さらな日記 

某水色サッカーチームを偏愛する、元気過ぎる乳がん患者。乳がんサバイバーを目指す、乳がん「備忘録」兼徒然日記 「さらな」とは、サンスクリット語の「安らぎ・癒し」と言う意味

Archive [2008年07月 ] 記事一覧

スポンサーサイト

子供をしかるのも大変だな~

昨日、2002年W杯日韓大会の時一緒にボランティアをしていた友人たちと、同窓会をしてきた。毎年この時期にやっているのだが、1年ぶりに会う友人たちと、まったりと川風を受けながらリラックスした時間を過ごしてきた。W杯があったのが6年前。ボランティア研修そのものはその1年前から始まっているので、7年の付き合いになる。7年も経つと、当然のことながらみんな7年分の年を取っている。生活も変わっている。独身者が結婚をして...

シンちゃん、顔晴れ!

サッカー日本代表のキャンプ候補メンバーが発表された。ウチのチームからは、4人。戦績から考えれば、よくこれだけの人数が選ばれた!と思う人数だ。その中で嬉しかったのは、シンちゃんコト 「村井慎二」選手が選ばれたこと。ドイツ大会直前の、候補合宿で大怪我をして以来、ズッとリハビリを我慢してきたんだモノ。本当に良かった!!と思う。でもこれが代表でのスタート。運動量も多いし、サイドからの的確なクロスは魅力的だ...

オバサンは、二人だけでも「姦しい」

常々思っていることのひとつに「オバサンは、どうして姦しいのだろうか?」がある。最近も、チョッとしたことを一人のオバサンに聞いただけで、2、3人集まってきて大事になりそうになった。それだけではない。尋ねている内容から尾ひれが付き、訳がわからなくなりそうになりなる。挙句の果てに「あなたが、シッカリしなきゃダメなのよ」的という、ダメだしまで・・・。私なども世間的には「オバサン」と呼ばれる年齢なのだが、あ...

人は「脳」に支配される?

昨夜、Yahooのトピックスに赤ちゃんの笑顔は、麻薬と同じという内容の時事通信社のニュースが取り上げられていた。初産後のお母さんにとって、赤ちゃんの笑顔で反応するのは麻薬で快感を感じる「脳」の場所と同じ、と言うコトらしいのだ。この「脳」反応を活用して、「幼児・児童虐待」や「ネグレクト」傾向にあるお母さんへの治療に活用しようというコトらしい。以前から指摘されていた、「子供の頃に虐待やネグレクト(=育...

常勝チームの定義って何?

昨夜の試合は、何とか2-1で勝利。まぁ、攻撃陣が何とかそろい始めたことが、良かったのかと・・・。赤い3つのひし形チームが負け「首位陥落」という文字が、スポーツ新聞のWEBサイトのサッカー欄のトップにきているけど、ここ何年かは「常勝チーム」ということばに似合うだけのチームはないな~。今回JFAの会長になったI氏は、「社長時代の実績を買われて」というコト。その内容は、「常勝チームを作り上げたこと」と「...

嫌な予感

今日のスポーツ紙に掲載されている、次期、日本サッカー協会会長。この人事、嫌な予感がするんだよね~。というのも、現在のJリーグ会長は次期サッカー協会会長と言われる人物の子飼いというか、部下に当たる人物。すなわち、赤い3つのひし形車出身の人物なんだよね~。今の赤い3つにひし形車チームって、どこか勘違いしているような気がする時がある。特に、昨年アジアNo.1クラブになってから、その勘違い度が増したみたい...

鉄分強化メニューの夕飯

今月のボディリセット期間(=生理)が終わり、3日が過ぎ、本当ならもうチョッと元気なはずなんだけど・・・、イマイチな体調。というコトで、今日の夕飯は「鉄分強化メニュー」(実は、生理が終わって3ヶ日くらいから鉄剤を飲むのが、効果的だと、血液内科の先生からの指導があった)。(写真が小さくて、申し訳ない)ご飯は、ひじきご飯おかずは、卵焼きとトマトおかずの貧相なのは、冷蔵庫の中が貧相だったから(爆)。でも、卵もト...

昔は良かった・・・(遠い目)偏愛水色チーム

今日、自分の仕事のプロフィールを作る為に、県立図書館に行ってきた。というのも、数年前のある時期(といっても4ヶ月ほど)、某地方新聞の夕刊に企画記事を連載していたことがあり、その自分の書いた記事をコピーするために、出かけたのだった。企画連載記事といっても、週2回の400字程度の軽い内容のもの。それに、マーケターとしての仕事というより、ピンチヒッターのライター仕事だったこともあり、自分の仕事としては「恥...

それでも、止められぬ・・・パッチリメイク

新聞チェック!をしていたら・・・毎日新聞に、チョッと衝撃的記事が!「パッチリ目メイクでドライアイ」という、内容。実は、殆どというかまったく化粧をしていません、私。元々、化粧下手で会社員時代でも、スッピン通勤が普通でした。40代に突入してからは、日焼け止めクリームで顔が真っ赤になったのをきっかけに、日焼け止めクリームも極力使わない(というか、怖くて使えない)状態になってしまいました。それなので、「パッ...

子宮頸がんに予防ワクチン

新聞チェックをしていたら、毎日新聞のWEBサイトにオトコとオンナの事情・フランス編:第57回 親子で性を語るときという記事があった。私には、「性を語る子供」がいるわけではないが、記事を読んでいてビックリしたのが「子宮頸がん」に予防ワクチンがあるということだった。日本では認可されていないようだが、欧米では既に認可され、広く使われているようだ。で、婦人科に定期的に通っている(子宮筋腫の検査のため)のに、...

Menu

プロフィール

Author:のんチャン
某水色サッカーチームサポで、元重度鉄欠乏性貧血患者
2010年3月乳がんの手術。現在普通に生活。
乳がん「備忘録」兼サッカーやお料理などを気ままに不定期更新。
本業は、密かに「地域密着系スポーツ・マーケティングプランナー」を目指す、売れないマーケティングプランナー
母屋ブログはこちら↓
http://blog.goo.ne.jp/happy-kernel-0297

乳がんと闘うみなさまへ
「患者力を高める5のポイント」
1.不安や疑問があった時は、再予約をしても聞くようにする
2.大切な面談(検査結果を聞くような時)は、家族や友人と一緒に聞く
  もし、一人で行く場合は、レコーダーなどに録音をする
3.聞きたいコトは、5つ程度のポイントにまとめ、メモにし診察時に見せるようにする
4.自分の希望や考えを伝える
5.医師の目を見て話す
  もし、目を背けるような担当医であれば、「○○先生」と呼びかてでも自分に向かせる
 
以前出席させていただいた「J&J・乳がんメディア&ブロガーセミナー」で、医療ジャーナリストさんがお話されたコトです。
是非、参考にしてください。
そして「がんサバイバー」を目指しましょう。

乳がんについて詳しく知りたい方へ
日本乳癌学会のサイト内に、一般向けサイトがあります。
リンクを貼りましたので、そちらからアクセスをして下さい。
乳がん?と思ったら、必ず専門医に相談をして下さいね。
そのための参考サイトです。

「質の高い乳がん検診」を受けるため、NPO法人日本乳がん検診精度管理機構認定の施設、マンモグラフィ読影医師、そしてマンモグラフィ放射線技師のいるリストを参考にしてください。
「施設・読影医師・放射線技師」の3条件が揃うことが、重要です。
それぞれのリストをリンクしました。ぜひ参考にしてください。


国立がんセンター精神腫瘍学グループでは、患者さん向け「質問促進パンフレット」等を用意しています。
下記リンクよりアクセスをお願いします。
PDFファイルですが、是非、重要な面談の時の質問などにご活用ください。

名古屋のがん拠点病院で「傾聴会」を開催している、NPO法人ミーネット。
乳がんに限らず、がんについて不安なことがあれば気軽にご相談下さい。
また、市民向け公開講座なども開催しています。
下のリンクよりスケジュール等、ご確認下さい。

乳がんと子宮体がん経験者の桃杏さんが、乳がん患者さん向けの傾聴会を東京で始められました。
Pink&Paechさんのリンク内のブログから、お問い合わせ下さい。

ブログ内検索

最近の記事

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

カレンダー

06 | 2008/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。