さらな日記 

某水色サッカーチームを偏愛する、元気過ぎる乳がん患者。乳がんサバイバーを目指す、乳がん「備忘録」兼徒然日記 「さらな」とは、サンスクリット語の「安らぎ・癒し」と言う意味

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • TB(-) |
  • CO(-) 
  • [Edit

乳がん検診MRI結果

世間的には「クリスマス」なんですよね[XmasOrns]クリスマスツリー*水色の飾り †SbWebs†
でも、私としてはとても「クリスマス気分」にはならない・↓
2週間前に受けた「乳がん検診のMRI」の結果を、今日聞く日だったから。

結果「乳腺症の可能性も捨てきれないが、乳がんと考えるのが自然」と言うコト。
「癌」の進行度を数値で表すと「0」。



これまでに受けた検査は・・・
①マンモグラフィー(2回)
②エコー(2回)
③MRI
④穿刺吸引細胞診
と基本的な「触・視診」。
この中のマンモグラフィーで「集簇性石灰化・カテゴリー5」という状態で見つかり、MRIでは「モヤ」とした状態で映しだされた。
と言っても、MRI直後の画像診断では「モヤ」ッとした感じで、同じ様な画像が右にもあったため、詳しい画像診断の結果を今日聞きに行った、と言うコトなのだ。

そして、現在の「がんの進行度ステージ0」の状態で、「乳管内に石灰化があり」という説明。
このレベルでは、「触診でしこりが分らない」らしい。
④の穿刺吸引細胞診では、石灰化した部分を吸引して採取した時、その「石灰化した部分がはがれやすい」と言う点で、「がん」を疑っている、と言うコトも付け加えられた。
「超早期」ということなのだろう。

もちろん、担当医の先生は「検診を受けてよかったでしょ」と、言ってくださったのだけれど・・・。
私の場合、「検診を受ける気になった」理由が、「友人・知人が乳がんになった」とか「がん家系だから」というのではない。
ブラを着ける時とか、お風呂上りにボディークリーム(やローション)をつけるときに、おっぱいが「変?」と感じたからなのだ。
「手で分った」のではなく、「おっぱいが『変?』というサインを出した」からなのだ。
その事を担当医の先生に話すと、「自分の体に対して、センシティブな人だからですよ。体が出したサインを見逃さない人は、本当に少ないんですよ」というお話。

で、次回は年が明けて1月22日に再び検査。
今度は「マンモトーム」という検査。
その説明を受け、同意書にサイン。
検査に向けての採血と「止血速度のチェック(これが、耳たぶに注射針を指し、わざと出血させるという方法。注射の痛みとかは、余り無いんですけどね)」。
採血などをするのは、「マンモトーム」という検査が「局部麻酔」をし、(石灰化部分に近い)胸の一部を切開(5㎜程度)そこから、注射針を入れ生体を採取するため。
この結果を受けて、手術プランができる様だ。
一応、「いつぐらいが手術になりますか?」と尋ねると、「遅くても2月中」というお話。
それにしても、検査代でお金が飛ぶ大泣き

まぁ、普段通りの生活ができるし、お酒もOK(飲まないけど苦笑い)。
明るい新年を迎えるとは思えないけど、普通には過ごせそうだ。

とりあえず、名波の引退試合だけは十分楽しんでこよう!

本日の費用:初・再診療112点
        検査料  543点
          計   655点
本人負担額:1,970円
スポンサーサイト

Comment[この記事へのコメント]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

のんチャン

Author:のんチャン
某水色サッカーチームサポで、元重度鉄欠乏性貧血患者
2010年3月乳がんの手術。現在普通に生活。
乳がん「備忘録」兼サッカーやお料理などを気ままに不定期更新。
本業は、密かに「地域密着系スポーツ・マーケティングプランナー」を目指す、売れないマーケティングプランナー
母屋ブログはこちら↓
http://blog.goo.ne.jp/happy-kernel-0297

乳がんと闘うみなさまへ
「患者力を高める5のポイント」
1.不安や疑問があった時は、再予約をしても聞くようにする
2.大切な面談(検査結果を聞くような時)は、家族や友人と一緒に聞く
  もし、一人で行く場合は、レコーダーなどに録音をする
3.聞きたいコトは、5つ程度のポイントにまとめ、メモにし診察時に見せるようにする
4.自分の希望や考えを伝える
5.医師の目を見て話す
  もし、目を背けるような担当医であれば、「○○先生」と呼びかてでも自分に向かせる
 
以前出席させていただいた「J&J・乳がんメディア&ブロガーセミナー」で、医療ジャーナリストさんがお話されたコトです。
是非、参考にしてください。
そして「がんサバイバー」を目指しましょう。

乳がんについて詳しく知りたい方へ
日本乳癌学会のサイト内に、一般向けサイトがあります。
リンクを貼りましたので、そちらからアクセスをして下さい。
乳がん?と思ったら、必ず専門医に相談をして下さいね。
そのための参考サイトです。

「質の高い乳がん検診」を受けるため、NPO法人日本乳がん検診精度管理機構認定の施設、マンモグラフィ読影医師、そしてマンモグラフィ放射線技師のいるリストを参考にしてください。
「施設・読影医師・放射線技師」の3条件が揃うことが、重要です。
それぞれのリストをリンクしました。ぜひ参考にしてください。


国立がんセンター精神腫瘍学グループでは、患者さん向け「質問促進パンフレット」等を用意しています。
下記リンクよりアクセスをお願いします。
PDFファイルですが、是非、重要な面談の時の質問などにご活用ください。

名古屋のがん拠点病院で「傾聴会」を開催している、NPO法人ミーネット。
乳がんに限らず、がんについて不安なことがあれば気軽にご相談下さい。
また、市民向け公開講座なども開催しています。
下のリンクよりスケジュール等、ご確認下さい。

乳がんと子宮体がん経験者の桃杏さんが、乳がん患者さん向けの傾聴会を東京で始められました。
Pink&Paechさんのリンク内のブログから、お問い合わせ下さい。

ブログ内検索

最近の記事

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。