さらな日記 

某水色サッカーチームを偏愛する、元気過ぎる乳がん患者。乳がんサバイバーを目指す、乳がん「備忘録」兼徒然日記 「さらな」とは、サンスクリット語の「安らぎ・癒し」と言う意味

スポンサーサイト

乳がん1dayフォーラム おまけ

チョット話が前後しますが・・・日曜日にあった「乳がん1dayフォーラム」のオマケ話です。1.帯状疱疹をした人は、乳がんリスクがある?  2部に行われたテーマ別グループでの話し合いの場で、各テーブルを回っていた岩田先生が、丁度私たちのテーブルに来られた時に、そんなお話を伺いました。  実際、ネットで調べてみると、その様な傾向がある様です。  とすれば・・・チョット心配になったのは、皇太子妃・雅子さま...

経過検診(10回目)

昨日は1日、乳がんフォーラム。そして今日は、10回目の経過検診。本当に早期だったので、今では乳がんの勉強は「新しい知識を得るチャンス!」と言う感じ。そして経過検診は、スパルタな主治医との「トークバトルの日」今日は予約が午前の比較的早い時間だったため、病院到着は8時半過ぎ。いつものように再外来の自動受付をし、2月以来の受診なので保険証の確認。外科の受付に行くと、乳腺の受付には既に列ができている。受診...

乳がん1dayフォーラム 続き

いよいよ「乳がんである」と告知されてからは、治療に向けての準備。がんには、「標準治療=現時点での臨床試験などの結果から、最適で一番効果が高いと認められている治療」が、基本治療となり、生命保険会社のテレビCMなどで盛んに言われている「高度先進医療」を、いきなり治療の対象とするコトは無い。大切なコトは、その前(=早期発見)に治療を開始し完治させるコト。完治できなくても、上手にがんと付き合いながら人生を...

乳がん1dayフォーラム

今日、私が入会をしている「ピアサポーター」の会が主催した、乳がんの講演会に行ってきた。講演は、愛知県がんセンターの岩田広治先生の「乳がんと治療について」と乳がん患者で現在ピアサポーターとして活躍をされている方が、お話をされた。その前に・・・「ピアサポーター」というコトバに、馴染みが無いと思う。「ピアサポーター」というのは、ある病気に罹った患者さんがその経験・体験を基に、他の患者さんに治療以外のアド...

認知症と・・・・我が家の場合

適切なカテゴリーが無いので、「思いつくまま」というコトにさせて頂きました。昨日のエントリで、拙ブログによく来て下さりコメントも必ずして下さる夢勇さんのコメントを拝読して、今日のエントリを書いている。実は、今年七回忌をした母は、亡くなる随分前から早期の認知症の症状があった。と言っても「アルツハイマー型認知症」というのでは無く、おそらく「脳疾患系認知症」だったのでは?と思っている。事実、母がくも膜下出...

存在そのものが個性なんだ!

今週お出かけをした「脳と心のエイジング」というテーマの、公開講座。タイトルは「脳と心のエイジング」となっていますが、実は「高齢期の心理的変化と生活への影響」というサブタイトルが付いていました。内容は「認知症と生活行動への影響」。当然、出席されている方々は65歳以上と思われる方々ばかり。おそらく私と誘った友人が一番若かったと思う(キッパリ)。あ、私たちよりも若かったのは講師の先生です。内容は、1.「...

日進月歩の乳がん検査

実は、今日「脳と心のエンジング・高齢期の心理的変化と生活への影響」というテーマの市民公開講座へ出かけた。今回は「お茶代:500円」という、参加費が必要だったけど内容の濃いお話だった。でも、今日は違うお話。先週の土曜日、諸般の事情により愛知県がんセンター主催の「市民公開講座」へ出かけるコトが、できなかった実は同じ土曜日に、NHKEテレ(旧「教育テレビ」)で、「グラン・ジュテ~私が跳んだ日~」で、何森...

ドナサマーと癌

昨日、新聞の訃報欄に「ディスコの女王・ドナ・サマー亡くなる」という記事があった。「ディスコの女王・ドナ・サマー」と言われても、ご存じでは無い方のほうが多いと思う。理由は、欧米での人気の高さに比べると、日本では余り人気があったとは言えないから。私の様に中学~社会人まで、ズ~ッと相当なコアな洋楽ファンなら、ご存じの方もいらっしゃるかも知れない。と言っても、グラミー賞を5回受賞する程の実力派シンガーだっ...

毎日の「おまじない」

実は、乳がんの手術をして退院してから、ほぼ毎日の様にするコトがある。それは・・・寝る前に、自分の体に話しかけるコト。「今日も1日、ありがとうね。手術の時、痛かったね。我慢したね。ありがとうね」と言いながら患部をゆっくり触る。もちろん反対側も「検診で、問題無かったよ。ありがとうね」と、同じように「ありがとう」と言いながら、ゆっくりと触る。お腹が痛い時には「お腹痛いね。大丈夫かな?お薬飲んだからね」と...

この木、何の木・・・なんじゃもんじゃ

 「お出かけ」と言う程ではありません。近所の公園の木です。いつもながら携帯のカメラなので、チョットわかりにくいかも知れませんが・・・。新緑の葉に白い綿帽子がのっている様な木。毎年この季節になると、見られる光景。白い綿帽子の様に見えるのは、花。この写真を撮ったときは、余り風が強くなかったのですが・・・ここ2,3日の強風で、花が一気に散ってしまった様。木の名前は「なんじゃもんじゃの木」と言います。学術...

モーリス・センダックの訃報

新聞にモーリス・センダックの訃報があった。もしかしたら、「モーリス・センダックって誰?」という方もいらっしゃるかも知れない。20世紀を代表する米国の絵本作家で、いくつもの絵本の賞を受賞している。そして私の大好きな絵本作家の一人でもある。一番有名な作品と言えば「かいじゅうたちのいるところ」だと思う。この作品は、アンデルセン賞やコールコデット賞などを受賞している。2009年には、スパイク・ジョーンズが...

ちょっぴり社会貢献

余りパッとしないお天気。と言っても、週末の買い物にはお出かけ。買い物途中、チョッとしたイベント会場を見つけ、覗いて見る。イベント会場となっていた場所は、ある個人の方が「戦争と平和について考える場所を造って!」と願って土地とお金を寄付して造られた建物。年に数回、イロイロなイベントを催しているのですが、なかなかタイミングが合わず・・・今回は、お伺いするコトができました。と言っても私の目的は「戦争と平和...

東海地区限定「乳がん公開講座」情報

昨年、乳がんを含む「がん」についての公開講座に出かけるコトが多かった。その大きな理由は、まず「自分が戦う相手を知る」と言うコトが大切だと思ったから。そして「がん」という病気を知るにつれ、「がん」という病気そのものに興味が湧いた。そんな患者は多く無いと思うけど・・・そして、昨年いくつか出かけた「がん講座」を主催していたのが、愛知県がんセンターだった。今年、そのがんセンターから本年度の「がん公開講座」...

「ことば」と出会う

世間ではGWと言うコトで、お出かけという方も多いと思う。私は先月実家に帰ったりした関係上、お出かけ資金が。元々お散歩なども、自宅発・自宅着と言うお金をかけずに、楽しいことを見つける!と言うのが、私の楽しみ方。そこで、今回は家で、ゆっくり本を読んで過ごすことに。GW前に購入した本を3冊読了。1冊は拙ブログでも紹介をしたジル・ボルト・テイラー博士の「脳の奇跡」(新潮社のサイトに飛びます。ページの中程に...

日本の再生医療って・・・凄い!

お天気も良くない休日、FM番組を聴きながらゆっくり過ごす朝。そのFM番組で、チョット驚く様なコトを聞いた。それは・・・「マウスレベルで、幹細胞移植による毛髪再生」というモノ。番組では、この研究をしている東京理科大学・辻孝教授に直接電話インタビューを紹介。インタビュー内容は掲載できませんが、東京理科大学が発表したプレスリリースを読んでください。東京理科大学・成体毛包由来細胞による毛髪再生を実証」当然...

Menu

プロフィール

のんチャン

Author:のんチャン
某水色サッカーチームサポで、元重度鉄欠乏性貧血患者
2010年3月乳がんの手術。現在普通に生活。
乳がん「備忘録」兼サッカーやお料理などを気ままに不定期更新。
本業は、密かに「地域密着系スポーツ・マーケティングプランナー」を目指す、売れないマーケティングプランナー
母屋ブログはこちら↓
http://blog.goo.ne.jp/happy-kernel-0297

乳がんと闘うみなさまへ
「患者力を高める5のポイント」
1.不安や疑問があった時は、再予約をしても聞くようにする
2.大切な面談(検査結果を聞くような時)は、家族や友人と一緒に聞く
  もし、一人で行く場合は、レコーダーなどに録音をする
3.聞きたいコトは、5つ程度のポイントにまとめ、メモにし診察時に見せるようにする
4.自分の希望や考えを伝える
5.医師の目を見て話す
  もし、目を背けるような担当医であれば、「○○先生」と呼びかてでも自分に向かせる
 
以前出席させていただいた「J&J・乳がんメディア&ブロガーセミナー」で、医療ジャーナリストさんがお話されたコトです。
是非、参考にしてください。
そして「がんサバイバー」を目指しましょう。

乳がんについて詳しく知りたい方へ
日本乳癌学会のサイト内に、一般向けサイトがあります。
リンクを貼りましたので、そちらからアクセスをして下さい。
乳がん?と思ったら、必ず専門医に相談をして下さいね。
そのための参考サイトです。

「質の高い乳がん検診」を受けるため、NPO法人日本乳がん検診精度管理機構認定の施設、マンモグラフィ読影医師、そしてマンモグラフィ放射線技師のいるリストを参考にしてください。
「施設・読影医師・放射線技師」の3条件が揃うことが、重要です。
それぞれのリストをリンクしました。ぜひ参考にしてください。


国立がんセンター精神腫瘍学グループでは、患者さん向け「質問促進パンフレット」等を用意しています。
下記リンクよりアクセスをお願いします。
PDFファイルですが、是非、重要な面談の時の質問などにご活用ください。

名古屋のがん拠点病院で「傾聴会」を開催している、NPO法人ミーネット。
乳がんに限らず、がんについて不安なことがあれば気軽にご相談下さい。
また、市民向け公開講座なども開催しています。
下のリンクよりスケジュール等、ご確認下さい。

乳がんと子宮体がん経験者の桃杏さんが、乳がん患者さん向けの傾聴会を東京で始められました。
Pink&Paechさんのリンク内のブログから、お問い合わせ下さい。

ブログ内検索

最近の記事

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

カレンダー

04 | 2012/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。