さらな日記 

某水色サッカーチームを偏愛する、元気過ぎる乳がん患者。乳がんサバイバーを目指す、乳がん「備忘録」兼徒然日記 「さらな」とは、サンスクリット語の「安らぎ・癒し」と言う意味

スポンサーサイト

女性ホルモンとメディア

ほぼ日課の「書店チェック」。本が好きなのと、仕事上新しい情報を仕入れるためには、欠かせません。で、最近気になるコトがある。と言っても、大体この時期になると出てくるコトなんだけど・・・。それは、女性週刊誌や月刊雑誌に特集される「女性ホルモン」について。「女性ホルモン」って、女性の一生の間で作られる量ってどのくらいかご存知です?ティースプーン1杯分なんですって。その「ティースプーン1杯分」の女性ホルモ...

悲しいな・・・

久々の、サッカーのエントリなのに「御免なさい」って、悲しいな・・・。昨日の「静岡ダービー」の試合で、うちのバカなサポがとんでもないダンマクを揚げたらしい。「サッカーJ1清水の監督誹謗中傷 磐田の吉野社長が陳謝」(紹介記事は、中日新聞)。うちのサポは、リーグの中でも大人しいとか優しいという評価がされていた、と思う。「中越大地震」が起きたときは、試合が発生の翌日だったこともアリ、いち早くスタジアムで募...

弘法さんの縁日

チームが、圧勝した試合をしていた頃、私は週末恒例の「お散歩」へ(選手のみんな、ゴメンよ)。お出掛け先は、1ヶ月ほど前に行ったお寺。毎月21日は、弘法さんの縁日のある日。午前中、用事を済ませ午後からGO!私が到着した頃は、参道の出店のいくつかは、既に店じまいの準備を始めていて・・・でも↓の賑わい篠島から新鮮なしらす(上乾もの)などを販売しているお店や、岡崎の八丁味噌を売っているお店があったり、昔懐か...

やっぱり検診が大切

水曜日の「アピタル乳がん夜間学校」は、「検診の重要性」という内容だった。乳がん患者としては、充分承知の助!実際、私も「乳がん検診」で超早期の乳がんが見つかったわけだし、その後友人の知り合いの方が乳がんになられたと言うお話を聞いても、「やっぱり検診は重要」だと、ひしひしと感じる。今週、俳優の児玉清さんが「胃がん」で亡くなれた。数年前にお嬢さんを同じ「胃がん」で亡くされていて、そのときの辛い思いを綴っ...

「死に生きる」

タイトルが、チョッとセンセーショナルな感じですが、私が乳がんになって思っていることです。「死に生きる」と言っても、「死ぬ」コトを願っているわけではありません。むしろ「いつか迎える死を考えながら日々を過ごす」という発想。以前、キューブラー・ロスの「死ぬ瞬間」の「5のステップ」を紹介しましたが、キューブラー・ロスは「死」だけを見ていたわけではありません。脳梗塞で、左半身不随となり人の手を借りる車椅子生...

今日のお散歩

4月から始めた、週末散歩。実家に帰っていたときも、実家周辺を30分程度歩いていた今頃だと、昼間30分程度歩くとうっすら汗をかく。そして、今日もお散歩してきました。ウォーキングではなくお散歩と言うのが、ポイント。「自宅から歩いて行ける場所」と言うコトになるので、行き先も大体3、4箇所になってしまっているのが、チョッと残念なところ。考えてみれば、自宅から歩いていける大きな公園や緑地(公園)が3箇所ある...

一緒に参加しませんか?がんセミナー(名古屋及び名古屋周辺在住の方限定)

先月お伺いした「すい臓がんサバイバー」の方の講演会。そのとき、講演会を主催した「ピアサポーターの会」に私も入会した。「がん」という病気は治療期間が長く、それ以上に完治と呼べるまで10年とか20年という時間が必要。その間「孤独なランナー」のように、一人で闘うというのはとても辛いし厳しい。そこで一緒に闘う仲間として「がん友」という存在は、とても重要なのだ。ところが私には、「がん友」と呼べる方がいない。...

やや遅いGW?

実は、先週末から昨日まで実家(鳥取県・米子市)に帰っていた。「鳥取県米子市」と言われても、「どこ?」という方が多いと思う。え~とですね・・・昨年話題になった連続ドラマ「ゲゲゲの女房」の舞台となった境港市と安来市の間にある、市です。何故、帰省していたのか?と言えば、GW前に独居老人状態の父から「体調が悪い」と電話があり、その様子伺い。私としては大学病院で検査をしてもらいたかったので、GW明けに帰省す...

希望の数字と悲観的の数字

リンクをさせていただいているableさんが、「数字の正体」というエントリをされていた。確かに乳がんやがんに限らず、病気には様々な数字がついて回る。実際、私の場合「超・超早期乳がん」だったことから、5年後の生存率はほぼ100%。それでも、局部再発の可能性は数%ある。では、その「局部再発後の生存率は?」となると、よくわからない(次回の検診の時に確認しよう)。そして、患者さんやその家族が知りたいのは「私の場...

Menu

プロフィール

のんチャン

Author:のんチャン
某水色サッカーチームサポで、元重度鉄欠乏性貧血患者
2010年3月乳がんの手術。現在普通に生活。
乳がん「備忘録」兼サッカーやお料理などを気ままに不定期更新。
本業は、密かに「地域密着系スポーツ・マーケティングプランナー」を目指す、売れないマーケティングプランナー
母屋ブログはこちら↓
http://blog.goo.ne.jp/happy-kernel-0297

乳がんと闘うみなさまへ
「患者力を高める5のポイント」
1.不安や疑問があった時は、再予約をしても聞くようにする
2.大切な面談(検査結果を聞くような時)は、家族や友人と一緒に聞く
  もし、一人で行く場合は、レコーダーなどに録音をする
3.聞きたいコトは、5つ程度のポイントにまとめ、メモにし診察時に見せるようにする
4.自分の希望や考えを伝える
5.医師の目を見て話す
  もし、目を背けるような担当医であれば、「○○先生」と呼びかてでも自分に向かせる
 
以前出席させていただいた「J&J・乳がんメディア&ブロガーセミナー」で、医療ジャーナリストさんがお話されたコトです。
是非、参考にしてください。
そして「がんサバイバー」を目指しましょう。

乳がんについて詳しく知りたい方へ
日本乳癌学会のサイト内に、一般向けサイトがあります。
リンクを貼りましたので、そちらからアクセスをして下さい。
乳がん?と思ったら、必ず専門医に相談をして下さいね。
そのための参考サイトです。

「質の高い乳がん検診」を受けるため、NPO法人日本乳がん検診精度管理機構認定の施設、マンモグラフィ読影医師、そしてマンモグラフィ放射線技師のいるリストを参考にしてください。
「施設・読影医師・放射線技師」の3条件が揃うことが、重要です。
それぞれのリストをリンクしました。ぜひ参考にしてください。


国立がんセンター精神腫瘍学グループでは、患者さん向け「質問促進パンフレット」等を用意しています。
下記リンクよりアクセスをお願いします。
PDFファイルですが、是非、重要な面談の時の質問などにご活用ください。

名古屋のがん拠点病院で「傾聴会」を開催している、NPO法人ミーネット。
乳がんに限らず、がんについて不安なことがあれば気軽にご相談下さい。
また、市民向け公開講座なども開催しています。
下のリンクよりスケジュール等、ご確認下さい。

乳がんと子宮体がん経験者の桃杏さんが、乳がん患者さん向けの傾聴会を東京で始められました。
Pink&Paechさんのリンク内のブログから、お問い合わせ下さい。

ブログ内検索

最近の記事

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

カレンダー

04 | 2011/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。