さらな日記 

某水色サッカーチームを偏愛する、元気過ぎる乳がん患者。乳がんサバイバーを目指す、乳がん「備忘録」兼徒然日記 「さらな」とは、サンスクリット語の「安らぎ・癒し」と言う意味

Archive [2011年01月 ] 記事一覧

ピアサポーターと言う「がん支援」

先日テレビを何気なく見ていたら「ピア・カウンセリング」という、カウンセリングを知った。ある病気を患った患者さんや患者家族たちが聞き手となって、同じ病気で悩みを持つ人たちの悩みを聞き、悩みを共有しながら、心のケアをする、と言うカウンセリング方法だ。そして木曜日、経過検診に行ったとき病院で「ピアサポーターのお知らせ」というチラシが、置いてあった。私を含め、がんという病気を経験した多くの人や患者家族には...

経過検診-4-

昨日は、経過検診の4回目。基本は3ヶ月に1回というスケジュールなんですが、病院が混み過ぎていてやや不定期な進行。今回はマンモグラフィーとエコーの検査があるため、病院の受付開始時間前には病院に到着。マンモグラフィーはともかく、エコー検査に時間がかかるため1日の検査人数が決まっている。もちろん、先回の検査の時に予約を入れてはいるのだが・・・・どのくらいで、エコーが受診できるのか・・・再診受付を済ませ、...

キャンプを前に不安

昨年に11月末には、「今年は、みんな契約更新になったんだ・・・」と、少し安心をしていた。それが・・・昨年暮から先週にかけ「え゛、移籍?」という事態に陥っている。移籍理由が明らかではない部分もあるけど「うちのフロント、シッカリしてよ・・・」という部分もするし、「スタメンが取れないから、レギラー定着が出来ないから・・・と言う理由で移籍って、どうよ!」トコロもある。特に、福岡に行った10番クン。「ジュビ...

情報を得る難しさ

リンクをさせていただいている、ableさんが「マンモってどうよ」と言うタイトルで、エントリをされている。「マンモグラフィー」について言われている様々な、不利益や情報についての内容。実際、ある雑誌などでは「マンモグラフィーは、不利益ばかりで受診する意味がない」とまで言い切る内容もある。現在発売されている「文芸春秋」にも、「抗がん剤の効果についての疑問」の記事が掲載されている。それには、先週発売された週刊...

学校のカリキュラムとして・・・

先日、夕方のニュースを見ていたら「漂流少女(1ヶ月以上自宅に帰らず、繁華街で1日中過ごし、友人や男友達などの家で寝泊りしている少女たち)」という特集をしていた。私が高校生だった頃にも、そんな「少女」がいたのかも知れないけど・・・と言っても、当時はまだまだコンビニは一般的なモノではなく、ファストフード店も24時間営業ではなかったので、多分そんな少女たちは圧倒的に少なく、「不良少女」と呼ばれていたと思...

名医の条件

ほぼ毎日のように、書店に寄る。雑誌の最新号のチェックだけではなく、新書の新刊のチェックなどをするため。本当は、思う存分買いたい本や雑誌が購入できれば良いのですが・・・現実にはと言うコトで、立読みが多いそれで、今日チェックしたのは「家庭画報」。特集で、ダライラマ14世のインタビューと熟年世代のダイエットがあったから。で、一通り読んで巻末近くのページを見て、チョッとビックリ!愛知県がんセンターの乳腺外...

養子ではダメなの?

今日、衆議院議員の野田聖子さんが男子を出産した。とてもおめでたいことだと思う。思うけど・・・素直に喜べない。と言うのも、彼女の年齢が50歳というコト。もう一つは、実子にこだわりすぎたその姿。まず、年齢的なコトから・・・。彼女と私は同い年。私の場合、結婚そのものが無かったから出産も無かったから偉そうなことは言えないけど、でも・・・50歳という年齢での出産と言うのは、無謀な気がする。何より、子どもが成...

お正月早々、朗報

お正月早々、とても凄い!ニュースがあった。讀賣新聞に掲載されていた乳房再生、本人の幹細胞で治験へ…九大などと言う記事。これって、本当に凄い!!!ニュースだと思いませんか?「乳がん」で乳房を失った女性にとって、その喪失感は言いがたいモノがあると思う。「乳房温存」で、見た目さほど左右のオッパイの大きさが変わらないと言われている私でも、自分としては「やっぱり・・・左右の大きさは違うな・・・」とか「手術で...

どんな1年になるのかな?

明けまして、おめでとうございます。実は、昨日のニュースで心配なことが・・・既に、ご存知のニュースだと思いますが、「奥大山スキー場」で雪崩が起き安全確認パトロール中の方4名が亡くなりました。この「奥大山スキー場」と実家が、ごく近い場所。といっても、クルマで30~40分程度の距離はあるんですが。テレビのニュース映像を見て、「え"~」と叫びそうに。独居老人状態の父のコトが心配になった時、父から電話どうや...

Menu

プロフィール

のんチャン

Author:のんチャン
某水色サッカーチームサポで、元重度鉄欠乏性貧血患者
2010年3月乳がんの手術。現在普通に生活。
乳がん「備忘録」兼サッカーやお料理などを気ままに不定期更新。
本業は、密かに「地域密着系スポーツ・マーケティングプランナー」を目指す、売れないマーケティングプランナー
母屋ブログはこちら↓
http://blog.goo.ne.jp/happy-kernel-0297

乳がんと闘うみなさまへ
「患者力を高める5のポイント」
1.不安や疑問があった時は、再予約をしても聞くようにする
2.大切な面談(検査結果を聞くような時)は、家族や友人と一緒に聞く
  もし、一人で行く場合は、レコーダーなどに録音をする
3.聞きたいコトは、5つ程度のポイントにまとめ、メモにし診察時に見せるようにする
4.自分の希望や考えを伝える
5.医師の目を見て話す
  もし、目を背けるような担当医であれば、「○○先生」と呼びかてでも自分に向かせる
 
以前出席させていただいた「J&J・乳がんメディア&ブロガーセミナー」で、医療ジャーナリストさんがお話されたコトです。
是非、参考にしてください。
そして「がんサバイバー」を目指しましょう。

乳がんについて詳しく知りたい方へ
日本乳癌学会のサイト内に、一般向けサイトがあります。
リンクを貼りましたので、そちらからアクセスをして下さい。
乳がん?と思ったら、必ず専門医に相談をして下さいね。
そのための参考サイトです。

「質の高い乳がん検診」を受けるため、NPO法人日本乳がん検診精度管理機構認定の施設、マンモグラフィ読影医師、そしてマンモグラフィ放射線技師のいるリストを参考にしてください。
「施設・読影医師・放射線技師」の3条件が揃うことが、重要です。
それぞれのリストをリンクしました。ぜひ参考にしてください。


国立がんセンター精神腫瘍学グループでは、患者さん向け「質問促進パンフレット」等を用意しています。
下記リンクよりアクセスをお願いします。
PDFファイルですが、是非、重要な面談の時の質問などにご活用ください。

名古屋のがん拠点病院で「傾聴会」を開催している、NPO法人ミーネット。
乳がんに限らず、がんについて不安なことがあれば気軽にご相談下さい。
また、市民向け公開講座なども開催しています。
下のリンクよりスケジュール等、ご確認下さい。

乳がんと子宮体がん経験者の桃杏さんが、乳がん患者さん向けの傾聴会を東京で始められました。
Pink&Paechさんのリンク内のブログから、お問い合わせ下さい。

ブログ内検索

最近の記事

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

カレンダー

12 | 2011/01 | 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム