると「やべっちFC」のパネル。
前半終了後、「やべっちFC」の前田アナが目の前を通ると、顔の小ささが一際目立ちました顔-ビックリ2

で、試合ですが・・・。
本当に「至福のサッカー」でしたうわぁ・・・
まぁ、決定的場面でゴンが外すというのもお約束だと考えれば、それなりにOK。
とにかく、登場した選手みんなが「楽しい!!!」という表情で、ボールを追い、声をかけ、悔しがっている。
観戦している人たちも、さすが「サッカー王国・静岡」だけあって、応援の声をかけたりスタジアムが沸く時の間が本当に良い。
そんな声援に、選手たちもますます元気に「アラフォー、ギリギリプレー」。
J's GOALにUpされているコメントも「楽しかった」と・・・。

「STELLE JUBILO」選手コメント
「AZZURRI GIAPPONE」選手コメント

名波の人柄というトコロもあるんだけど、これ以上のメンバーでこれ以上の試合が今後できるのだろうか?とも、思ってしまった。
それは、スタジアムの雰囲気も含めてということだけど。
と同時に、この試合は素晴らしい実績と日本サッカーに貢献した功労者たちみんなの、「引退試合」でもあり「新しい門出」の試合だったな~と、思ってしまった。
実際、相馬君や福ちゃんなんかは「引退試合」があってもおかしくない選手たち。
でも、移籍などが重なった事などで「引退試合」が行われなかった。
そんな選手たちの「花道」でもあり、「新しい門出」の試合になったような気がする。
そんな心遣いがあるのも、「友達思い」の名波らしいんだけどねウィンク

おそらく、この試合をテレビ中継なりスタジアムで見たであろう、現選手たちは何を感じ取ってくれたかな~?
高い技術だけではない、互いの持っているものを引き出しあいながら、同じイメージを瞬時で共有し、プレーするという楽しさ、素晴らしさ・・・そこを目指して欲しいんだけど。
「楽しんでやりたいです」などと、気安く口にする選手たちが最近多いけど、「楽しんでやるサッカー」というのは、このレベル以上のコト。
分ってるんだろうか?本当に・・・アップロードファイル
スポンサーサイト

Comment[この記事へのコメント]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

のんチャン

Author:のんチャン
某水色サッカーチームサポで、元重度鉄欠乏性貧血患者
2010年3月乳がんの手術。現在普通に生活。
乳がん「備忘録」兼サッカーやお料理などを気ままに不定期更新。
本業は、密かに「地域密着系スポーツ・マーケティングプランナー」を目指す、売れないマーケティングプランナー
母屋ブログはこちら↓
http://blog.goo.ne.jp/happy-kernel-0297

乳がんと闘うみなさまへ
「患者力を高める5のポイント」
1.不安や疑問があった時は、再予約をしても聞くようにする
2.大切な面談(検査結果を聞くような時)は、家族や友人と一緒に聞く
  もし、一人で行く場合は、レコーダーなどに録音をする
3.聞きたいコトは、5つ程度のポイントにまとめ、メモにし診察時に見せるようにする
4.自分の希望や考えを伝える
5.医師の目を見て話す
  もし、目を背けるような担当医であれば、「○○先生」と呼びかてでも自分に向かせる
 
以前出席させていただいた「J&J・乳がんメディア&ブロガーセミナー」で、医療ジャーナリストさんがお話されたコトです。
是非、参考にしてください。
そして「がんサバイバー」を目指しましょう。

乳がんについて詳しく知りたい方へ
日本乳癌学会のサイト内に、一般向けサイトがあります。
リンクを貼りましたので、そちらからアクセスをして下さい。
乳がん?と思ったら、必ず専門医に相談をして下さいね。
そのための参考サイトです。

「質の高い乳がん検診」を受けるため、NPO法人日本乳がん検診精度管理機構認定の施設、マンモグラフィ読影医師、そしてマンモグラフィ放射線技師のいるリストを参考にしてください。
「施設・読影医師・放射線技師」の3条件が揃うことが、重要です。
それぞれのリストをリンクしました。ぜひ参考にしてください。


国立がんセンター精神腫瘍学グループでは、患者さん向け「質問促進パンフレット」等を用意しています。
下記リンクよりアクセスをお願いします。
PDFファイルですが、是非、重要な面談の時の質問などにご活用ください。

名古屋のがん拠点病院で「傾聴会」を開催している、NPO法人ミーネット。
乳がんに限らず、がんについて不安なことがあれば気軽にご相談下さい。
また、市民向け公開講座なども開催しています。
下のリンクよりスケジュール等、ご確認下さい。

乳がんと子宮体がん経験者の桃杏さんが、乳がん患者さん向けの傾聴会を東京で始められました。
Pink&Paechさんのリンク内のブログから、お問い合わせ下さい。

ブログ内検索

最近の記事

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。