さらな日記 

某水色サッカーチームを偏愛する、元気過ぎる乳がん患者。乳がんサバイバーを目指す、乳がん「備忘録」兼徒然日記 「さらな」とは、サンスクリット語の「安らぎ・癒し」と言う意味

Archive [2010年04月 ] 記事一覧

野菜とツナのあんかけ豆腐

4月下旬だというのに、肌寒くって・・・何か暖かいモノを!と思って、先日、テレビ番組で紹介されていた、「ツナ豆腐」を参考に、「野菜とツナのあんかけ豆腐」を作った。それに、お豆腐は大豆製品なのでイソフラボンも摂取できるし、材料も家の冷蔵庫にある野菜で十分OK。何よりも「スピードメニュー」写真を撮ろうと思ったのですが、見た目がとても地味なので止めました。材料(1人分)お豆腐・・・・・・・1/4丁にんじん...

未来に出すパス

母屋ブログでも、同じタイトルでエントリしたのだけど、コチラでは純粋にサッカーのコトで・・・。この言葉は、ベンゲルさんが赤鯱監督時代に選手に言った言葉だそうです。言っていた本人が、元赤鯱選手兼通訳とも言われた某氏ですから、本当のことでしょう。で、我チームです。実際の試合を見ていないので、なんともいえないのですがここ数年やたらと目立つのが「横パス」とか「バックパス」。冒険をしてでも、次節に繋がるような...

乳がん経験者だからできること・・・を考える

時々思うコトがある。それは、乳がん患者さんたちは、何故、外へ自分の経験を情報発信していかないのか?というコト。私の場合は、超が付くほどの早期だったから、こんなに楽天的に考えられるのかも知れない。でも、「二次検査を受けましょう」と言われたときには、ショックだった。その後の検査も不安を抱えながら、検査に臨んだ。最終的告知の時も、それなりに不安が無かったわけではない。手術が決まった時も、ずっと一人で説明...

ラジオ体操

乳がん手術の後には、リハビリが必要となる。リハビリの目的は、「リンパ浮腫」を防ぐためだ。私の場合、リンパ節の切除をしていないので「リンパ浮腫」の可能性は低いのだが、それでも術後の腕の動作の違和感があり、入院中に貰った「リハビリ動作」の紙を見ながら、時々やっているその中に・・・「ラジオ体操」も効果的、とあったので最近はラジオ体操をしている。と言っても、小学校の夏休み以来なので「ラジオ体操もどき」「こ...

術後1ヶ月

手術をしてから1ヶ月たった。当日の夜は、体中が筋肉痛で眠れなかった。術後初めて見た自分の胸に、ショックを受け「これが、私の・・・」と思い、した。それから1ヶ月・・・早かったような気がする。青くうっ血し、薬のために色が変わっていた胸は、ほぼ以前と同じ色になった。強張り感はあるものの、圧迫感や重圧感のようなものはほぼ無くなった。石灰化があった部分は、「凹んだままだよ」と主治医の先生に言われていたのだが...

和風カニ玉

最初にお断り。写真掲載がありませんというのも・・・写真を撮る前に食べてしまったからです。入院中、イロイロな病院食を頂いた実は、マヨネーズとかフレンチドレッシングなどが苦手な私そのため、普段サラダなどは余り頂かない。にも関わらず、入院中はシッカリ!頂きました。退院後、その時のメニューを参考にしながら、食事を作っているそれで・・・唯一完食できなかった、術後翌日の昼食のメニュー「お豆腐の卵とじ、和風あん...

婦人科検診の結果

先週、乳がんの病理検査結果を聞いた帰りに寄った、婦人科での検査結果を聞きに行ってきた。血液検査の結果は・・・。「自然閉経に向かっていますね」とのこと。私が通っている婦人科の先生(女医さん)は、検査結果の紙を必ず見せながら話をしてくれる。そのため、数値から今の自分の状況を把握しやすい。今日も、検査結果の紙を見せながら「数値が、だいぶ下がっています。婦人科で閉経と考える数値に近づいていることなどを考える...

入院費用

一応、入院費のまとめだけをしておきたい。私の場合、手術後の放射線治療やホルモン治療などが無く、今後は経過検診のみとなったため、この手術で乳がん治療が一旦終了というコトになる。入院期間(3月9日~3月18日・10日間)入院料                            240 点 医学管理費                         630 点 画像診断料(レントゲン2回)           ...

Menu

プロフィール

Author:のんチャン
某水色サッカーチームサポで、元重度鉄欠乏性貧血患者
2010年3月乳がんの手術。現在普通に生活。
乳がん「備忘録」兼サッカーやお料理などを気ままに不定期更新。
本業は、密かに「地域密着系スポーツ・マーケティングプランナー」を目指す、売れないマーケティングプランナー
母屋ブログはこちら↓
http://blog.goo.ne.jp/happy-kernel-0297

乳がんと闘うみなさまへ
「患者力を高める5のポイント」
1.不安や疑問があった時は、再予約をしても聞くようにする
2.大切な面談(検査結果を聞くような時)は、家族や友人と一緒に聞く
  もし、一人で行く場合は、レコーダーなどに録音をする
3.聞きたいコトは、5つ程度のポイントにまとめ、メモにし診察時に見せるようにする
4.自分の希望や考えを伝える
5.医師の目を見て話す
  もし、目を背けるような担当医であれば、「○○先生」と呼びかてでも自分に向かせる
 
以前出席させていただいた「J&J・乳がんメディア&ブロガーセミナー」で、医療ジャーナリストさんがお話されたコトです。
是非、参考にしてください。
そして「がんサバイバー」を目指しましょう。

乳がんについて詳しく知りたい方へ
日本乳癌学会のサイト内に、一般向けサイトがあります。
リンクを貼りましたので、そちらからアクセスをして下さい。
乳がん?と思ったら、必ず専門医に相談をして下さいね。
そのための参考サイトです。

「質の高い乳がん検診」を受けるため、NPO法人日本乳がん検診精度管理機構認定の施設、マンモグラフィ読影医師、そしてマンモグラフィ放射線技師のいるリストを参考にしてください。
「施設・読影医師・放射線技師」の3条件が揃うことが、重要です。
それぞれのリストをリンクしました。ぜひ参考にしてください。


国立がんセンター精神腫瘍学グループでは、患者さん向け「質問促進パンフレット」等を用意しています。
下記リンクよりアクセスをお願いします。
PDFファイルですが、是非、重要な面談の時の質問などにご活用ください。

名古屋のがん拠点病院で「傾聴会」を開催している、NPO法人ミーネット。
乳がんに限らず、がんについて不安なことがあれば気軽にご相談下さい。
また、市民向け公開講座なども開催しています。
下のリンクよりスケジュール等、ご確認下さい。

乳がんと子宮体がん経験者の桃杏さんが、乳がん患者さん向けの傾聴会を東京で始められました。
Pink&Paechさんのリンク内のブログから、お問い合わせ下さい。

ブログ内検索

最近の記事

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

カレンダー

03 | 2010/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム