さらな日記 

某水色サッカーチームを偏愛する、元気過ぎる乳がん患者。乳がんサバイバーを目指す、乳がん「備忘録」兼徒然日記 「さらな」とは、サンスクリット語の「安らぎ・癒し」と言う意味

スポンサーサイト

家族性乳がんのデータベース化

先日、朝日新聞の一面に「遺伝性乳がん、データベース化」という内容の記事が掲載されていた。この内容の趣旨となるモノが、今年熊本で行われた「日本乳癌学会」での日本人BRCA遺伝子異変陽性患者データベース化」だと思われる。現在「遺伝性乳がん(「家族性乳がん」とも呼ばれる)」の患者さんの多くが、「BRCA」という遺伝子に異変がある、と言うコトは判っている。しかし、それは米国などでの研究を主体としたもの。で...

ご心配、おかけしました

先日のエントリで、お返事コメントが送信できない(号泣)をさせて頂いたところ、拙ブログに来て下さる方々から、親切丁寧なご教示を頂きました。大変ありがとうございます。母屋ブログと離れコト拙ブログを始め、8年以上。母屋ブログはFC2では無いし、元々内容もビジネス向けのもの。そのため、NGワードとなりそうな差別用語的なモノは、極力最初から使わない様にしています。それに、元々コメントが少ないのでお返事もほと...

何故か、お返事コメントが嫌われて・・・(号泣)

Chikoやんさんと、夢勇さんからコメントを頂いてるのに、お返事コメントを送信すると「不正なコメント」と表示されてしまうんです申し訳ありませんが、こちらでお返事をさせて頂きますchikoやんさん、コメントありがとうございました。「がん検診」を受けない理由として「がんだと怖い」という方と「自分は健康には自信がある!」と思い込んでいる方が、多いそうです。実は、私は後者のほうでした。2009年の夏頃、お...

ピンクリボンフェスティバル シンポジウムin名古屋-2-

昨日からの引き続きです。第二部は、タレントで乳がん経験者の泉アキさんの「トークショー」。持ち時間は20分、と言う「ショート・トークショー」。やはり、泉さんは話慣れていらっしゃるのでしょうね。面白可笑しく、ユーモアを交えてご自分の生い立ちや乳がんになった時のこと、そして乳がんから学んだコトなどを上手に話して下さいました。泉さんのユーモア溢れるお話を、私のつたない文章では伝えきれないので割愛をさせて頂...

ピンクリボンフェスティバル・シンポジウムin名古屋-1-

今日は、午後から名古屋大学・豊田講堂へお出かけ「ピンクリボンフェスティバル シンポジウムin名古屋」への出席です。第一部は、「乳がんのコトを知ろう!」という内容。お話をされたのは、愛知県がんセンター副院長で乳腺外科部長の岩田広治先生と浜松オンコロジーセンター院長の渡辺亨先生。第二部はタレントで乳がん経験者の泉アキさんのトーク。その後、岩田先生・渡辺先生・泉アキさんと乳がん看護認定看護師・酒井裕美さ...

臨床医になりたかったんだろうな~

今週、何かと話題になった「iPS細胞」。山中教授のノーベル賞の受賞はおめでたいコトでしたが、一方では「臨床に成功」という虚偽も発覚。ご存じの方も多いと思うので、詳細を書く必要は無いと思います。ただ、この虚偽の臨床を発表した人のコトを考えると、複雑なモノを感じる。せっかく医学系の大学・大学院を卒業しているのに、医師免許を持っていない、と言うコンプレックスと臨床医に対する憧れの様なモノがあったのでは?...

山中教授のノーベル賞受賞に思う

昨夜飛び込んできたビックニュース。ご存じの通り、「iPS細胞」の研究を行っている京都大学の山中教授のノーベル賞生理学・医学賞受賞。おめでとうございます今年3月、名古屋大学のオープンレクチャーで「血管再生医療」の公開講座に、行ってきて良かった~と、このニュースを聞いて思った。その時のエントリは→「名古屋大学へお出かけ」この時、講義をして下さった先生が、室原教授。もちろん、iPS細胞を使った血管再生医...

「うどん」だけじゃなかったんだね!

タイトルとカテゴリーが、不一致の様なタイトルですが・・・。新聞チェックをしていたら・・・とっても素敵な「ピンクリボン」を発見!「和三盆のピンクリボン」一応写真もUp!朝日新聞WEBサイトより「香川県=うどん県」と最近言われているけど、「和三盆」も香川の名品でしたね!すっかり「うどん県」のインパクトが強くって、忘れていました(その名品を、こんな形にして「ピンクリボン」を盛り上げる!なんて、素敵な発想...

ピンクリボンと・・・

今月は「乳がん検診の推進と乳がんを知る」月間。いわゆる「ピンクリボン月間」。今日、自宅の郵便受けに先日応募した「ピンクリボンフォーラムin名古屋」の案内が来ていた。14日は、名古屋大学・豊田講堂で愛知県がんセンターの岩田先生や浜松のオンコロジーセンターの渡辺先生のお話を、しっかり聞いてこようと思っています。写真撮影や録音・録画は禁止のようですが、講演内容をメモってブログなどにUpするコトに関しては触れ...

Menu

プロフィール

のんチャン

Author:のんチャン
某水色サッカーチームサポで、元重度鉄欠乏性貧血患者
2010年3月乳がんの手術。現在普通に生活。
乳がん「備忘録」兼サッカーやお料理などを気ままに不定期更新。
本業は、密かに「地域密着系スポーツ・マーケティングプランナー」を目指す、売れないマーケティングプランナー
母屋ブログはこちら↓
http://blog.goo.ne.jp/happy-kernel-0297

乳がんと闘うみなさまへ
「患者力を高める5のポイント」
1.不安や疑問があった時は、再予約をしても聞くようにする
2.大切な面談(検査結果を聞くような時)は、家族や友人と一緒に聞く
  もし、一人で行く場合は、レコーダーなどに録音をする
3.聞きたいコトは、5つ程度のポイントにまとめ、メモにし診察時に見せるようにする
4.自分の希望や考えを伝える
5.医師の目を見て話す
  もし、目を背けるような担当医であれば、「○○先生」と呼びかてでも自分に向かせる
 
以前出席させていただいた「J&J・乳がんメディア&ブロガーセミナー」で、医療ジャーナリストさんがお話されたコトです。
是非、参考にしてください。
そして「がんサバイバー」を目指しましょう。

乳がんについて詳しく知りたい方へ
日本乳癌学会のサイト内に、一般向けサイトがあります。
リンクを貼りましたので、そちらからアクセスをして下さい。
乳がん?と思ったら、必ず専門医に相談をして下さいね。
そのための参考サイトです。

「質の高い乳がん検診」を受けるため、NPO法人日本乳がん検診精度管理機構認定の施設、マンモグラフィ読影医師、そしてマンモグラフィ放射線技師のいるリストを参考にしてください。
「施設・読影医師・放射線技師」の3条件が揃うことが、重要です。
それぞれのリストをリンクしました。ぜひ参考にしてください。


国立がんセンター精神腫瘍学グループでは、患者さん向け「質問促進パンフレット」等を用意しています。
下記リンクよりアクセスをお願いします。
PDFファイルですが、是非、重要な面談の時の質問などにご活用ください。

名古屋のがん拠点病院で「傾聴会」を開催している、NPO法人ミーネット。
乳がんに限らず、がんについて不安なことがあれば気軽にご相談下さい。
また、市民向け公開講座なども開催しています。
下のリンクよりスケジュール等、ご確認下さい。

乳がんと子宮体がん経験者の桃杏さんが、乳がん患者さん向けの傾聴会を東京で始められました。
Pink&Paechさんのリンク内のブログから、お問い合わせ下さい。

ブログ内検索

最近の記事

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

カレンダー

09 | 2012/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。